フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

-天気予報コム-

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

サツマイモ

2010年10月26日 (火)

サツマイモ大収穫!

Img_6148
屋上サツマイモ栽培大成功!
Img_6134
昨年収穫をした自家採種種芋から育てた紅ハヤト
育てていくうちに袋が膨らんでいくのが印象的でした。
Img_6135
袋を外し土をそっとよけていくと…薄笑。
Img_6137
ちいさな袋栽培でこれだけの成り!
サツマイモ袋栽培 やめられませんね…笑
Img_6139
天日で2、3日乾燥させて2週間熟成させると
いちだんと糖度が乗るのだとか…。
後日 お芋の切り口の色合いと焼き芋 披露します。
Img_6141
ポリポットで育てた安納芋!
袋でも大型バケツでも空いている土にツルを挿しておいた。
Img_6143
ポットで育てた安納芋は
親のずんぐりした形と違って細長系〜
Img_6144
売っているお芋を種芋として育ててもこの収穫!
Img_6133
サツマイモ栽培は大きなプランターで育てるよりも
ちいさな袋やポリポットの極限状態で育てた方が
よりお芋の収穫量が多いように思う。
大きいプランターだと葉の勢いは盛大なのですが…。
Img_6145
春にツルを採取した種芋も観賞用として育ててきました。
Img_6146
種芋も直根に子芋をつけておりました…笑
収穫したお芋の中から小振りで良形のものを種として残し
来年のサツマイモ栽培に繋ぎたいと思います…笑。

2010年10月 7日 (木)

蜜芋 バケツ栽培!

Img_5564
新聞の広告に種子島の安納芋の予約開始のお知らせを見た。
大型ポリバケツで真夏にカボチャを栽培したのち
土をリセットせずにそのまま安納芋のツルを挿しておいた。
カボチャは肥料喰いなので それなりに堆肥を施していたし
カボチャが結実する頃には追肥も…。
芋のツル苗を挿してからは草木灰を施肥したのみだが
Img_5565_2
安納芋 このジャングル状態!
残肥が効いてるなぁ〜。
もしかして…ツルぼけかもっ?
葉の勢いが良すぎると 意外と小さいんだよなぁ〜芋。

2010年9月27日 (月)

サツマイモ 来てますっ!

Img_5346
昨日 サツマイモの袋栽培に水を与えていると…
なにか赤い固まりがっ? ん〜来てます!
Img_5345
なんとなく袋が膨らんできたような気がする。
露地の畑ではツルのいたるところから根が出て
芋になる部分が分散され放っておくと
小さい芋ばかりになってしまう
そこで ツル返しなる作業をする訳だが…
屋上のコンクリートの上で袋栽培するサツマイモは
ツルが根付くことは皆無なので元根にエネルギーが集中し
ちいさな袋栽培のわりには
姿形がかっこいい芋ができるのですよ!
Img_5110
情報を記事にするのが遅かったが
京都大学農学博士 西村和雄先生の著書によると
サツマイモはお盆を過ぎる頃から肥大が始まるそうな
この頃に芋のデンプンを合成させるため
天然のカリウム肥料 草木灰を与えると美味しい芋に!
サツマイモ 来てますっ!
まだネズミも気がついていない模様…笑!

2010年8月26日 (木)

屋上さつまいも栽培!

Img_4642
南国生まれのサツマイモ
この酷暑を見方につけて その勢力を拡大します。
カボチャを植えてあった大型ポリバケツ
カボチャの果実の大きさが決まった時点で
安納芋のツルを挿しておいた…
カボチャの収穫を終え根元にハサミを入れ枯死すると
今度は急速に安納芋が成長していきます。
Img_4643
土嚢袋を利用したさつまいも袋栽培も順調!
このさつまいもはオレンジ色が鮮やかな紅ハヤト。
隙あらば 屋上のあちらこちらに10袋
1袋4〜5本とすると…薄笑!
秋の焼き芋パーティー 楽しみですよね〜!
Img_4648
種芋もまだ元気にしております。
こちらは紅ハヤト。
Img_4651
安納芋の種芋もまだこの姿!
観葉植物としてベランダで楽しんでおります…笑。

2010年6月11日 (金)

安納芋 定植!

Img_0592
安納芋のツルを土嚢袋に定植します。
Img_0587
南国の種子島生まれの故
東京のベランダでは やや気温が低いのかっ?
種芋からのツルの伸びが イマイチ鈍いです…。
Img_0588
なんとか 2本 ツル苗として確保します。
安納芋は袋栽培で2袋の栽培ですなぁ〜
Img_0586
一方 昨年 我が家の屋上の袋で育った経験をもつ種芋
たぶん…紅ハヤトは その成育環境に順応しているのか
草勢旺盛な成長ぶり まだまだ 何本もツル苗が採れそうです。
ジャガイモを収穫して土があいたらサツマイモ増やそうかなぁ
芋同士は連作障害ありませんよね〜笑。

2010年5月17日 (月)

サツマイモ 定植!

Img_9549
昨年 収穫をしたサツマイモから
種芋を残して育ててきたサツマイモ。
Img_9550
苗とりをして 挿し木で定植です。
Img_9552
フシを見てみると直根になる部分が
スタンバイしているのが伺える。
Img_9554
今回は土嚢袋を利用してサツマイモ栽培します。
Img_9553
芋を取り寄せて後から芽出しをした安納芋は…
ツルを取るにはもうちょっと成長しないといけません。
サツマイモの定植は6月でも大丈夫!
慌てないで気長にいきましょ…笑。


2010年4月22日 (木)

サツマイモ 温浴効果!

Img_7994
温浴芽出しを施した安納芋 葉の展開をはじめます。
Img_7989
温浴をしていない 箱の中でふつうに貯蔵している芋。
Img_7992
その差は歴然!
温浴芽出し法の その効果が伺いしれる。

発芽したサツマイモは苗を取るまで
観葉植物として楽しむこともできる…笑!

サツマイモの苗づくり 確立したり!

2010年4月12日 (月)

安納芋 発芽!

Img_7694

種子島の限定許諾品種 安納芋 発芽しました。
種子島の農家だけが栽培を許されたパテント品種

種芋1コで… 個人で…屋上袋栽培で…
門外不出の苗にしますのでお許しを…

Img_7664
晴れた日にはガラスの蓋をすこしずらして
土の温度が上がるように管理していた。

発芽作戦大成功!

2010年4月10日 (土)

さつまいも摘芯!

Img_7152
昨年 ベニアズマだと思って育てていた芋は
実の鮮やかなオレンジ色からして
調べてみると紅ハヤトだったかもしれない?

まだ苗の植え込みまでひと月あるのに成長が早いです。
Img_7153
一度、頂芽を摘芯して成長を止めます。
わき芽の成長を促して それを苗に使おうと思います。


2010年4月 2日 (金)

温浴さつま芋 発芽!

Img_7076
発芽を促すために温浴をさせたサツマイモ
予告どおりに4月になったら発芽をしました。
Img_7072
やはり サツマイモを発芽させるには
新聞紙に包んで保温箱で管理するのがいちばん早い!
Img_7068
プランターの土に植えて南の窓際で育てている
種芋の様子を伺ってみると…
3月は寒かったからなぁ〜
発芽はまだですが水分があるので発根のほうが先のようです。
気温の上昇とともに苗の植えつける頃には
ちょうどいいようです…はい!
Img_7077
一方 収穫した時から あなたは種芋よ!って
言い聞かせて育てたサツマイモは もうこんな感じ。
プランターが小さいので肥切れを起こしたよう
下の葉から枯れてきてしまっている。
でも…まだ 苗に切って植えつけるには早すぎですよね…困。