フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

-天気予報コム-

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月30日 (木)

ベビーリーフ播種!

Img_5365
ベランダのフレッシュベジサラダバーガーデンには
発芽時期が揃う7種の野菜のタネを蒔きます。
赤リーフレタス・グリーンリーフレタス・エンダイブ
赤チコリ・青チコリ・サラダ菜・クレソン
Img_5359
一種類づつ タネを揃えたらたいへんな出費だよね〜
トキタ種苗から7種のタネのサラダセットがでている。
フランス語でムスクラン イタリア語でミスティ・カンツァ
日本語では菜っ葉7種混合かっ?…笑!
ただこのタネ 固定種や在来種に興味を持つ前に購入したタネ
3年前くらいから冷蔵庫に眠っていたタネ
ちゃんと発芽できるか心配です。
Img_5361
市販のタネをそのまま育てるのは
ちょっとオリジナルティに欠けるので
この7種にわたしの自家採種サンチュを混ぜて
混合8種のヘビーリーフを楽しみたいと思います。


2010年9月29日 (水)

ダイコン間引き!

Img_5362
最近、朝の活動時間が短くなり作業をすると
ブログをupする時間が無くなりまーす。
本日、朝の作業はダイコンの間引き!
昨日の豪雨でかなり土が跳ね返っている。
Img_5364
本当は5本→3本→2本→1本と順次間引くのが定説ですが
成長が良いので一気に1本残しの横着作業!
間引いたあとにぐらつかないように土寄せをしておきます。
Img_5363
ダイコンは1本になると驚異的な成長をみせます。
Img_5367
間引き菜は久しぶりのフレッシュ野菜!
Img_5369
夜にブログをupするとお料理も載せられます…笑!
ダイコン菜のおろぬきサラダ…旨っ

2010年9月28日 (火)

雲仙こぶ高菜 準備!

Img_5360
今朝の東京は大雨洪水注意報発令!
本降りの雨なので種蒔きができず。
朝の作業は幻の野菜 雲仙こぶ高菜の種蒔き準備。
Img_5352
春に花を咲かせ自家採種したタネ!
Img_5353
さぁ がんばれよっ!って声をかけながら
莢からタネを外します。
Img_5355
幻の野菜 雲仙こぶ高菜
一昨日、セットした育苗トレーでベビーリーフ仕様と
10号のポリポットで大株仕様の2本だてで育てます!

2010年9月27日 (月)

Fresh Vege Salad Bar Garden!

Img_5349
昨日の作業で…。
ベランダに育苗トレーに土を入れ
ヘビーリーフや葉もの野菜を中心にした
フレッシュ・ベジタブル・サラダバー・ガーデンを準備!
寒い季節に向かうので虫の被害もなく
生野菜を思う存分楽しめるのだっ!!
さて、なんのタネを蒔こうかなぁ〜笑。


サツマイモ 来てますっ!

Img_5346
昨日 サツマイモの袋栽培に水を与えていると…
なにか赤い固まりがっ? ん〜来てます!
Img_5345
なんとなく袋が膨らんできたような気がする。
露地の畑ではツルのいたるところから根が出て
芋になる部分が分散され放っておくと
小さい芋ばかりになってしまう
そこで ツル返しなる作業をする訳だが…
屋上のコンクリートの上で袋栽培するサツマイモは
ツルが根付くことは皆無なので元根にエネルギーが集中し
ちいさな袋栽培のわりには
姿形がかっこいい芋ができるのですよ!
Img_5110
情報を記事にするのが遅かったが
京都大学農学博士 西村和雄先生の著書によると
サツマイモはお盆を過ぎる頃から肥大が始まるそうな
この頃に芋のデンプンを合成させるため
天然のカリウム肥料 草木灰を与えると美味しい芋に!
サツマイモ 来てますっ!
まだネズミも気がついていない模様…笑!

2010年9月25日 (土)

とうもろこし採種!

Img_5186
台風が接近中! 雨と風が強くなってきた。
今朝はベランダや屋上に上がれないので室内ネタで…笑

この夏 育てたトウモロコシ 無施肥の自然農栽培の
ハニーバンタムの固定種のタネだった。
一昨年まで育てていたF1みわくのコーンは
背丈も低く プランター栽培に合致し
ビシッと果実が揃ったのですが…
広大な大地で育った野生児のようなトウモロコシを
60cmの狭いプランターに押し込んだのだから
上手くいくはずがない…笑
Img_5190
それでも22本中半分くらいは何とか食べれる収穫だったが
そこで いちばん良さげな果実をタネ採り用に残し
我が家の屋上プランター菜園用に調教改良していきます。
雨の降らない猛暑の中で実を熟成させていたので
ほぼ乾燥していたが さらに約ひと月 室内で乾燥。
Img_5193
来季の我が菜園のトウモロコシ栽培を担う タネ採種!

先月のNHKの糸井重里さんの『月刊やさい通信』で
スウィートコーンを特集していたけど…
種苗会社のA社とB社による熾烈な甘さ対決による
品種改良が盛んでハニーバンタムはもう昔の品種で
世の中にはほとんど存在していないらしいのですよ!

そんな意味合いでも この採種したタネたち
我が家の屋上で毎年受け継いでいって
プランター栽培に特化した
希少な幻のハニーバンタムになったら嬉しいなぁー!!

『月刊やさい通信』9月号は明朝放送だねっ!
あの番組 特集する野菜への突っ込みが深くてタメになる。
さて、明日のやさいは何だろう〜! 楽しみ〜笑。


2010年9月24日 (金)

なす復活の兆し?

Img_5316
記録的連続猛暑に葉が焼けてしまったナスたち
すこし気温が落ち着いたのと
昨日のおびただしい雨量で
またフレッシュな葉を展開させます。
Img_5318
花もちらほら着けているし…
復活できるかなぁ〜?
Img_5322
イタリアンナスもまた花をつけはじめた!
我が屋上ナス栽培 まだ終わっておりません…笑


アズキ開花!

Img_5305
アズキの花は淡いクリーム色!
Img_5289
プランター小豆栽培 花がつきはじめました。
Img_5321
気温が冷涼になったこの時期に花が咲けば
うまく結実するかもっ…笑

2010年9月23日 (木)

黒田にんじん発芽!

Img_5298 自家採種した黒田ニンジンのタネ 発芽率良好!
Img_5302
このイガイガのとげがついているタネのほうが
土に引っかかり雨や水やりに流されず
しかも保水力があって発芽が良いんじゃないかぁー。
Img_5309
セリ科であるがゆえニンジンは湿地好み
そして 好光性種子のニンジンは光がないと発芽できない。
タネを土に埋めないで(表土に圧着!)
湿っていて光がないとと言う相反する条件を整えてあげると
元気よく パッと発芽する!
ここがニンジンの発芽が難しいとされる所以である。
自家採種Hanna黒田 元気よく発芽! 良いタネです!!

2010年9月22日 (水)

花豆 落ちる!

Img_5265
花豆 調子良く花が咲き乱れているのですが…
Img_5268
花が実にならず みんな落ちてしまいます。
冷涼な気候の高原で育つ花豆
東京のベランダでは栽培不可?
本日の予想気温34℃ですって…苦笑!
Img_5242
白花豆の花も咲いているんだけどなぁー。


2010年9月21日 (火)

本日の収穫!

Img_5256
キュウリが3本 半白とまた違った食感でパリッと!
山科茄子がひとつ
ミョウガがいっぱい!


秋キュウリ収穫!

Img_5240
気温も平常に戻り やっと秋キュウリ実がつきます。
Img_5239
Img_5262
暑かったときには花が落ちてしまったのですが
大丈夫! また元気に花をつけはじめました。
しばらく秋キュウリ 奥武蔵地這胡瓜 楽しめそう!!

ミョウガ量産へ!

Img_5257
プックプックのミョウガ量産体制へ…笑
Img_5258
久しぶりにミョウガの林をかき分けると
太ったミョウガがいっぱい!
Img_5263
なんとか 記録的猛暑を乗り切ったね〜
葉の先が焼けて損傷を受けているが
香りの良いやわらかいミョウガ楽しめそうです!


2010年9月20日 (月)

黒豆畑!

Img_5248
タネ袋に夏の暑い時期に花が咲くと
落ちてしまうという注意書き
9月の最初に花が咲くように遅まきした黒豆だが
この夏の記録的な猛暑でちょうど花が咲いた頃が
35℃超の連続猛暑!
同じ日にタネを蒔いた だだちゃ豆は上手くいったが
黒豆はほとんど実がつかなかった。
Img_5251
でもやっと平年並みの気温に戻ってから咲いた花は
実になってきたよーっ!
Img_5250
黒豆の畑には守護神カマキリが睨みをきかせていて
黒豆の実につくカメムシなどの害虫を駆除してくれている。
この太り具合をみると 相当な仕事をしておりますな…笑

ダイコン発芽!

Img_5247
ダイコンたち つぎつぎと発芽します!
自家採種したタネは発芽するまで心配なんだよね…笑
いいよ〜いいよ〜 しっかりとした発芽です…嬉!
Img_5254
硬い殻を突き破って発芽してくる試練を与えたタネは
一歩遅れて 殻を割って持ち上げながら発芽!


2010年9月19日 (日)

森の贈り物!

Img_4818
某国営放送の野菜の番組を見ていると
夏野菜の片付けと冬野菜への移行時に
土を耕し石灰を撒き黒いマルチフィルムを張り
土壌温度を上げて土中の微生物を殺菌すると放映していた。
そういえば 宮崎の口蹄疫で畜舎に石灰を撒き
菌を殺菌していた光景も放送されていたっけ。
Img_4583
わたしの栽培理論はそれとは逆に
ちいさなプランター内に森の微生物たちの多様性を
どんだけ取り込めるかっが肝の活きた土の栽培法。
年に1〜2度 森の微生物たちを我が菜園に誘致します。
Img_4813
トマトが終わり冬野菜用にリセットすると
春にプランターの培養土と混ぜ合わせた
森の土の中に天然の山芋
ジネンジョのムカゴが混ざっていたりする。Img_4816
葉の形が違うので
わたしが育てているヤマイモとは容易に区別がつく
Img_4886
目に見えない微生物たちはもちろんのこと
こんな天然の山芋がひょっこり顔を出す
生命の玉手箱のような森の土
我が菜園のPOWERであります…笑。


2010年9月18日 (土)

茄子のたね採り!

Img_5177
だんだん日の出が遅くなり早朝の菜園活動が短く
秋の夜長 その分 夜の活動時間が長くなります。
京都伝統野菜の山科茄子と
イタリア・トスカーナ地方の伝統品種
MELANZANA PROSPEROSAが仲良く並んで
我が菜園で熟成を終え たね採りです!
株がいちばん勢いがあるときに
いちばん良い果実を選びたね採り用に残しました。
実をつけて2ヶ月以上経つのにこの姿!
ある本によると
化学肥料で育てたナスだとドロドロに腐るそうだが…
落ち葉腐葉土や米ぬかを主体にした
植物性由来の自家肥料で(ペットのウズラ3羽の鶏糞は含むが)
育てたわたしの茄子は原型を保っているよ〜。
Img_5194
山科をパカッと裂いてみると…
腐っているどころか
爽やかな青リンゴのような香りがする!
そして、次世代を担う この整然と並ぶタネたちを見よ!
これで幻の京野菜 山科茄子も自分の野菜に…笑
Img_5196
そして、今季、食してみて その旨さに感動した
イタリアンナス MELANZANA PROSPEROSA!
ナスを栽培している農家の方は
このナスを手がければ付加価値倍増しますぞ!
イタ飯屋さん御用達 間違いなしだっ!
そのぐらい美味しいナスでした
実が大きい分タネの量も豊作で
我が菜園で生命力溢れる子孫を残してくれた!
Img_5204
実をほぐしながら水のなかにタネを沈めると
未成熟のタネは浮くので
何度か濯いで沈むタネだけをのこします。
Img_5220
あとは天日干し!
Img_5222
よく乾燥させたら乾燥剤を入れたタッパで冷蔵庫で保管。
前は丹誠込めて育てた夏野菜を秋野菜に切り替えるときに
まだ生きている野菜たちを
潰して片付けるのが忍びなかったんだけど
タネを残してあげることで
じゃあ また来年!って感じで罪意識がなくなった!
野菜たちも受け継がれることで たぶん喜んでいて
つぎの年は 更なるパフォーマンスを展開してくれると思う!
伝統品種なら たね採りができるので皆様もぜひ!…笑

2010年9月17日 (金)

シシトウ復活へ!

Img_5219
今朝は雨上がりの気持ちいい朝です!
秋野菜の土のリセットや種蒔きで忙しくって
収穫をするのを放っておいた伏見甘長と紫とうがらし
気温の低下と存分な雨で葉がいきいきとしてきた!
Img_5216
強い日射しを浴びていた実は
ちょっと硬くって美味しくないので
いったん全て外してしまいます。
Img_5215
追肥をかけて もう一回 !
柔らかで風味が豊かな伏見甘長と紫とうがらしを目指します。


2010年9月16日 (木)

黒田5寸ニンジン播種!

Img_4383
久しぶりに 朝から本降りの雨の東京
からだが高温仕様になっているので寒いですよ〜
今朝は雨の中 玄関先でニンジンの種蒔きです。
Img_4384
昨年、母本を選び春に花を咲かせて
自家採種した冬越え黒田人参!
Img_4381
すべてのエネルギーを子孫に注ぎ込んだ親の姿がコレだっ!
Img_5205
ニンジンのタネは採種してから
しばらく休眠する性質があるのだとか…
その休眠を打ち破るために蒔く分だけ
一週間くらい冷蔵庫で保存する。
Img_5207
ニンジンのタネを蒔くにはちょっと時期が遅いかっ?
雨の予報は判っていたので昨晩に玄関先に
プランターを移動し濡れずに種蒔き!
乾いたタネに生命スイッチONにするには良い雨だねぇ〜笑


2010年9月15日 (水)

エシャロット秋蒔き!

Img_5166
春蒔きで苗をつくり 移植をしたら
成長がイマイチだったエシャロット。
Img_5170
今度は学習をして…
はじめから株間をあけて
あまり間引きをしないようにタネを蒔いてみる!
寒い冬に向かって成長するので
収穫は来年の5月ごろ 長い付き合いになりそう…笑


秋ジャガ 播種!

Img_5165
今朝は秋ジャガの種芋をセットします。
6月に芋掘りした春ジャガから
ちいさめの芋を種芋としてとっておきました。
Img_5163
空調の効いている部屋の本棚の上で
無事 腐らずに種芋保管成功!
Img_5168
Img_5167
いつものとおりに9号のポットへImg_5169
今朝はやっと秋の気配
小雨が降って寒いくらい。
今日からこの気温になってしまうと
種芋の植え付け ちょっと遅かったような気がする。

2010年9月14日 (火)

ダイコン 種蒔き!

Img_5149
今朝、だいこんのタネを蒔きました。
自家採種した源助大根と信州たたら辛味大根
Img_5145Img_5147
加賀伝統野菜の打木源助大根は2年目の自家採種!
Img_5152
一年目は野口種苗のタネと太田種苗のタネを掛け合わせ
タネの遺伝子に生命力の多様性を持たせ
昨年は我が菜園でいちばん良いものを選抜した逸品!
Img_5151
そして 莢のまま土に埋めると
硬い殻を突き破って発芽してくる
より生命力の強いダイコンが選抜されるのだっ!
Img_5144
屋上菜園 大だいこん畑!
今季も色とりどりのダイコンを育てます…笑。

2010年9月13日 (月)

秋畑 準備!

Img_5138
コメントをいただいている皆様
返信ができなくってゴメンナサイ!
ようやく夏畑から秋畑への移行が完了!
朝、出勤前と 帰宅後 照明をつけて…
振るった〜ぁ 土を…笑
Img_5140
昨年より2週間 作業が遅れている。
仕方ないよね〜暑かったんだもの。
プランターの数が数なだけに…
想像を絶するたいへんな作業なのですよ!
ほんとうは土が落ち着くまで2週間ぐらい待ちたいんだけど
もう 待ったなしだっ!
明日よりタネを蒔いていこうと思います。
屋上大ダイコン畑を展開したいと思います…笑!

2010年9月11日 (土)

ネズミ被害 ハンナの睨み!

Img_4030
この春先のソラマメの実入り頃から
その存在をあらわにしてきたネズミによる被害

この夏が過ぎて5シーズン目を終えた野菜栽培だが
ことごとく丹誠込めて作った野菜を狙われるのは
今シーズンがはじめて…。

思うに…昨年11月に13年半のあいだ連れ添ってきた
愛犬ハンナが永眠して我が家に
犬の気配がなくなってからの出来事だっ!

その昔、趣味はと聞かれると
愛犬と散歩することと答えていた。
自宅から半径3キロ圏をお散歩コースにして
歩きながら四季の移ろいを感じるのが好きだったが
ハンナが10さいを超える頃からだんだん歩く距離が減り
わたしの興味が野菜栽培への傾倒へとつながっていく。

Img_4570
犬連れって不思議なもので お散歩をしていると
人間同士の名前は知らなくっても…
「あっ ハンナちゃんのパパさん おはようございます!」なんて
自宅周辺の犬友達のあいだでは
ハンナパパさん〜なんて呼ばれたりするのですよ。

愛犬ハンナとは13年半
ほぼ24時間生活を伴にしておりました。
いっしょに会社に出勤し寝るときも足下で
旅行もハンナが泊まれないところは行かなーい!を決め込んで
他人に預けることも一度もありませんでした。
もちろん 菜園作業をするときもいつも傍らで…
写真は昨年の夏に森で土着菌を採取しているときのもの。Img_2379
我が家から彼女の匂いが消えて久しい
英国の猟犬の血筋をひく彼女の匂いが
悪戯をはたらくネズミたちに
睨みを効かせていたのは間違いない!
Ca3c01550001
愛犬ハンナを失った心の淋しさは 決して癒えてないのですが…

ここからはmixiでは子猫日記としてon timeで綴っている…笑

先日の6/15にちオリーブの記事を書いたとき
オリーブには自分の自家製肥料では即効きすぎると思い
緩効性の玉肥を買いにホームセンターへ出かけた帰り道
公園の測道を徐行中に小学生の自転車が
通路をふさいでいたので窓をあけて
自転車をどけてくれるように頼むと
その測道の植え込みから「ミャァ〜」という子猫の鳴き声
隣に乗っていた息子が車から降りて保護!

天気予報は翌日より梅雨入りを宣言していた。
息子がこのまま放置したら雨で死んじゃうよと言うことで
とりあえず連れ帰ることにした。
Img_1164
保護したときはだいぶ衰弱していたが
ネコ缶とミルクを与えるとガツガツ平らげ
すこし元気がでると野良の本性をみせ
「シャッー」と威嚇をします。
Img_1167
末娘が子猫の頭に模様が2コあるのでニコと命名!
栄養失調で毛の艶もわるく目ヤニもでていたので
獣医さんで健康診断と予防接種をしてもらい…

ハンナを知る人からは生まれ替わりかもよっ!って
Img_0967
我が家にやって来たときの体重は800g
ちいさいくせに野良としての野生の本性を発揮させ
机やソファーの下からなかなか出てこず
Img_1989
ボールで遊んであげて徐々に馴らして…笑
Img_2249
極めつけはpapaのおつまみ お刺身の誘惑でココロを開いた!
Img_4291
この夏 野良だったら その生存さえも危ぶまれる
練馬で39℃を記録した日 クーラーの効いた部屋でお昼ね!
Img_4360
さて、このニコたん わが菜園の救世主になりうるのか?
papaは菜園家としては存亡の危機だよ〜っ
Img_2001
2回目の予防接種も終わり
すでにベランダデビューも果たしているので
つぎは屋上に解き放ち
ネズミたちの前歯をガクガクさせてやります。
Img_4065
さてさて、このニコたん
『Hanna-papaの菜園日記』から『Nico-papaの菜園日記』へ
改名を考えさせる活躍をしてくれるのでしょうか?
彼の大いなる活躍に期待をしましょ…笑

2010年9月10日 (金)

ジャンボ落花生 強奪!

Img_5112
はじめて育てているラッカセイ
暑さにも負けず旺盛に繁茂!
横に広がる側枝からでるピーナッツの実がつく
ヤリにばかり気をとられていた。
葉が枯れ始めたら収穫適期とされているので
どのくらいヤリが土中に潜っているのか
葉をかき分けて覗いてみると…
Img_5116
おおぉーっ! ピーナッツがおるではないかっ!
でもなんで 土に潜っているはずのラッカセイが…?
そして ラッカセイのジャングルをさらにかけ分けてみると
Img_5122
ガビィーン〜 やっぱりやられている…泣!
ラッカセイ畑 上から見ていても判らなかったが
トマトもメロンもエダマメもなくなった今
まさか土中のラッカセイを掘り起こすとは…。
予想外だったよぉー…泣!!!
Img_5127
麻袋で作ったジャンボラッカセイ用のプランター
側面下方より穴をあけられバリバリ喰われている〜
皆様には毎度毎度
ネズミの被害報告日記になってしまい申し訳ないが…

菜園家として存亡の危機!
作業意欲がプツッと音をたてて断ち切られる思いであります。
Img_5125
かのよんさんからいただいた
ジャンボラッカセイ"おおまさり"
やっぱり デカイよぉー!

食べかすの絵ではなくって ちゃんと収穫の絵を撮れるか
人間の英知を駆使しネズミと徹底抗戦です!
もう頭にきたっ〜!!!!!


2010年9月 9日 (木)

焼け食用菊!

Img_5117
新潟と山形で生産が盛んな食用菊。
今朝は台風一過 本来の秋の気温に戻ったが
やはり ナス同様 連続猛暑の影響を受けております。
Img_5118
緑色だった葉が今週に入って色が枯れ色に…
Img_5119
11月に花を咲かせる食用菊
花びらを酢の物にすると食感よし 香りよしの
年に一度のお楽しみなのだが…。

2010年9月 8日 (水)

焼きナス!

Img_5068
本来なら秋なす全盛のこの時期
もう 暑すぎるよぉー!
剪定更新をして新しい葉を出させたのに
連日の35℃超の信じられない暑さに 葉が焼けた〜。
Img_5067Img_5071
先週までがんばっていたのに…
この3日で株が一気に衰弱
昨年は11月まで収穫がつづけられたのに〜
Img_5073
本日収穫した茄子
もう 今季は食べられないかも…。
今朝は台風の影響で日射しが遮られている
ナスやシシトウ 一息つけるかなぁ〜
30年に一度の異常気象
少なからずわたしの菜園も影響を受けております…。

2010年9月 7日 (火)

トウガン終了!

Img_5035
一昨日の作業で…
今季、はじめて栽培した"トウガン"
この記録的な暑さが味方をしてか収穫も記録的!
Img_4931
Img_4933
70cmのプランターに1株 それを2つ。
屋上の手すりに誘引して…上手くいった!
Img_4932
さすがにタキイのF1 姫とうがん
多収性と果実の揃いはF1ならではであります。

長崎雲仙のプロ農家 岩崎政利さんは著書で
このF1とうがんで自家採種ができると書いてある。
もちろん わたしも…笑!
Img_5029
見よ! これが驚愕のトウガンの収穫!
たった2株の展開で…凄っ!

これはもう食べきれないので出荷だなぁー…笑!

2010年9月 6日 (月)

地這いキュウリ1本目!

Img_5037
秋きゅうり 奥武蔵地這いキュウリ
1本目の収穫なのに…
もう、株 末期のカタチ。。。
暑すぎて昼間は葉がクタクタになっております。
水が上がらないんだなぁ〜。


タイガーメロン終了!

Img_5031
タイガーメロン 昨日撤収です。
Img_4934
高糖度で多収穫のおいしいメロンでした!
栽培もカンタン!
自分で食べた分より
カラスやネズミに奪われた方が多いかなぁー。
自家採種もしてあるので
来年はもっと環境に順応したメロンになるはず…笑

2010年9月 5日 (日)

だだちゃ豆 収穫!

Img_4964
本日は朝から秋畑に切り替え中!
お昼の休憩にだだちゃ豆を収穫
Img_4957
豆の太り具合を注視していたんですけど
日に日に豆の量が少なく…
Img_4955
スイカを撤収するのにスイカをゴロゴロさせる
スイカグラウンドの板をどけると
やはりネズミが運んでおりました…困!
Img_4960
だだちゃ豆 すべて収穫してしまいます。
Img_4968
採りたてをすぐに茹でていただきます。
Img_4970
もちろんお味は至極であります!
ちょっとお昼寝をして午後の菜園作業再開です…笑。

2010年9月 4日 (土)

本日の収穫!

Img_4944
イタリアンナスが豊作!
葉が茂りすぎて陰になり実の色が薄い。
それとも なにか微量元素が不足したのか?

オクラ 元気!

Img_4939
熱帯 東アフリカ生まれのオクラ
この信じられない暑さを楽しんでおります。
菜園を秋仕様に切れ替えなくてはならないのですが
楽しいはずの土いじりも…
暑さでその意識を断ち切られるような過酷な作業。
でも 明日までには なんとかやらねば〜
Img_4940
オクラを食べてがんばりまーす…笑。


2010年9月 3日 (金)

秋きゅうり!

Img_4910
秋きゅうり 奥武蔵地這位きゅうり 花が咲きます。
意外と夏の直射に弱いキュウリ
暑すぎると雌花が出ないと言われておりますが…
なんとか ちいさなキュウリが出現!
Img_4909
子ズルに実をつける地這いきゅうりなので
7節で本芯を摘芯 子ズル・孫ズルをネットに誘引!
節成り系の半白と比べると葉の勢いが強く
やっと実をつけたという感じ
枯れている半白の亡骸に巻き付いている。
2株の育成なので高収穫は望めないが…
またフレッシュなキュウリ食べたいなぁ〜笑。

2010年9月 2日 (木)

花豆 開花!

Img_4925
冷涼な気候の高原で育つ花豆
気温が暑すぎると花が落ちてしまうのだとか…
本日 さいたまよりの東京は気温37℃の予報。
Img_4920
半白キュウリが終わったあとに
そのまま不起耕で育てていますが いまのところ順調!
朱色のきれいな花です!

2010年9月 1日 (水)

ムカゴ収穫!

Img_4907
ヤマイモ栽培の楽しみのひとつ ムカゴの収穫!
今夜はムカゴご飯!
夏バテ気味の体に滋養強壮ですわ…笑。Img_4898
例年この時期 台風が一発来てしまうと
このムカゴたち みんな落ちてしまうのですが
この夏は無風灼熱。 ムカゴ高収穫です!
Img_4903
早朝の空は 月が浮かんでいたりして
確実に秋の気配なんだけど…本日も36℃の予報…泣!
山芋ムカゴご飯を食べて元気をだすぞーっ!

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »