フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

-天気予報コム-

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月28日 (日)

サツマイモ 発芽!

Img_6699
Img_6702
自家採種サツマイモ
伏せ込みをしてから2週間で発芽です!
Img_6706
苗とりが自分でできるのなら…
一気に菜園の構想が広がります。

ならば…焼き芋にすると糖度40度
またの名を"蜜芋"とよばれる安納芋を取り寄せます。
Img_6709
最近 その人気ぶりから 
都内のデパートやスーパーなどで見かけるが
種子島の農家だけが栽培が許された許諾認定品種なので
このマークがないと本物ではないそうだ。
いわゆる サツマイモの在来エアルーム種だ!
Img_6712
種子島から届くので送料が芋代と同じくらい…笑
本日 到着! さっそくダッヂオーブンで焼き芋に
Img_6714
焼あがりは蜜芋と称されるこの蜜

そして安納紅の姿はこれだー!
Img_6715
鮮やかな黄色
ねっとり系の安納芋だが…
ダッヂオーブンの蒸気を抜きながら焼いたので
すこしホクホク気味に 確かに旨い!

Img_6719
だが 昨年育てて 只今発芽中のわたしの芋
小さいのが残っていたのでいっしょに焼いてみた
見よ! この発色!! そして僅かにこの芋の方が甘いのだ

そうです!
今シーズンはこのふたつの芋の苗とりをして栽培します。
秋には贅沢な焼き芋ライフがおくれそうです…笑!


たねまき!

Img_6698
冷たい雨が降り屋上の畑の準備ができない東京です。
本日は朝から部屋で種蒔きをしました。
自家採種の茄子と甘長とうがらし
トマトは昨年 採種したものと
今期 わたしのお眼鏡にかなったもの合わせて20種!
各3粒づつ セルトレーに蒔いてみました。
植え付けのことを考えずに行った たねまき!
まぁ なんとかなるでしょ…笑!

2010年2月25日 (木)

たねまき準備!

Img_6677
日の出がだんだん早くなり
ようやく朝の畑活動時間がもてるようになります。

3月の育苗を前にたねまき用の土をつくります。

たねまき用の土は…
屋上のプランターの土を使ってもいいのですが
万が一 病害虫が潜んでいると取り返しがつかないので
ここは 新規で!

たねまき培養土の配合は…
赤玉小粒:5 ピートモス:2 腐葉土:2
カキ殻 炭化鶏糞 きのこ菌の発酵堆肥で:1の割合

Img_6669
きのこ菌の発酵堆肥は考察!炭素循環農法の記事で
食用キノコの石づきの糸状菌を培養したもの
Img_6672
白い発酵菌が育っている。
Img_6678
ふだんのプランター野菜栽培には
ピートモスを使わないのだが
発芽した後に植える育苗ポットが極小ポットなので
保水性と保肥性を持たせるため
ブルーベリーの為に仕入れた北米産ピートモスを使用
そのPH3.8をカキ殻とPH8.7の炭化鶏糞で打ち消す!

Img_6682
500倍に薄めた発酵液肥を散布して土をしっとりさせ
炭素化された鶏糞を施すことにより
きのこ菌は爆発的な呼吸をはじめ熱を持ちはじめる。
Img_6685
これでセルトレイに蒔いたタネが発芽する頃には
微生物の活発な呼吸も一段落し
活きた たねまきパワー培養土の出来上がりです。

この土で色素の濃いがっしりした苗をつくります!


2010年2月16日 (火)

気になるトマト!

先日 テレ東の「空から日本を見てみよう」
雲のうえから東急東横線沿線を眺める番組で
一杯2000円のトマトジュースが紹介されていた。

ほーっ! けっこう高価なトマトがあるものだぁーと
その時は気にも留めなかったのだが…

2/7日の日テレの「行列のできる法律相談所」で
紳介さんがひと瓶15000円のトマトジュースを紹介していた。
なにやらロシアうまれなので冷涼な気候を好むらしく
栽培が難しく収量が著しく少ないらしい。

仰天するような超高級トマト その名は…
エアルームトマト ブラック・プリンス

テレビを見ていたこどもたちは
papaなら簡単じゃな〜い! って
おっ! これはやらねばと…(力)

近頃 ブラック系が注目されてきたなぁ〜と
先日 タネを物色しいていた時には
たくさんの在庫があったのに〜

テレビのちからは恐るべし!
ブラック・プリンスのタネは瞬く間に売れ切れ
辛うじて 苗の予約に成功! 4苗をゲッチュできました…汗
そして その苗の予約も…
ポチッってやった次の瞬間 売り切れに…笑

超高級トマト ブラック・プリンス
どのようなトマトなのか この夏 育ててみます!

そして この15000円のトマトジュースを扱っている
セレブ・デ・トマトこんど覗いてみようと思いますが…

カラフルなトマトの盛り合わせ すばらしい!

でも、Hanna-papaのトマトは超えられるなぁーって
へんなライバル心に火が灯ります…薄笑!

2010年2月14日 (日)

菜園始動! 本日の作業。

Img_6635
2010年 菜園の始動は種芋の植え付けから〜
土に街路樹で作った自家製腐葉土を鋤きこみ
種芋たちを植え込みます!
Img_6646
年末に自家採種したジャガイモ
ポットに土を半分くらいで植え込み
発芽の具合を見ながら順次 土寄せをします。
Img_6637
ヤマイモ 昨年採取したムカゴと2年目の種芋。
Img_6640
ネイティブ・アメリカンの栄養源 アピオス!
育て方はマメ科だけど ヤマイモに準ずるとのこと
ヤマイモたちの隣で育ててみます!
Img_6648
そして ベランダには育苗用温室を設置。
Img_6649
水槽内には2リットルのペットボトルの中に
観賞魚用のサーモ付ヒーターを備え
曇りの日や夜間にはスイッチが入り25℃の湯たんぽに…笑
Img_6650
この中でトマトやナスなどの苗を育てていく訳ですが
とりあえず サツマイモの苗採り用の種芋を植えてみました。

日中の水槽内の温度は38℃になっていたので
南国生まれのサツマイモにはなかなか快適ではないかなぁ〜。

さぁ〜だんだん忙しくなるぞぉー。


2010年2月 8日 (月)

メジロ 来訪!

Img_6619
最近 ベランダに野鳥メジロがやってきます。
Img_6633
ミカンの皮を乾燥肥料にするため
ベランダで干しているのですが その香りに誘われて

試しに実がついたミカンを置いてみると
5分も経たないうちに3羽も集まってきました。

いるんですね〜 このあたりにも〜〜笑。

2010年2月 7日 (日)

カブトムシのしごと!

Img_6627
本日 我が菜園を見学なさる方々がいらっしゃって…
いろいろと栽培理論を語る中
カブトムシによる土づくりを紹介するため
冬のあいだ せっせとお仕事中のコンテナをひっくり返してみた
2ヶ月前の記事のカブトムシのちから
このシイタケのホダ木がここまで分解されている。
驚愕の仕事ぶりである!
Img_6630
クヌギの葉や朽木は
こうしてフカフカの肥沃な土になる。
Img_6632
また シイタケの朽木とクヌギの腐葉土をセットして
カブトムシたちを放すと
一斉に仕事に戻ります…笑
この働きっぷりに感謝いたしまーす。
Img_6626
湿り気のある土の中では
シイタケの菌糸も活発に活動しているようで
白い菌糸体がみえる。
このコンテナ全体が微生物の培養体になっていると推測します。

2010年2月 5日 (金)

野望#5 禁断の果実への誘い!

Img_6275_2
知らなければ 欲望は生まれなかった。
知ってしまうと歯止めがきかぬ屋上菜園果樹園計画!
プランター野菜畑がオフシーズンのあいだ
ずうっーと頭の中を駆け巡る禁断の果実への誘い
そして 苗木を植えるなら 今が最適シーズン!

まるでフルーツのような自慢のチェリートマトと共に
ブルーベリーやブラックベリー クランベリーなどの
本物のフルーツもいっしょに収穫できたなら…しあわせ!

Img_6509
果樹について一通り研究物色し
お眼鏡にかなった品種の苗木を取り寄せてみました。
ワイルドブルベリーを祖先に持つローブッシュ系
5月の下旬から11月の初旬まで収穫が続くように
ハーフハイからラビットアイ 早生から晩生まで…

また生食用に保存がきく もちろんジャムにも…
アメリカパテント品種のブラックベリーを2本

Img_6608
屋上菜園の一角を果樹園に
種蒔きから3ヶ月で結果のでる野菜畑と違い
果樹栽培は長年のつきあいになりそう〜
これまで培った野菜栽培理論を駆使して…笑
なせるか…? フルーツ畑!

Img_6574

酸性土壌を好むブルーベリーやクランベリーは
その生息地から採取されたカナダ産ピートモスを使用
北米のブルーベリーの生まれ故郷の土を使うと
格段に成長育成がいいのだと言われている!

Img_6612
しだれるように葉が展開するクランベリーは
丸鉢をスタンドにセットして立体栽培。

Img_6610
春には新緑を そして可憐な花をつけ
夏にはおいしい実をつける
秋には紅葉して春夏秋冬の趣を感じさせてくれる果樹
わたしの菜園に野菜たちとともに
彩りのアクセントをつけてくれること間違いなしです…笑!


2010年2月 2日 (火)

東京 大雪!

Img_6576
東京地方は昨晩から大雪です!
Img_6575
仕事から帰宅し 降りしきる雪の中
念のため屋上から屋根のある階段にソラマメを避難させました
そして 今朝 それらを戻す作業
雪景色の中 朝から汗です…笑
プランター野菜畑ならではの過保護!

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »