フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

-天気予報コム-

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月29日 (月)

トマト 鉢上げ。

Img_7014
トマトのこどもたちをセルトレーから
9センチのポットに鉢上げします。
根を傷めないようにスプーンで丁寧にすくいあげます。
Img_7017
我が菜園のこの夏の命運を担うトマトたち
手の平にのせ 元気にそだてよ! と念を送りながら…
Img_7019
代表でアロイトマト!
野口種苗さんのサイトをのぞくと
今年のアロイは発芽率が悪く
それでもタネが一瞬で売り切れる大人気だとか…
我が家の自家採種アロイは発芽率100%でした!
Img_7022
すべてのトマトたちの鉢上げ完了!
昨日の昼まで温室で育っていたが
今日からは昼間は外気にあたります。

トマトたちは最低気温10℃までなら耐えられる
夜はまだ室内に入れてあげないといけません。

手塩にかけて育てているトマトたち
この夏 そのパフォーマンス炸裂! 間違いなしです…笑!


2010年3月27日 (土)

育苗 順調!

Img_6985
なかなか春本番とはいかず 寒い東京ですが…
夏野菜の子どもたちは すこぶる元気です!

11月いっばいまでがんばれる茄子
それまで何百もの葉を展開する一枚目の本葉がこんにちは!
Img_6990
昨年 自家採種した真黒茄子
Power栽培したものと無施肥で育てたものと…
Img_6986
おなじナス科なのでふた葉はナスやトマトにそっくり
でも 本葉が一枚 顔をだすと確実に主張します!
伏見甘長とうがらし こちらも11月まで実をつけ続けます。
何千もの葉をつける まずはその一枚目 輝いているぜ!!
Img_6983
春の訪れが遅く まだ水槽温室で管理しております。
Img_6991
トマトたちはそろそろ鉢上げしてあげないといけません。
太陽の光に向かい葉の向きを追従させてすくすく!
Img_69951
愛してやまない ワイルド・チェリーも元気です!
Img_6999
いつもコメントをくださる
菜園仲間のRitsukoさんからタネを分けていただいた
Ritsuko'sコレクション
Img_7001
イタリア トスカーナ地方の伝統品種 Prosperosaナス
新潟長岡の伝統種 長岡巾着茄子
フランス原産 トマト・ショコラ
完熟すると深紅〜チョコレート色の美しいトマトだとか。
Img_7007
奈良の伝統野菜 紫とうがらし
ん〜なるほど…発芽体制に入って姿を現したが
茎の色が紫色だ〜!
こちらの野菜たちも元気に発芽です!

タネから育てる野菜たち…
かわいさ100倍なんですよねー笑!

2010年3月25日 (木)

だいこんの花!

Img_6975
桜の蕾が開こうとしているのに
昨日 みぞれ混じりの冷たい雨の中
たね採り用の大根たちがきれいな花を咲かせております。
紫色の実の信州たたら辛味大根
やはり 花も紫色の可憐な花でした!
Img_6977
源助との交雑を避けるべく場所を離しての栽培。
Img_6971
源助大根の花は白!
先日の強風で倒されたり 冷たい雨だったり
限られた土しかない袋栽培だったり…
生きていくという厳しい試練をDNAに刻み込み
すべてのエネルギーを種に注ぎ込むのです。
Img_6973
黄色の花は雲仙こぶ高菜。

今季もいいタネが採れそう〜
こう寒いと 虫たちによる花粉づけが期待できないので
こんどの日曜日 晴れたら 綿棒で他家授粉させよう…笑。


2010年3月23日 (火)

赤タマネギ プランター栽培。

Img_6962
昨年の夏にタネを蒔き
秋にその苗を定植したタマネギ栽培
90センチの大型プランターに12株育てています。
Img_6964
品種はサラダで美味しくいただける 赤タマネギ!
越冬をして春の訪れとともに急成長
連休中の台風のような強風に煽られ
葉が折れてしまっているが
だんだん根元が膨らんできましたね〜
トウ立ちせずに うまく収穫できると嬉しいのですが…

菜園検定 1級 惨敗!

Img_6967
一昨日 家庭菜園検定1級 チャレンジしてきました。
試験がはじまり 問題をめくった瞬間

Q6. 奈良時代に「○苣」や「苣」という名前で記されている野菜は何か?
○はパソコンにも辞書にも載っていない字…難!

これが読めなーい…(涙)

Img_6969
答えは「ちしゃ」!

自分で今現在育てていて
自分で日本古来の野菜!
明治に入って西洋から結球レタスの到来でその姿を消し
平成になって韓流ブームの焼肉とともに再来
その名を チマ・サンチュと紹介しながら…

字は読めなくとも
奈良時代の野菜で「ちしゃ」を思いつかねば…
冷静さを欠いておりましたね〜
これで舞い上がってしまい 結果は惨敗!

試験会場の帰りのエレベーター中で
みなさん あまりの難しさに打ちのめされた面持ちでいると
その中の誰かが
問題ができたからって おいしい野菜をつくれる訳ではないやい〜
と おつぶやきになると爆笑の渦に…ちょっと救われました。

会場の入り口では藤田先生のサイン&撮影の長蛇の列が
それを横目に 来年こそはとリベンジを誓うのでした…笑。


2010年3月20日 (土)

ホウレン草 トウ立ち!

Img_6957
冬の間 サラダ用に楽しんできたホウレン草
春の到来を告げるようにトウ立ちです。
わかりにくいですが花が咲いております。
花の周りにはチラホラ アブラムシも…
こちらも春の到来か…苦笑。
Img_6956
ホウレン草は肥料が効きすぎると
硝酸態窒素を蓄積してしまい
エグ味が強くなってしまうので
外葉が黄色いくらいが丁度いいのだとか…
幼葉を生食でいただいておりましたが美味しかったよー
このあと菱菱のタネ採りを行います…笑。

2010年3月19日 (金)

☆Tomato All Stars☆

Img_6953
総勢20品種のトマトの発芽が揃います。
自家採種を2年くり返しているF1オレンジトマト
この発芽でF3になるのですが いちばん元気!
Img_6952
つづいて 昨年自家採種したトマトたちが元気。
たねの森から来たパープルチェリーは完璧
ちゃんと発芽試験しているんですね〜
今期購入のブリティシュシード系が調子悪い
レッドゼブラが不発で追い蒔き
その他も発芽率30〜50%と揃わない。
タネの採種の仕方かその後の管理の仕方か…
ただでさえタネ袋に数粒しかはいってないのに…
やっぱり自分でタネ採りをしたトマトは違いますよ〜
トマトたちも環境に順応してきているのでしょう。
並べて発芽させてみると実感としてよくわかります。

自家採種 真黒茄子と伏見甘長も元気に発芽です!


2010年3月18日 (木)

第2回家庭菜園検定 1級へ挑戦!

Img_6881
今度の日曜日に 第2回家庭菜園検定が行われる。
この春は忙しく ほとんど勉強ができていないのと

概要が下記なのだが…

1級 / 主な野菜80種の栽培知識があり
2級の知識をより深く理解するとともに
高品質な野菜の栽培技術、歴史、栄養と食べ方の知識がある。

80種類の野菜の栽培知識どころか80種類の野菜言えないよー。
と言うことで 勝算が見込めず申込を迷っていた。

申込締め切り間近になると
受検しませんか〜? との催促の手紙

昨年の2級受検もそうだったが
過去問題の傾向もわからず

そこで あと3日 わたしはこの本で勉強しております。
おいしく育てる菜園づくりコツの科学
85種の野菜の育て方と料理のポイントがまとめてある。

80種の栽培知識が試験で問われるとすると
ハーブや雑穀も含まれてくるなぁ〜

そして試験問題を作成するのは
某国営TV「やさいの時間」の講師 藤田先生だから
化成肥料の比率や成分 野菜の病気も問われるだろう。

我が菜園は超有機だし 病気もうどんこぐらいだからなぁ〜
このあたりが難しい。。。

1時間で50問 10問は落とせる!

落ちて恥をかくのも また刺激!
玉砕覚悟で第2回家庭菜園検定1級へ挑戦します…笑!

2010年3月17日 (水)

春ジャガ 発芽!

Img_6944
2/14日に種芋を植えつけたジャガイモ
途中 何度か氷点下に見舞われたりして
早植えしすぎたかなぁ〜と心配しておりましたが
大丈夫! 無事発芽いたしました。
Img_6945
どこよりも 早いでしょ〜笑!

ジャガイモの芽が顔をのぞかせると
いよいよ春の菜園活動〜 チカラが入ります!


本日の収穫!

Img_6942
シイタケが調子いいです!
Img_6943
シイタケの石づきと
食べ終わったヨーグルトの容器の濯ぎ水は
堆肥熟成タンクへ…
発酵菌や乳酸菌の作用で連作障害が起きにくい土づくり…笑。


2010年3月15日 (月)

エンドウ 播種!

Img_6873
エンドウ3月蒔きで育てます。
豆を食べるグリンピース系のツタンカーメンの豌豆と
莢ごといただけるスナップエンドウを…
Img_6875
スイートピーに似た赤と白のきれいな花が咲くので
混植で種蒔きをしてみました。
Img_6876
ホームセンターで¥198-で買った中国製の竹ほうき
2シーズン落ち葉堆肥を集めるために
使い込んだら柄が抜けてしまった。

エンドウは秋蒔きにすると
冬場のヒヨドリの恰好の標的になってしまう。

人間だって"トウミョウ"と言って
エンドウの新芽をいただくのでたぶん美味しいのだろう〜
Img_6877
そこで 竹ぼうきをばらしてこんな感じに…
エンドウの発芽をカムフラージユし
尚かつ 巻きヅルがでたら しっかり掴まれるように
本来は霜よけの用途も果たすのだろうけど もう春なので…
これで 防げるか ヒヨドリの攻撃!


 

三寸人参 播種!

Img_6870
Img_6869
春蒔きのニンジン 子安三寸人参の種蒔きです。
Img_6782
昨年の7月にタネを蒔き
11月に母本選抜された選ばれしたね採りニンジン
冬越え黒田五寸人参はこんな感じ…
越冬を終え葉の色が輝きはじめております!


2010年3月13日 (土)

ダイコン トウ立ち!

Img_6778
たね採り用の源助大根 トウ立ちをはじめます。
Img_6779
手前には雲仙こぶ高菜がトウ立ち。
同じアブラナ科だけど花の色が違うと交雑しないとか…
属が違うから大丈夫なんだよね〜
春っぽい景色になってきました。
Img_6781
長さ15センチの紫色をした信州たたら辛味大根
こちらは9号のポットでたね採り!
Img_6780
辛味大根もトウ立ちが始まり蕾を携えている。
同じダイコン属なので花が咲く前に源助と離さなければ
たたら辛味大根3鉢は会社で育てることにします。


2010年3月11日 (木)

秘技! さつま芋 温浴芽出し!

Img_6752
昨年の11月に収穫をして
あなたは選ばれし種芋なのよ! って言い聞かせ
冬のあいだ新聞紙で包み発泡スチロールの保温箱で
暖房の効いた部屋で管理してきた芋は只今このとおり
Img_6770
Img_6751
だが 買ってきたお芋でこれから発芽させるにはこれだ!
48℃のお湯に40分温浴させると芋は春が来たと悟り
自ずと芽を出すのを急ぐのだそうだ〜
温浴療法は黒斑病も予防してくれる。
お湯につけられ20分も経過すると細かな気泡がプクプクと
おっ! 目を覚ましたなぁーとなんとなく実感!
Img_6775
成長スイッチのONになった種芋は
陽射しの当たる窓辺で管理できるなら土に植えてももう大丈夫!
もし 外植えなら もう一度 新聞紙で包んで
4月まで保温箱で管理して暖かくなってから植えよう。
その頃には新聞紙の中で発芽しているかも…
使用しているプランターはもちろん¥100均一ブランド…笑!

春の氷点下!

Img_6777
高知では記録的な早さで桜が咲いたっていうのに…
今朝の東京は気温が氷点下まで下がったようだ。
ダイコンを収穫した後にこぼれダネで成長しているサンチュ!
冬のあいだに芽をだし 黙々と成長をつづけている。
凍結も ものともせず 生命力の強さを感じる。
そろそろ 外葉から掻き採っていただこうー
ちぢみホウレン草ならぬ ちぢみサンチュ!
うま味が凝縮されているに違いない…嬉!

2010年3月10日 (水)

3月なのに雪。。。

Img_6766
3月だっていうのに雪です。
ソラマメに支柱を立ててなかったから…
Img_6765
ジャガイモも心配だったけど…
まだ 芽が出ていなかった。 良かった!

2010年3月 8日 (月)

トマト 発芽!

Img_6747
先陣を切って自家採種アロイトマト発芽!
先週の日曜日の午前中にタネを蒔いて8日間 今朝 確認 !
タネを蒔いてからは寒かったからなぁー。

南国宮崎に渡った我がアロイは6日間とのご報告

トマト20種 今季購入したタネより
自家採種したタネたちの発芽が早いのは順応?

この夏 我が菜園の命運を握るトマトたち目覚めました!


2010年3月 5日 (金)

春シイタケ!

Img_6735
春の雨を浴び 冬眠から目覚めた原木シイタケ
温度と湿度の環境が最適に整ったのでしょう〜
いきなりボッコボコッですやん!
Img_6740
春のシイタケ狩りはじめました…笑!

2010年3月 3日 (水)

ソラマメ 開花!

Img_6729
この数日 冷たい雨や寒い日がつづきますが
きょうは太陽が顔をだすのかなぁ〜

屋上畑ではソラマメの花が咲きはじめました。
花ひとつがあの大きなソラマメの莢になるので
この花の咲きっぷりだと大収穫が予想されます…笑
Img_6726
10号のポットに日本で最大のソラマメ
河内一寸蚕豆をひと粒
4〜6本の主枝が伸びてきますが
これを元気なヤツを3本に整え
実が付きはじめたら適当に摘果して
大きな莢のソラマメに仕立てます。
冬の寒さを経験していないと花芽がつかないのだとか…
我がソラマメ いいんじゃないですかぁ〜 元気です!!

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »