フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

-天気予報コム-

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月30日 (金)

黒豆&枝豆 順調!

Img_3878
この2日 雨がふり 水やり作業から解放されます。
過酷な猛暑の中 黒豆&枝豆 元気です!
屋上の床はコンクリートなので地のままでは
照り返し温度がたぶん50〜60℃に達しますが
黒豆&枝豆の葉が熱光を遮り
自らギリギリ生存可能な温度に遮光しているのだと思います。
Img_3880
だだちゃ豆の中で唯一
赤花の庄内5号は花を咲かせはじめました。
エダマメは花が咲いたあと 
水が切れないようにするのが実入りをよくするコツ!
明日からまた35℃超えの予報!
暑さとの戦いが再開されます。

バターナッツかぼちゃ!

Img_3881
大型ポリバケツかぼちゃ栽培。
バターナッツかぼちゃが5果 ぶらさがります。
付け根のヘタがコルク状になったら収穫します。
Img_3883
バケツかぼちゃ栽培は花が咲き終わり実をつけると
急速に枝葉が枯れていきますので
かぼちゃの果実の大きさが決まった時点で
すかさず…安納芋のツルを挿し苗します。
狭い屋上菜園なのでプランター有効利用で…笑
サツマイモは肥料分がいらないので
晩秋にはポリバケツの中には蜜芋がたくさん…うっしし!

アロイ3段目!

Img_3877
アロイトマト第3花房収穫へ
プランター栽培なので上段にいくほど小粒に…
でも、ぎゅっと果汁の詰まった高糖度トマトです!
Img_3876
5段で芯を止めているのですが
最上段はろくなトマトではないので
4段目を収穫したら終わりかなぁ〜
今季、いろいろ大玉をつくってみましたが…
やっぱりアロイがいちばん かわいくって旨いスっ!

2010年7月29日 (木)

イタリアンな奴!

Img_2698
イタリアンのトマトとナスを育てておりまして
あまりにも美味ですので記事にしておきます。
Img_2646
イタリアのトスカーナの伝統品種 PROSPEROSA!
このナス 最高に美味しいですよ! おすすめです!!
厚切りにスライスして両面に小麦粉をふり
オリーブオイルとベーコンで焼くと表面がパリッと…
Img_2612
トマトソースはイタリアン・レッドピアで
ひき肉をたっぷり入れボロネーゼ風に!
Img_2691
ナスの焼き上がりにチーズをのせて
このソースをかけていただくと…うふっ!
Img_2697
ナイフを入れると表面はサクッ! 中はトロトロ!!
うおーっと声をあげてしまうほどのやわらかさなのです。
そして このナス…皮もお口の中でとろけてしまうのですよ!
特筆しておきます! ぜひ育てて食べていただきたい
イタリアンな奴らです…感動!!!


相模半白きゅうり終了!

Img_3872
今朝は空は雲におおわれ かるく雨がぱらつき 幾分楽です。
半白きゅうり もう少し頑張れるのだけれど…
つぎに花豆を育てたいので強制終了です。
Img_3875
キュウリは放っておくと黄色い瓜になるので"黄瓜"…笑
種採り用の実と最後の半白を収穫して また来年です。

2010年7月28日 (水)

トウガン順調!

Img_3805
暑さに強いトウガンは元気でーす!
カラスに適度に摘果され…笑
残った果実は鳥害防止糸で死守します。
Img_3736
手すりに張ったネットに絡みながら
魅力的なトウガンをぶらさげます…笑
Img_3804
2株の展開でただいま5玉育成中!

黒田五寸ニンジン採種!

Img_3865
タネを蒔いてから一年
冬越黒田五寸人参のタネを自家採種です。
Img_3869
もうしばらく天日で乾燥させ
手で揉みしだいて周りの毛を落とすと
タネが顔を出すのだとか…
Img_3867
母本3本の展開でこのタネの収穫量!
ニンジンのタネは休眠期があるのかなっ?
このまま 種まきをして冬ニンジンに間に合うのかっ?


2010年7月27日 (火)

本日の収穫!

Img_3836
プランター夏野菜畑 全開へ…笑。
連日の猛暑で
野菜のコンディションを維持するのがたいへんです…苦笑!


Italian Red Pear Tomato!

Img_3819
我が菜園で最後に色づいたトマトは…
イタリアン・レッド ビア!
洋梨型のソース用のトマト。
Img_3807
大玉トマトですが けっこうな多収穫!
すべていっしょに色づいてくれたので
トマトソースをつくるのにもってこいだっ!
Img_3808
ソース用のトマトだけあってとても果肉がジューシー!
Img_3825
イタリアン・トマトでソースを作って
イタリアン・ナスを料理してみたいと思います…笑。

2010年7月26日 (月)

汐止め晩生葱!

Img_3730
埼玉の伝統品種 汐止め晩生葱!
このネギは多年草なのかぁ?
驚異の生命力をみせつけます。
タネ採りを終え枯れたかに見えたが…
親株の根元から分けつを開始!
またまた収穫をはじめられます…嬉!

2010年7月25日 (日)

本日の収穫!

Img_3794
"Tomato All Stars"全開へ…
我が菜園 すべてのトマトが色づきます…圧巻!
Img_3790
ナスも大収穫がつづきます。
山科・真黒・長岡巾着
連日の猛暑で日中 渇水が起きているせいで艶が鈍い。
オクラ開始! ゴーヤも…感謝!
Img_3791


Red Zebra Tomato!

Img_3773
レッド・ゼブラトマト!
昨年あたりから雑誌などで見かけるようになった。
その名のとおりゼブラカラーの赤色版だっ!
Img_3782
発芽率が悪く辛うじて一株だけの育成となったが
なんとか その姿を拝むことができた。
Img_3764
もっと きれいなトマトだと思ったら…
あまり食欲をそそらない発色だなぁ〜
Img_3775
やや大粒の中玉くらい房採りもできる。
食べるのに勇気がいるなっ…笑。


オクラ収穫開始!

Img_3770
オクラの収穫がはじまります。
今季 自家採種5代目のわたしのオクラ!
もうほぼオリジナルのオクラになったかなぁ〜嬉
Img_3760
熱帯東アフリカ原産のオクラは連日の猛暑も大好き!
Img_3771
丸莢のオクラ…やわらかくて美味しいオクラ!!!


2010年7月24日 (土)

とうもろこし二陣出穂!

Img_3725
3週間のずらし蒔きをした第二陣のコーン出穂!
Img_3724
連日の記録的な猛暑で
朝夕の2回の水やりでも昼間は渇水しているなぁ〜
うまく実入りするかどうか…? 下葉が枯れてきている。

トマト・ショコラ採種!

Img_3752
ブラック系大玉 チョコレート色になることから
その名をトマト・ショコラ!
今季一緒に育てた同じブラック大玉系ブラックプリンスよりも
筋ばってなくジューシーなトマトなのでタネを残します。
Img_3753
子孫を残すということは…
いちばん美味しそうな実を食べずに我慢するということ!
樹上で完熟させ採種します。
Img_3756
袋にいれギュッーと潰すと 旨そうなトマトジュースに…笑
2日間発酵させ水洗い乾燥でタネを採種です!
Img_2522
ベランダ大玉トマト畑!
雨が降るときにはトマトポットを軒下に移動
晴れているときは太陽光を浴びるように
晴れの日シフトにポジションを移動します。


キュウリ そろそろ交代!

Img_3749
3株でたくさんの収穫をつづけてきた半白きゅうり
収穫果に株が疲れてきた兆候が…。
Img_3750
やや黄色い発色と頭でっかちの姿。
そろそろ相模半白きゅうり 終わりかなぁ〜。
Img_3747
替わって夏キュウリの奥武蔵地這きゅうりが順調に育成中!
こちらは節成りではないので7節で摘心
子ズルを2本ネットに誘引して育てます。
盛夏から初秋にかけてキュウリを楽しみます…笑。

2010年7月23日 (金)

本日の収穫!

Img_2565
伏見甘長&奈良紫とうがらしが絶好調です!
愛機EOS20Dを富士山を撮影に行く娘に貸したので
コンデジで…写りわるっ!


京都山科茄子!

Img_3732
京野菜 山科茄子!
皮が薄く輸送に耐えられなく
収穫するとすぐに変色をおこすため
ほとんど地産地消で外に出回ることのない幻の茄子!
その美味しさは女王加茂茄子を凌ぐといわれている。
我が菜園でもカラスやネズミにことごとく狙われ
その美味しさには認証をいただいた…笑
まだ少し小さいが やっと紹介できる写真が撮れた!
皮が薄いため風に吹かれてもすぐ傷がついてしまう。
食感は風味がよくとてもやわらかい茄子!
Img_3734
あっちこっち探したがタネでの入手は困難なので
今季は自分で自家採種してしまいます。
来年はカラスやネズッチの分まで量産したいと思います…笑。


2010年7月22日 (木)

ブルーベリー避難!

Img_2712_2
来年の活躍が期待されるブルーベリー2年生苗木
屋上で成育旺盛で展開しておりましたが…
北米生まれゆえ 連日の35℃超の気温には耐えられません。
Img_2731
来年 実をつけるであろう新梢の葉が枯れてきたよ〜
Img_2730
ミョウガが生息する建物の北側の壁沿いに9月まで退避します
ローブッシュB.Bはノーザン系なので
暑さと乾燥に特に弱いのです…。


ドライトマト!

Img_2719
驚異的な収穫をつづけるトマトたち
35℃超えの猛暑を逆手に天日干しでドライトマトを作ります。
Img_2717
輪切りにすると乾燥時にペーパーにくっついてしまうので
半円とくし切りでカットして塩をかるく振って乾燥!
色とりどりできれいだよね〜笑。

2010年7月21日 (水)

大敵アワノメイガ?

Img_2743
今朝、そろそろ収穫適期かなぁ〜と物色していたコーン。
果実のすぐ下の葉に…?
Img_2744
トウモロコシを栽培して3年目
コーンの大敵 アワノメイガが
いつ襲ってくるのか注意をしていた。
四方をマンション群に囲まれた
3Fの屋上部分の天空の畑
建物の下を歩く通行人でさえ
ここに畑が展開しているのを気がつかないほどだ。
この天空の畑から半径2キロ圏内に
トウモロコシ畑などないのだから
大敵アワノメイガは生息できないと思っていた…。
Img_2749
…でも コイツ アワノメイガじゃないよね〜なにやつ?
甘〜い美味しいところをお味見しております。
彼には無農薬のお墨付き認証をいただきます…笑。
Img_2751
こどもたちに虫を見せると大好きなコーン
食べなくなってしまうので虫食いの先端はカット。
ハニーバンタムの固定種 モチットコーン
いい出来でしょ!
とても甘く皮がうすくプッチッと歯ごたえのある
とても美味しいスウィートコーンです!!!


本日の収穫!

Img_2755
トマトの収穫が驚異的…笑!

残さマルチ!

Img_2738
梅雨が明け 連日の35度超えの猛暑日!
屋上・ベランダ プランター野菜栽培は
成育許容限界温度をはるかに超えます。
朝の水やりから帰宅後の水やりまで水分を保持できず。
Img_2739
昨年から成育の終わった野菜の残さを捨てずに
細かく切って袋で保存しておきました。
特に水切れに弱いナスやシシトウの表土に
蒸散防止用のマルチとして敷き詰めます。
Img_2742
気温30度なら野菜は成育旺盛だが…
連日35度では致命的なダメージは免れない…泣!
Img_2752
トウモロコシも皮を剥いだらマルチに!!

2010年7月20日 (火)

本日の収穫!

Img_2716
半白きゅうり まだまだ元気!
トウモロコシ 皮が剥けた奇形果をすべて収穫。


ボルロットインゲン!

Img_2722
ボルロットインゲンの莢がぶらさがります。
Img_2724
若莢をさやインゲンとしていただくこともできます。
完熟させてお豆として収穫することもむできます。
ちょっと 模様が変わったインゲンでしょ…笑。

半白きゅうり 頑張る!

Img_2517
梅雨が明け 空は早朝から夏空!
半白胡瓜 まだまだコンスタントに収穫をつづけます!
Img_2708
水の野菜 プランターきゅうり栽培は渇水が命取り
自らの枯れ葉を表土に敷き詰め蒸散を防ぎます。
7月いっぱい頑張れるといいなぁー笑。

2010年7月18日 (日)

本日の収穫!

Img_2673
夏野菜大収穫!
Img_2672
ベランダ・屋上菜園の恵みに感謝していただきます。
たべきれぬ…笑っ!

Solanum Lycopersicum Aroi Tomato!

Img_2299
飛騨高山の奥田晴男氏が1983年に一代交配桃太郎を
選抜淘汰し1990年代に固定化に成功した
大玉トマトの中で最も高糖度で美味とされるトマト!
その名を"アロイトマト"
Img_2495
昨年の春に無施肥栽培のパイオニア!
埼玉県富士見市の関野幸生氏の関野アロイを入手!
自家採種をしてプランターアロイを追求中!
この完熟アロイ 最高でしょ!
今夜 冷やしトマトで一杯やります…笑!
Img_2620
今季 ベランダの軒下と屋上の雨ざらしで
アロイトマトを育ててみましたが…
屋上でより多く太陽光を浴びたアロイの方が甘い!
雨に弱い大玉トマトと言われますが
アロイは大丈夫だなぁ〜
来季からはすべて屋上で作ろう〜。

本日のアロイトマトの収穫!
いちばん良い果実をタネ採りに残してあるので
プランター栽培に特化した
Solanum Lycopersicum Hanna-Aroi 目指します!
Img_2501
まだまだ 青い実もたくさん…
高糖度トマト アロイ
大玉トマトだけど意外に多収穫です…嬉!


スウィートコーン収穫開始!

Img_2538
とうもろこしの収穫をはじめます。
Img_2653
この夏のトウモロコシは自然農法育成のモチットコーン。
ハニーパンタムを固定化したものだが…
露地での無施肥栽培用のタネなので
やはりプランター栽培には向いていなかった。
Img_2537
特製ボカシ肥を2回ほど施肥したのですが
けっこう奇形果が出てしまっています。
一昨年・昨年と育てたF1みわくのコーンは完璧だったのに
Img_2655
F1はすべての果実が同時期に完熟したのに
モチットコーンの成長度合いはバラバラ
まぁ このほうが長く楽しめて良いのですがね〜
そして いちばん成育の早いものを収穫してみました。
Img_2661
ちょっと2〜3日早かったかなぁ〜
でも、この輝きと実入りです!
スゥイートコーンは収穫したら撮影してすぐ茹でるのが基本!
Img_2677
一粒一粒が歯にあたると
プッチッ・プッチッっと音を立てて甘さが広がります!
うぅ〜ん! 旨いよ!!
穫りたてを茹でたてで味わえるのは屋上菜園の特権ですよ〜
新鮮と書かれたどのお店のコーンよりも
概念を覆すコーンの食感は言うまでもありません…笑笑笑!!!

Thai Pink Egg Tomato!

Img_2485
私のおすすめトマト! タイ・ピンクエッグトマト!!
その名のとおり タイ王国のピンクの卵形トマト…笑
多雨多湿の原産トマトなので雨による裂果はなし!
温かい国 原産のトマトなので3月の種まきでは
ほかのトマトたちより寒さに弱く
低温障害を起こしていた。
Img_2556
ピンクエッグは4月からの種まきで良いのかもしれない。
暖かくなるにつれ元気を取り戻したくさんの果実をつけます。
背丈はあまり高くならずブッシュ系だなぁ〜
プランター栽培でも多収穫を味わえます。
果実はもちろん美味しくモチッとした食べ応えのある食感!
わたしの大好きなトマトです…笑!!!


Sprite Tomato!

Img_2529
Img_2531
これも昨年の自家採種! トマトスプライト!!
全国にその名を轟かせる アイコの形に似ている 祖先かっ?
一昨年に そのアイコを育ててみたが…
皮が硬くって食べられたものではなかった。
スーパーで売っているアイコも皮が硬いと思う。
形がアイコに似ているスプライト 皮は薄く気にならない。
相方mamaに言わせると我が菜園でいちばん好きな味と!!
Img_2558
酸味・甘み・旨味のバランスがとれてるお味!
収穫量もすごく多収量のトマト! おすすめ品種!!

真黒茄子!

Img_2472
昨年 自家採種をして2年目
タネから育て上げた埼玉草加地方の伝統種 真黒茄子!
千両2号などの片親の遺伝子!
今育てているイタリアナスや巾着茄子と違い
抜群の収穫量を誇ります!
プランター茄子栽培では一時でも水を切らすと
このナスの輝きは得られないのだ…笑
今朝、早朝から夏の日射しを浴びて
真黒茄子 黒光りを放ちます!!


Rose Quartz Maltiflora Tomato!

Img_2585
昨年も育てた自家採種のタネからの育成!
ローズクォーツトマト
とてもジューシーで甘みのあるトマトです。
Img_1193
その甘みゆえ…
ネズッチにもお墨付きをいただきます…笑
Img_2362
青いトマトから色が変わるところが見事!
ローズクォーツ この名の由来かっ!


2010年7月17日 (土)

菜園 ジャングルへ!

Img_2271
いよいよ梅雨明け間近!
屋上夏野菜菜園 そろそろピークを迎えます。
Img_2457
東の手すり沿いに展開するチェリートマト畑!
Img_2456
全20種のトマト百花繚乱!
Img_2292
南向きにナス畑!
Img_2460
トウモロコシ畑!
Img_2446
中央右にラッカセイ畑!
Img_2443
中央にエダマメ畑!
Img_2461
西側から望むと…
我が屋上菜園 ジャングルへ…笑

明日は怒濤の収穫ラッシュ!

2010年7月16日 (金)

Micro Tom Red Tomato!

Img_1110
世界でいちばん草丈が小さいトマト! マイクロ・トム!!
Img_1109
直径15cmのポットでもこの小ささ…驚!
Img_2260
両サイドの我が菜園のエース!
ワイルドチェリーやホワイトカラントと並べても遜色は無いが
お味は決してお勧めできません!
食べるトマトではないなぁ〜 鑑賞用です。
ペッと吐き出すようなお味のトマト…苦笑。
窓辺に飾るならかわいいトマトです!


2010年7月15日 (木)

新潟長岡巾着茄子!

Img_2301
わたしの父の出身地 越後長岡巾着茄子!
実のしっかり詰まった堅い茄子です。
もうすこし大きくソフトボール大にしても良かったかっ!
Img_2148
イタリアンナスとも違い
昨年育てた茄子の女王 加茂茄子にも似ているが
ずっしりと重い果肉の締まった茄子です。
蒸かしてスライスして辛しショウガ醤油でいただくと
美味だとのこと…試してみます!

サンベリー!

Img_2267
ケープ・グースベリーと共に今季 育てた サンベリー!
タネ袋にはブルーベリーを凌ぐ美味しさとあるが…
確かに甘みはあるのだが すこし渋いのと
タネが口の中に残り 顔が歪むなぁ〜。
あえて食用に作るのならブルーベリーを作った方が良い!
でも。見た目はかわいいよね!


本日の収穫!

Img_2311
本日の収穫!
詳しい記事は今夜!
朝、時間がない…汗!


2010年7月14日 (水)

お盆のお供え物!

Img_2257
本日 親戚で法要がありまして…
仏様の仏壇にお供えする野菜盛りを作成!
Img_2252
ナスとキュウリは幼果をセレクト!
お盆にホウズキは欠かせないアイテム!
あとは得意のトマトの響宴!
Img_2253
天国の仏様もぶっとび間違いなしです…南無!

2010年7月13日 (火)

本日の収穫!

Img_2233
Img_2224
朝の時間が 見回り・水やり・観察・撮影・収穫・ネタ探し
なかなか on timeでブログを
アップする時間が無くなってきました…忙!

トマトの大玉 ひとつカラスにやられたので
色づいたものを慌てて収穫します。

トウガラシ 調子が上がってきました。
さすが唐辛子 こちらは横取り被害なしです!

フルーツほうずきも多収穫!!


本日の襲撃!

Img_2209
夏野菜の完成とともに カラスの攻撃が執拗です。
今朝、屋上に上がると…ショックです!
山科茄子は ネズミとカラスにことごとくやられます…涙
完熟ブラプリ やられました。
ビニール袋に詰め発酵させてタネ採りに!
昨日の強風で倒れたトウモロコシはカラスの餌食に…悔

美味しい果菜類が目白押しの屋上菜園…
しょうがねぇなぁー…諦


とうがらし全開へ!

Img_2217
伏見甘長とうがらし・奈良紫とうがらし
収穫量が全開へ達します…笑
Img_2206
Img_2205
Img_2222
伏見2株・紫2株の展開で3日に一回 この収穫量!
Img_2239
香りよし! 風味よし!
すこし焦げ目をつけると香ばしくて最高!
Img_2237
茄子のような色の紫とうがらし
オリーブ油で炒めると緑色に!
伏見が鮮烈な緑なので引き立たないが
風味と食感は一昨年に育てた万願寺に近いかなぁ〜
ともに ビールのつまみには最高に美味しいですねぇ〜。


2010年7月12日 (月)

トウガンやられる!

Img_2194
風の音で目を覚まします。
今朝、東京は強風が吹いております。
被害がないか屋上に上がってみると…
Img_2195
トウガンが落ちております。
風の被害ではなく こんどはカラスの仕業!
Img_2196
1.5kgで収穫適期のトウガン
600gであえなく その成長を止められてしまいました。
Img_2197
ネズミの被害に気をとられていて
カラスの攻撃を甘くみていた…悔!
とうもろこしがふくらみ始めたので
カラスが活気づいてきたのですね…涙。


2010年7月11日 (日)

本日の収穫!

Img_2186
ゴーヤーが大収穫!
キュウリも昨日につづき…
トマト大玉ブラプリ
フルーツほうずき!
イタリアンナス!!
夕食が楽しみ…笑!


Black Prince Tomato!

Img_2188
Img_2190
ほんとうにブラックプリンスじゃないのかぁ〜?
でも 美味しそうでしょ!

MELANZANA PROSPEROSA!

Img_2159
イタリア・トスカーナ地方の伝統品種!
イタリアの丸ナス MELANZANA PROSPEROSA
Img_2143
この色と艶! そして大型!!
ソフトボールくらいあるよっ!
Img_2142
樹は日本のどのナスよりも生育旺盛です!
Img_2145
花が咲いてから収穫適期まで約ひと月
大きくなるまで少し時間がかかりますが
納得のいくすばらしいナスですなぁー喜!
つぎつぎにぶらさがります…ヤッホッ!
Img_2182
真黒茄子と比べてもこの迫力!!
厚切りにしてオリーブオイルでソテーしていただきます。
これは…極上のナスです!
美味しそう〜〜嬉!!!
Img_2192
追記で…食べてみました!
オリーブオイルで焼いてクレイジーソルトで味付け
チーズをのせて 外はパリッと焼いて中はトロトロ
はっきり申し上げまして…最高に旨いナスです!
いままで食べたきたナスではいちばん旨いかもっ ホント!


ゴーヤー全開へ!

Img_2153
アバシゴーヤーが全開モード突入へ
Img_2170
いっぺんに7本の収穫です
これは食べきれぬ…ご近所へですなぁ〜
Img_2172
今夜はゴーヤチャンプルにオリオンビール!

アピオス開花!

Img_2066
ネイティブ・アメリカンの栄養源!
アピオス花が咲きます。
地中の芋のような豆にエネルギーを集中させるため
花は摘むのだそうです。
Img_2069
Img_2070
摘んだ花はハーブティにすると美味だとか…
でも、わたしには…。
ゆっくりお茶を飲んでいる時間がないのです…忙!


Lycopersicum Melanocarpa Tomato!

Img_2165
昨年あたりからグリーンゼブラやレッドゼブラ
ブラックゼブラなどのストライプの入ったトマトを見かける。

そんなバイカラートマトの原種!
リコペルシコン・メラノカルパ。
Img_2152
ゴールドの炎のような模様が入る!
チェリートマトよりひと回り大きい中玉だねっ!
美しいトマトと見るか…
食べるには気色悪い色と見るか…
主観が分かれるところである…笑>


Cape Goosberry=Golden Berry

Img_2176Img_2179
Img_2177
食用ほうずき=フルーツほうずき
わたしの育てているほうずきは
ケープ・グーズベリーまたはゴールデンベリーと呼ばれている
はじめて試食するので恐る恐るいただいてみると…

美味し〜い!! さくらんぼの酸味を抜いた感じ!
なんとなくクリィミィーな感じの甘さ!
わざわざジャムになどする必要なしの旨さ!

タネがものすごく小さかったので発芽させるのが
難しかったですが 後の育て方はいたって簡単!

フルーツほうずき…おすすめです!!!


2010年7月10日 (土)

本日の収穫!

Img_2137
夏野菜 順調に収穫が上がっていきます。
Img_2130
四季成りイチゴの2回目のピークが来たようです。
また花が咲きだし甘い実をつけはじめました。
Img_2134
ブラック・パープルチェリーが旨いですね〜!
お気に入りのトマトになりました〜。
Img_2118
贈答用のトマト盛りを またひとつ作りました!
これっ 出荷したら すごいビジネスチャンスかもっ…笑!


トマトタネ採り開始!

Img_2056
トマトのタネ採りをはじめました。
株が いちばん元気なときに
これだっ! と決めた良形な実を樹上で完熟させ
採取したらビニール袋の中でつぶして
2日ほど放置して発酵させます。
発酵させることによりタネにまとわりついている
ゼリー状のヌメリが簡単に取れるのと
発酵によって発生する抗生物活性が耐病性をつけるとのこと。
Img_2119
あとはボールの水で注意深く洗って
キッチンペーパーで水気を拭い天日乾燥1時間!
室内で乾燥1週間 タッパで冷蔵庫に来春まで保存です…笑。

相模半白胡瓜 母本選抜!

Img_2127
自家採種2年目の相模半白胡瓜
一日おきに4株でこの収穫量!

本日、『食彩の王国』で幻の白きゅうりと紹介されていた
馬込半白胡瓜とは兄弟かなぁ〜

相模半白は馬込半白より苦みが出にくいとのこと…。
Img_2140
4株での展開とはいっても…
1株は種採り用に母本にすべてのエネルギーを注いでいるので
実質 3株での半白胡瓜を生産!
Img_2141
『食彩の王国』では 半白胡瓜の料理の仕方を
いろいろと教えてくれたのでやってみよう!!
半白胡瓜は幻のキュウリなんだねー感激!

来年に繋げるタネ採りも順調なので
わたしも ちぃっちゃな菜園ながら半白を伝えていこう!!

トマト試食!

Img_2081
大玉トマトの試食!
左からブラックプリンスだっ!と言われるトマト
真ん中はアロイトマト
右はショコラ・トマト
Img_2082
単体で食べれば すべて 美味しいトマト!
甘さでは アロイがずば抜けているし果汁が多くジューシー!
ショコラはトマトの香りがする酸味がいちばん強い!
一昔前のトマトって感じで桃太郎系のスーパーで売っている
トマトに馴れている人にはすっぱく感じるかも…でも旨い!
ブラプリモドキは肩にうねりが入るぶん ちょっとスジっぽい
味は先のふたつを食べてしまうと薄味で水っぽく感じた。
でも、食べ比べなければそれなりのトマトだと思う!
Img_2052
他の個体では左がショコラ右がブラプリ
外見は同じような色合いだが
皮を剥いた中身はこんなに違う!


2010年7月 9日 (金)

タイガーメロン プランター栽培!

Img_2074
マクワウリ プランター栽培。
果実が着果し その姿を現します…笑。
その縞模様から関西方面では絶大な人気だという
タイガーメロンだっ!
Img_2076
スイカが育つのだからタイガーも大丈夫だろうと
50センチのワイドプランターで展開!
草勢旺盛で4果ぐらい実がついてますが
摘果しなくていけるかな…?

冬瓜プランター栽培!

Img_2072
先日、受粉をさせたトウガン 来てます!!
Img_2071
受粉が成功すると成長は急速ですね〜。
目立つところに実をつけているので
カラスにやられなければよいのですが…
とげとげの毛が生えているから大丈夫かな…?

アバシゴーヤー収穫開始!

Img_2079
ゴーヤーの収穫がはじまります!
Img_2078
ゴーヤチャンプルがしばらく続くなぁー嬉!


2010年7月 8日 (木)

本日の収穫!

Img_2045
本日の収穫でーす!!
全体盛り!!
Img_2008
トマト盛り!
Img_2014
キュウリ盛り!!
Img_2010
トマト大玉盛り!!!

我が夏野菜畑 佳境へ…笑笑笑!!!


トマト・ショコラ!

Img_2005
フランスCATROS社のトマト・ショコラ!
いつもコメントをいただく
Ritsukoさんからタネをいただきました。

ちょっとブラックプリンスモドキに似ておりますが
肩にうねりがなく その名のとおりチョコレート色の
深い色合いがすばらしいですよ!

久しぶりに太陽が顔をだした東京の早朝
キラキラした光の中で最高の写真が撮れました…嬉!
Img_2054
連日のゲリラ豪雨で水の管理が制御できず
せっかくトマトも実割れが…
高級感漂うトマトですよね〜〜
試食は明日…笑!

奥武蔵地這胡瓜スタンバイ!

Img_1997
節成り系の立ちキュウリ 相模半白胡瓜は春キュウリと呼ばれ
せいぜい頑張っても7月いっぱいの寿命!
そこで この時期に夏キュウリの地這いキュウリを準備!
Img_1365
地這いといっても…
本芯を早めに摘心して
子ズル2〜3本をネットに誘引して育てます。
Img_1999
枝成りキュウリ 夏以降にたくさん実をつけるのだとか…
うまくバトンタッチして
初秋までキュウリを楽しめると良いのですが〜笑。


2010年7月 7日 (水)

Black Prince Tomato…?

Img_1927
トマトジュースボトル1本で¥15000-
トマト1個で¥2000-の値がつく超高級トマト
シベリア生まれのブラックプリンストマト
でも…これって…違うトマトだよね〜〜?
Bl_black_prince5
ブラックプリンスって 中玉のすもも型でしょ
ブリティッシュシードから4苗購入して
4苗とも このかたちの超大玉トマト…?
Img_1963
TVで放映された興味深いトマトだったので
高い送料を支払って期待して苗を購入したのに…
Img_1972
ブリティシュのHPには…
もし違う品種だったとしてもすぐにクレームの電話をせずに
それは世界が待ち望んだ新種かもしれない…
などと書かれている。ウソだろっー?

ブリティッシュの自家採種で交雑を起こしているのか?
それとも ナーセリーでタネを取り違えて播種したのか?

がっかりだよぉーっ!!!!!!

なんと言う名のトマトなんだっ…?
たぶんブラックなんとかっ?って言う
大玉トマトなんだろーなぁ…怒
Black Hannaという名にしちゃうぞ…笑

明日、収穫して食べてみます。

2010年7月 6日 (火)

アロイトマト完熟へ!

Img_1946
昨年 採種したタネから育成のHannaアロイ…笑!
Img_1934
昨年 ゲリラ植えした無施肥栽培のタネのアロイは屋上で
Img_1926
無施肥栽培したアロイは野性的に育ちます。
雨よけなんぞ なんのその〜 これだけの実をつけます。
Img_1944_2
昨年 ベランダで育てたアロイは またベランダで
Img_1942
こちらは軒下で雨をよけての栽培!
わたしのHannaアロイ 2系統を育成中!
Img_1960
今季のアロイトマトには
アジのあら・カニ・エビ・ミカンの乾皮をボカシて
施してあるせいか…とっても甘〜いです!!! マジで!!!
Img_1957
ミニトマトでは容易に沈むが…
桃太郎系大玉トマトで水に沈むトマトを作るのは至難でっせ
Hannaアロイ 空洞なしの果汁の詰まった実を証明します。
持つとずっしりと重いです!
Img_1962
今年の我がアロイ
ワイルドチェリーに匹敵する甘さを獲得!!!


2010年7月 5日 (月)

贈答用トマトの盛り合わせ!

Img_1481
こども3人 お世話になった幼稚園より
夏祭り 夜のつどいにご招待をいただきましたので
園長先生にご贈答用トマトの盛り合わせを作ってみました。
100均で竹ザルを手に入れて…いい感じでしょ!!


本日の収穫!

Img_1924
半白きゅうり 順調です!
F3トマト 各色一個づつ
シシトウが調子を上げてきました。
フルーツほうずき収穫開始…笑。


ベビーコーン収穫開始!

Img_1916
早くも二番果が出穂します。
Img_1904
このとうもろこし 二番目の雌穂が早いです。
露地栽培では2本育成可能品種なのか…?
下から出た二番を摘果して本命コーンに
エネルギー充填です!
Img_1915
絹糸一本一本はコーン一粒一粒に繋がるめしべなので
この糸に花粉をまんべんなく受粉させてあげると
先端まで実の詰まったコーンができあがります。

フルーツほうずき出来!

Img_1917
紙風船に包まれたようなフルーツほうずき完熟!
Img_1905
枝にはたくさんの紙風船が…
Img_1920
ジャムにすると良いらしい…


2010年7月 4日 (日)

本日の収穫!

Img_1879
本日の収穫はトマトに
ブラックベリーとストロベリーが…嬉!


ブラックベリー収穫!

Img_1407
ブラックベリー初収穫でーす!
Img_1405
これだけ大粒だと食べごたえがありまーす!
Img_1391
来年はジャムが作れるくらい豊作になりますなぁ〜笑。


Hanna-papa F3 Tomato!

Img_1237
トマトジュースで有名な某F1トマトから
自家採種を重ね3年目
特徴のあるトマトから採種をつづけてきたら
どうやら 3系統に落ち着きを見せ始めている。
Img_1219
鮮やかなオレンジでプラム型
大きさはミニサイズ!
味はもちろん甘くって美味しい!
Img_1238
F2の時に3系統の形質をあらわしたトマト
このトマトは中玉くらいの大きさで
ホワイトイエローまたはクリームイエローのきれいなトマト
Img_1217
酸味がなく甘みだけが強調されているトマト!
きれいなイエローなのでトマトのも盛り合わせには栄える!
Img_1382
3系統の中ではいちばん大きい!
赤ではないオレンジ色のトマト
こちらは酸味が基調となるお味 美味しい!!

またこれらのタネを採種してF4を目指します。
F5くらいで固定するのではないでしょうか…笑。


Purple Cherry Tomato!

Img_1227
たねの森 イチオシのトマト パープルチェリートマト!
その姿を わたしの菜園であらわします。
Img_1329
なるほど…はじめてみる色の美しいトマトですが…?
Img_1243
これって…ブリティッシュシードのブラックチェリーと同じ?
左がたねの森のパープル 右がブリティッシュのブラック
まん中は我がワイルドチェリー!!
Img_1240
上方から見てもヘタの形状も同じ
Img_1244
下方から見てもスジの入り方がいっしょ!
おなじトマトだなぁーこれは…笑!!!
Img_1326
お味はコクのある甘みで深みのある上品なおいしいトマトですよ!
気に入った! タネを残し来年につなげまーす。

でも、どっちの名に…?
パープルかっ? ブラックかっ?


Black Cherry Tomato!

Img_1334
チェリートマトの各色を育ててみたくって
ブリティッシュシードよりタネを購入!
驚愕の新事実発覚!…笑。

White Currant Tomato!

Img_1332
ホワイトカラントトマト!
ワイルドチェリーと大きさ・形質がほぼ同じな色違いのトマト
お味は我が家のチェリー系でいちばん甘く フルーティー!
昨年の株から自家採種の2年目の育成!

Sweet Pea Currant Tomato!

Img_1272
豆を蒔いて豆のまま頭をもたげて発芽するものをBeen!
そのまま葉で発芽するものをPeaと呼ぶのだそうだ。
トマトの大きさはグリンピースくらいのかわいいトマト。
Img_1369
ゴールド・ラッシュほどの収穫量はない。
食べるために育成するのはちょっと…
でも、トマトの装飾盛りをつくるときには必需かっ!
Img_1205
背丈は50〜60センチ
細かい枝葉を無数に伸ばしちいさな花を咲かせ実をつける。
先日、似たようなマイクロトマトがあんどん仕立てで
驚愕のお値段でフラワーショップに並んでいた。

目を疑うほどのちいさな完熟トマトなので
それはそれで観賞用として需要があるのだ!


Gold Rush Currant Tomato!

Img_1249
ゴールド・ラッシュ その名のとおり
黄金! まぁオレンジだなっ! 無数に実をつける。
Img_1054
大きさはパチンコ玉大 最近 流行りつつある
豆トマト とか マイクロトマトと呼ばれている。
Img_1376
まさしく その鈴なり状態は Gold Rush!
お味はイエロー系らしく甘いが
その小ささゆえ 皮の硬さが気になる…
まぁ 鑑賞用ですかね〜笑。


2010年7月 3日 (土)

本日の収穫!

Img_1298
まだまだ これからです!
業務連絡…フルサイズ画像で保存してあります…笑!


☆Tomato All Stars☆ 響宴!

Img_1261
コメントをいただいている皆様 返信が遅くってスイマセン。
ただいま 菜園が佳境を迎えております。
朝早くから野菜のメンテナンス&収穫&撮影に追われて…
夜は頭脳が停止してろくなお返事ができませんので
明日 ゆっくりお返事を差し上げたいと思います。お許しを。

トマトたちが良い感じに…
まだ 大玉系 中玉系は登場しておりませんが
チェリー系とマイクロ系で…笑。
Img_1287
手で持った感じ…
お皿に盛った感じ…
Img_1316
そして お友達にお裾分けするときは…
こんな感じでプレゼントさせていただきます…笑!!


エダマメ発芽!

Img_1378
丹波黒豆とだだちゃ豆 発芽しました。
黒豆は2本 だだちゃは3本仕立て!
欠損しているところには一週間ずらしで追蒔きをします。
Img_1377

トウモロコシ♀穂 出穂!

Img_1384
トウモロコシ雌穂が出現!!
ここでもう一度 追肥!
明日、施します。
Img_1385
雄穂は全開に開花して花粉の準備OK!です…笑。

かぼちゃ結実!

Img_1345
先日 人工授粉させたカボチャ その姿を現します!
この夏のカボチャは たねの森のバターナッツかぼちゃ だっ!!

半白きゅうり全開へ!

Img_1175
自家採種相模半白きゅうり全開へ…笑!
Img_1398
昨年、半白の隣で加賀太を育てていたので
すこし頭がデカイような気がする 交雑したかっ…?


2010年7月 2日 (金)

ナス 収穫開始!

Img_1198
真黒茄子 収穫開始!
Img_1090
昨年の自家採種のタネからの育成ですので
環境に順応しているのか元気が良いです。
山科茄子はネズミに狙われますが
なぜか真黒茄子は無傷で収穫に至ります。

2010年7月 1日 (木)

奈良伝統野菜 紫とうがらし!

Img_1268
伏見甘長とともに 奈良伝統野菜 紫とうがらし 出来!
写真では黒く見えるが ほぼ 茄子と同じ色合い。
Img_1203
こちらも90センチプランターに2株の育成ですが
この唐辛子も豊作系ですなぁ〜
Img_1202
葉をたくさん 広げて紫の花を咲かせます。
Img_0924
花が終わるとつぎつぎに実を付けます…嬉!
Img_1323
本日は素揚げにして藻塩を振っていただきました。
晩秋まで これで酒の肴には困りません…ウヒッ!


伏見甘長とうがらし!

Img_1200
昨年の伏見甘長からタネを採り
自家採種でこの夏 2年目の京野菜 伏見甘長とうがらし
収穫がはじまりました!
Img_1199
一番花の上からVの字仕立てにして もうこの草勢。
90センチのプランターで2株の展開です。
Img_1135
本日 素揚げにしていただきました。
香り やわらかさ 申し分ない美味しさです…幸!

トウガン雌花出現!

Img_1136
トウガンの雌花が咲きます。
Img_1187
雄花もたくさん咲いているので
人工授粉は容易です!
Img_1189
朝 受粉させて夕方には花を閉じております。
さてさて、どうなりますか〜笑。


« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »