フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

-天気予報コム-

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月29日 (日)

やまいも収穫へ

Img_5988
ヤマイモ栽培 長さが必要なのでゴミ箱を利用した栽培。
Img_5989
ゴミ箱の長さを持ってしても…
L字型のお芋ができてしまう…笑。
Img_5995
Img_5996
狭い場所で詰め込んで育ててみたが
この収穫量は納得!
すりおろして出汁をまぜ焼いても鍋にしても美味!
Img_6005
右から今年のムカゴ 1年目 2年目 3年目のヤマイモ。
Img_5991
春にに森の土を採種してきたときに
土の中から出てきた天然のジネンジョ
ゴーヤのプランターの隅に植えておいたら
半年でこんなに大きくなっていた。
また植え直して来年の秋に掘り起こしてみます。
Img_5535

秋じゃがいも収穫へ

Img_5999
植えてから暖かくなっていく春ジャガにくらべ
植えてから寒くなっていく秋ジャガは収穫量も少なめ…?

レッドムーン・アンデスレッド収穫しました!

Img_6074
手のひらに乗るミニジャガは丸ごとフライドポテトに
ビールのおつまみに最高です!

まぁ これだけあれば年が越せそうです…笑。

2009年11月28日 (土)

ほうれん草プランター栽培。

Img_5977
冬の寒さにあたったホウレン草はうま味抜群ということで
あえてこの時期にタネを蒔いてみたホウレン草。
Img_5954
なぜか プランターの端っこしか発芽しないな〜と…?
自家採種したタネが不良だったのか…と思案しながら
日曜日にタネを追い蒔きしておいたら…
Img_5953
なるほど〜 こういう事でした…笑。
そろそろエサが無くなってきたんだな〜
すずめちゃんならカワユイけど…
ヒヨドリの大群に襲われるとわたしの菜園など
ひとたまりもありませんので 要注意です(警戒)

本日の収穫!

Img_5957
源助大根をおいしく食べつづけております。
同じように育てていても抜いてみるまでわからない。
別にプランターの中に石があるわけではないのですが…

ふむふむっ 台風で煽られて一度抜けたのかなぁ…?
でも お味は まったく問題なくおいしい!

2009年11月26日 (木)

ベビー白菜 収穫!

Img_5967
土の深さ5cmの育苗トレーで出来るのか?
実験的に育てていたミニ白菜 こんな感じに…笑。
Img_5961
防虫ネットの中で育てていたにもかかわらず
わたしの屋上菜園では虫たちを一手に引き受けてしまいます。
Img_5962
でも 中は きれいに葉が巻いているかな〜。
Img_5970
なんとか一回分のお鍋には使えそうです…苦笑。

2009年11月24日 (火)

じゃがいも 試し堀り!

Img_5943
祝! 30万ヒット!!
2月のジャガイモの植え込みではじまり
この秋ジャガの収穫で今季のプランター野菜栽培 終了です。

毎日 更新をつづけてきた『Hanna-papaの菜園日記』
すこし そのペースをゆっくりにしましょう…(ネタがなーい…苦笑)
Img_5941
9号のポットプランターで育てるジャガイモ栽培。
赤アンデスと赤メーク それと品種不明のジャガ。
この品種不明のジャガ 昨年の秋に北海道に住む伯母が
送ってくれたのですが その後一週間で他界
形見的に種芋として残し春に植えたら収穫でき
そして今回2期目の収穫ができました。
年2回の収穫ができることをみると デジマかなぁ〜?
Img_5940
わたしの菜園 このジャガイモとヤマイモの収穫を残すのみ。
試し掘りではこんなもんか…
もうすこし地上部が枯れたら収穫します…笑。

2009年11月22日 (日)

ベランダ 石焼き芋!

Img_5900
収穫したサツマイモを石焼き芋にします
やっぱり いちばんおいしいお芋の食べ方でしょ!
Img_5876
ダッチオープンに石(大磯三分)を敷き詰め
お芋を置いてさらに石で埋めてしまいます。
Img_5883
Img_5886
"火を制するものはキャンプを制す!"と少年時代に
ボーイスカウトで叩き込まれた野外料理技術!
Img_5889
サツマイモを石の遠赤外線で石焼にしている傍らで…
朝穫りの源助大根を厚切りにして下茹でしたものを
豚の肩ロースとともにバーニング!
肉汁をしみ込ませた大根ステーキ…(素敵!)
Img_5887
我が渾身の源助大根の厚切りステーキ これは旨い!…(唸)
Img_5897

Img_5895

Img_5907

そして待つこと一時間半〜 石焼き芋の完成です!
品種は紅あずまだったが…
こういう品種なのか それとも育て方が良かったのか…笑
実の色がきれいなオレンジ色のサツマイモ
もちろん糖度がのって甘いですしホクホクというよりも
すこしねっとり系の石焼き芋!!

小雨まじりの寒い一日でしたが
身も心も温まる焼き芋パーティのベランダでした…幸。

Img_6286
追記…
大晦日の日に栗きんとんをつくってみた。
左のオレンジ色のが我が芋
買ってきた芋と比べるとその色鮮やかさが歴然!
切り口からは乳白色の蜜がしたたるのがわかる。
Img_6319
クチナシの花で色づけしなくてもこの発色!
もちろんお味は折り紙付き すばらしい芋だぁ〜

この芋 種芋にひとつ残します…笑。


本日の収穫!

Img_5871
ダイコンとサツマイモの野菜盛りに
ナスとシシトウがいっしょに撮影できるのが不思議だ!

ダイコンの収穫が最盛期ですね〜
ナスとシシトウはこれで終わりかも…。

冬茄子 収穫へ!

Img_5879
秋茄子を超え この時期に収穫できるのは
もはや 冬茄子と呼ぶべきか…(凄)
Img_5869
だいぶ寒くなってきて もうこの辺りが限界か?
食べられるサイズの茄子をすべて収穫しました。
Img_5867
時間をかけてゆっくり成長しているので
実がギュッっと締まっていて固い茄子ですが
火をとおすとトロトロにやわらかく甘さを感じる茄子です!
どのくらい収穫しただろう〜
加茂茄子・山科茄子・真黒茄子 最高の成す(茄子)たちでした!!!

クリスマス リース(芋づる…笑)

Img_5851
サツマイモのつるでクリスマスリースを作ります。
わたしの やっつけ仕事なのでセンスが無いかも…
でも、乾燥させて それなりにデコレイトすれば…笑
Img_5845
サツマイモ袋栽培 6袋栽培の残りの3袋を収穫!
前回の3袋はかぼちゃの棚で半日陰的に育ったが
この残りの3袋は日当たりの良い方〜
Img_5857
気持ち芋の成長は良いようです!
こちらの芋は普通の芋の色。
前回の芋ほど発色が鮮やかではない…
Img_5543
カボチャの巨大な葉に日光が遮られると
芋の色が変わるのか…不思議である
いずれにしても 石焼き芋にして食べてみます!

2009年11月20日 (金)

Strawberry House!

Img_5855
当初は寒い冬のあいだ 室内栽培をしようと考えていたが
増産体制にしてしまったため部屋には置けず…

南向きのベランダに作っちゃいました"すとろべりーはうちゅ"
えっ? 今なんて言いました… まさかそんな〜 46さいのオヤジが

木製パレットに穴を空けU字支柱を立て
透明のビニールのテープルクロスをかけ半温室に!
両サイドは開けてあるので通風はOKです。
朝日が差し込んで手を入れてみると
んっ ほんのり温かいですね〜

イチゴの成長は今は休眠中でしょうか…?
真冬にその威力を発揮するでしょう
"すとろべりーはうちゅ"完成です!

えっ? 今また "はうちゅ" って…笑。
いえいえ そんなバカな…笑笑。

2009年11月19日 (木)

ど根性 アロイトマト!

Ca3c0083
この時期にアロイトマトの記事が書けるとは…
この夏 ゲリラ植えしたアロイトマト
ここのところの冷たい雨で壊滅ですね〜
しかし 露地の自然農的 地力の強さを思い知らされます。
Ca3c0084
そして この無施肥関野アロイのトマトのちからも!
来年のプランタートマト栽培へ
たくさんのヒントをいただきました。
このトマトのタネも自家採種してあるしー!
Img_5852
ベランダのアボカドの鉢にこぼれたトマトも頑張る!
Img_5854
日に日に寒くなるのにど根性です…笑
収穫できれば良いなぁ〜。

2009年11月18日 (水)

自家採種 伏見甘長とうがらし。

Img_5818
伏見甘長の種採りをします。
昨年は万願寺系を育ててみましたが
10本に1本くらいの割合で当たりがでたのですが…(辛)
この伏見甘長はその名のとおり1本もハズレがなかった!
Img_5121
伏見甘長の特徴がでた これだ! っという実を残します。
赤く色づきシワシワになるまで枝につけ
収穫してから更に乾燥させ タネの完成です!
Img_5130
おなじナス科の究極の秋茄子と管理をいっしょにしているので
まだ収穫できます! シシトウも畑の優等生ですよね〜笑。

2009年11月17日 (火)

母本選抜!

Img_5839
日曜日の作業でした。
昨年 野口種苗と太田種苗から取り寄せた 源助のタネで
多様性を持たせる目的でふたつの大根の交配で生まれた
My Hanna 源助大根!
Img_5842
さらに品質を向上させるために良形のものを選抜します。
そしてさらに ダイコンの1/3を切りスが入ってないかチェック!
お眼鏡にかなったダイコンで2度目の自家採種を行います。
Img_5844
お蕎麦の薬味として最高の信州たたら辛味大根。
このダイコン たいへん美味しく気に入りました!
たらら大根も種採りをして自分のダイコンにしたいと思います。
えっ ふたつのダイコンの種採りをしたら交雑するでしょ って?
花が咲く頃になったら たらら大根は別の場所へ…
そこがプランター栽培のいいところでしょ…笑。
Img_5858
母本選抜され植え替えられたダイコンたちの今朝の絵です。
実を切られたうえにひげ根がなくなっているので瀕死ですね〜
ここから立ち上がってきてこそ
強い生命力を持ったタネを残せるのです!
ぐわんばれ! 選ばれしダイコンたち!!

2009年11月16日 (月)

黒田5寸ニンジン 収穫!

Img_5837
黒田5寸ニンジンが完成です!
Img_5833
10号のポットプランターで育てました。
欲張って間引きがあまかったせいでニンジンが3寸ぐらいだ。
もうちょっと大胆に間引けばよかったなぁ〜と後悔先に立たず!
Img_5835
でも 1ポットでこのくらいの収穫ができれば豊作か?
ニンジンスティックで食べると甘くって美味しいニンジンです…笑

2009年11月15日 (日)

昨日の収穫!

Img_5828
昨日の夜 町会の重鎮たちのカラオケ宴会があるとのことで
わたくしの赤ダイコンを甘酢漬けにして差し入れてみました。
見た事のない赤い大根に みなさん興味津々でございました…笑

聖護院大根!

Img_5662
毎日 だいこん料理がつづきます…しあわせ!

大根栽培 最後のご紹介は…京野菜 聖護院大根。
Img_5620
この大根は 煮 にすると その真価を発揮します!
お出汁を存分に取り込み とろけるようなやわらかさ!!
さすがに京都の伝統野菜だけあって そのお味は横綱級!!!
Img_5824
収穫時にはたとえば …
釣り師でいえば尺イワナや真鯛を釣り上げたような
興奮と収穫の達成感が味わえます…笑。

でも、栽培は簡単!
丸い球体の大根ですので土の深さがいらず
ふつうの植木鉢でOK!
葉も固く 放射状に広がるので虫や風の被害も物ともしません。

ベランダガーデナーには最もおすすめの大物大根です…笑。

2009年11月14日 (土)

雲仙こぶ高菜 紅葉?

Img_5821
連日 冷たい雨がつづく東京です。
寒くなるにつれ こぶ高菜が紅葉してきたような?

まだ特徴の コブは現れませんね〜
もうすこし間引いたほうが良いのかもしれません…。

食の世界遺産に登録されている希少な菜っ葉なので
種採りまでつき合いたいと思います…笑

F1ころ愛大根。

Img_5659
毎年 育てている ころ愛大根。
ベランダガーデナーに最適のダイコン!
Img_5624
75cmのワイドプランターに8本育成の高効率!
どのように料理しても万能的に美味しいし
使い切りサイズがうれしい!!

ご近所のおすそ分け用に…笑
渾身の源助はなるべく自分で食べたいので…エヘぇ!

2009年11月13日 (金)

そら豆 発芽!

Img_5816
Img_5799
自家採種した河内一寸蚕豆 元気に発芽!
昨年は蒔く時期が遅くなってしまい
発芽させるのに苦労しましたが…
今季は理想的な発芽時期ですなぁー。
冬の寒い時期を5〜6cmの幼苗で越冬させます。

ヨーロッパ赤ダイコン!

Img_5664
葉がやわらかく虫が付きやすかったし
台風の風に煽られるとボロボロに傷んだり…

やはり日本で育った在来種とは違うなと感じた。
Img_5619
長さ25cm直径5cmくらいの大根だが
9号のポットで育ててみた
下に伸びるところがないと上に伸びてきたような…笑
サラダで食べてみたが美味しい大根です!
冬野菜の集合写真を撮る場合 欠かせない色合いの存在か…笑

2009年11月12日 (木)

青丸紅芯大根 完成!

Img_5667
Img_5634
北京生まれの中国大根。
日中国交正常化とともに日本へやって来た。
あちらでは果物のかわりにしているほど糖度があるという。
直径10cmくらいなのでちいさな植木鉢でもOK!
Img_5813
その名のとおり外は青くって中は赤い!
昨日 紹介したヨーロッパ黒ダイコンは予想を裏切り中は白!

本日の収穫!

Img_5805
源助 2本目をいただきます。
大根おろしでいただくと信じられない甘さです!
大根に糖度がのるとはあまり聞きませんが…ホント!

2009年11月11日 (水)

プランターミョウガ終了!

Img_5642
先日 東京の夜の気温が5℃を記録したとたんに
ベランダのミョウガが黄色く枯れはじめた。
Img_5645
表土に一握りの油粕のお礼肥を施し
乾燥しないように自らの亡骸をかぶし
来年の春の芽吹きまでおやすみです!

ヨーロッパ黒ダイコン。

Img_5660
ヨーロッパでは白いダイコンが珍しく
ダイコンと言えば黒が主流なのだとか…
Img_5656
われわれ日本人には丸いゴボウに見えるが・笑

2009年11月10日 (火)

信州たたら辛味だいこん 完成!

Img_5665
源助の白に対し彩りで きれいな大根が欲しかった!
薬味用 辛味大根 信州たたら大根。
紫のきれいな大根です!
Img_5621
長さが15cmくらいなので普通のプランターでOK!
葉の色がアオムシの保護色と異なるからか…?
それとも葉も辛味なのか…?
虫が寄りつきませんでしたよ〜。

信州たたら辛味大根 完成!

2009年11月 9日 (月)

打木源助大根 完成!

Img_5663
この秋 いちばん 力を込めて育て上げた
自家採種 打木源助大根 完璧の良形を作出!

ずんぐりした源助の特徴がいい感じ〜(嬉)
Img_5652
Img_5654
夏にアロイトマトを育てた12号のポットがぴったし!

プランター大根栽培 確立ですね!!

ベランタ ほうれん草栽培。

Img_5639
冬野菜の怒濤の収穫をしてしまうと
野菜がなくなり淋しくなってしまうので…
昨年自家採種した法蓮草のタネを蒔きます。
Img_5637
法蓮草は酸性に傾いた土を嫌うので
カキ殻石灰をやや多めに施して育てます。

寒さの中で育つ法蓮草はうま味最高!

2009年11月 8日 (日)

本日の収穫!

Img_5773
冬野菜の収穫をはじめました!
大豊作で〜す!!!

個々のご紹介は追って…(大笑い)

屋上菜園 冬野菜畑 完成!

Img_5599_3
大ダイコン畑を中心に冬の屋上プランター野菜畑 完成です!
Img_5603
冬野菜にまじり
茄子と伏見甘長が まだ がんばります!
Img_5606
雲仙こぶ高菜や白菜、青梗菜、小カブも元気!
Img_5609
屋上から一段下がった軒にはジャガイモ畑!
Img_5626
黒田5寸ニンジンも完成ですね!

これから怒濤の冬野菜収穫ラッシュ はじまります…笑。

2009年11月 7日 (土)

使用済みプランター培養土 再生計画!

Img_5594
Img_5593
本日 立冬を迎え
今日から収穫される野菜は冬野菜と呼びましょ!

明日から怒濤の収穫をはじめますが…
収穫を終えたプランターの土は春まで休ませます。

そこで土をリフレッシュ 再生するにあたり
ウズラ糞・残餌・油粕・納豆・ヨーグルトで作った
自家製発酵液肥の搾かすを天日乾燥させた再生材を使います。

たぶん休眠中の納豆菌・乳酸菌・発酵菌などが目覚め
疲れた土に潤いを与えてくれるだろうと推測。

微生物なども増え土に活力を甦らせてくれるでしょ…

自家製プランター用土再生材
いま その力を示すとき…!

2009年11月 6日 (金)

自家製腐葉土。

Img_5575
落ち葉の季節となりました!
わたしの会社の前の歩道には けやき並木があります。
この季節になると毎朝 落ち葉掻きの仕事からはじまります。
Img_5568
そこで昨年 この無尽蔵な落ち葉を利用できないかと
会社の裏手に木製パレットで囲いをつくり
米ぬかを撒きながら枠いっぱいに落ち葉を積んでおいた。
Img_5570
10あった量が3くらいに減って
表面の枯れ葉をどけてみると…
できてますね〜 けやき純度100%の自家製腐葉土!
一年でこんなに熟成するとは…驚
Img_5581
いままでプランターの土をリセットするたびに
保肥性をもたせるため腐葉土を買っていたが
これからはもう買う必要なしです…笑

タネは自家採りだし 肥料は自分でつくるし
腐葉土も自家製を確立した!
もうお金のかかることがなくなったわたしの菜園
来年からは黒字に転換ですなぁ〜

Hanna-papaのEco菜園に名称 かえようかなぁ…(あっはっはっ)
Img_5577
昨年の腐葉土を取り出し袋に詰め
来年の夏野菜の土づくりまで あと半年 追熟させます。
そして新しい落ち葉をまた積上げていきます。

わたしの会社の並びの会社の人たちも
毎朝 落ち葉を掃いているのですが
わたしの作業に賛同してくださいまして
自動的に我が社の前に落ち葉が集まるネットワークができてます(笑)

2009年11月 5日 (木)

はくさいプランター栽培。

Img_5558
白菜プランター栽培
たぶん虫たちのあいだでは…
いちばんおいしい野菜なのでしょう〜

結球がはじまり白菜の形になってきたが…
菜園の虫たちを一手に引きつけてくれた白菜

穴だらけです。 さて、わたしの食べる分は…(笑)

2009年11月 4日 (水)

チンゲン菜プランター栽培 完成!

Img_5566
チンゲン菜が完成です!
ほかの葉もの野菜にくらべて
あまり虫の被害を受けることなく育てられました。
Img_5559
60cmのプランターに10株くらいは大丈夫!
Img_5562
肉厚できれいなチンゲン菜が出来!
オイスターソースとゴマ油で炒め物に…
蠣油青梗時菜!

本日の収穫!

Img_5567
食菊が全開になりました!
小カブがそろそろ終わり!
チンゲン菜の収穫をはじめます!

2009年11月 3日 (火)

究極の茄子 完成!

Img_5552
Img_5546
Img_5547
農法指導者 永田照喜治さんの著書に
11月の茄子がいちばん旨い究極の茄子とあります。

朝夕の寒暖の差がじっくりゆっくりと育てるので
糖度の乗った茄子ができあがるのです。
Img_5530
Img_5532
昨年は到達できなかった11月の茄子。
今年はその経験を踏まえて…
注意深く観察をつづけ
自家発酵液肥による追肥を重ねることにより引っぱってきた!
無施肥栽培 全盛の感があるが…
プランター茄子栽培では追肥は欠かせないのだ!

究極の茄子 じっくり味わいます!!!

2009年11月 1日 (日)

Strawberry Farm!

Img_5523
定植を終えたイチゴ 無事に根づいたようです。
葉がググッと立ち上がります。
Img_5522
イチゴが実ったときのこどもたちの期待が大きいので
あとで後悔しないようにベリーポットを3つ体制にして
合計9株でイチゴ畑?の展開です…笑。
Img_5528
「取り放題イチゴ わんさか」
怪しい名のイチゴと紹介しましたが
Img_5529
どうやら…ケーキ用のイチゴに使われてきた
プロ農家用の品種だったようです。
さてさて、どのくらいイチゴを収穫できるのか
楽しみです…(笑)

Come on トマト!

Img_5524
連日の好天に恵まれ
夏の間 ベランダのトマトの隣に並べてあった
アボカドの鉢にタネがこぼれて育ったぞ トマト!
Img_5525
花なんぞが咲き誇り 来るのか…?
Img_5527
明日から気温が10℃下がるらしいぞ。
実を付けたらなんのトマトだかわかるんだけどな…?
がんばれるかな…。

サツマイモ 収穫!

Img_5543
紅東と言うだけあってこの輝き!
Img_5536
Img_5537
さつまいも袋栽培 6袋のうち半分の3袋を収穫です!
収穫して2週間ほど陰干しすると糖度が一段上がるそうです。
ダッチオーブンで石焼き芋にしてみます。 お楽しみに!

袋で栽培の無施肥で放ったらかしでこの収穫!
最高でしょ…(大笑)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »