フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

-天気予報コム-

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月31日 (土)

たまねぎ 自立!

Img_5506
Img_5505
先日 定植を済ませた タマネギの小苗
植え替えをしたダメージで先端が枯れ気味ですが…
無事に根づいたようで自立をはじめます!

たまねぎ栽培には籾殻くん炭を敷くと良いらしいので
プランターの表面に薄く撒いてみます。

2009年10月30日 (金)

食用菊 収穫へ

Img_5499
昨年の11月に法事で新潟の親戚を訪れたとき
畑?をやっているなら持って行け!
と株分けしていただいた食用菊 無事に開花!
さっと茹でて三杯酢でいただきます。

枯らしてはいけない責任栽培でしたので…(安堵)
Img_5521
Img_5520
根元には来年の子孫たちが顔をのぞかせます。

2009年10月28日 (水)

打木源助大根 あと少し!

Img_5491
屋上で12号のポットで育てている 自家 源助大根。
白い肩を見せはじめると そこからは急速に成長していきます。
Img_5493
ポット栽培は10本!
あと一週間から10日ぐらいで完成かな…(笑)
Img_5496
ベランダで育てている袋栽培 源助も順調!
こちらはタネ蒔きを一週間ずらした時間差栽培ですので
白い肩はほんの少し見えたところ…(あっははっ)

屋上・ベランダ 大ダイコン畑 大豊作間違いなさそうです…(大笑)

2009年10月27日 (火)

Strawberry Time!

Img_5490
いま流行のストロベリーポットを使ってイチゴ栽培はじめます!
Img_5488
真冬のあいだ 室内の窓辺で温室栽培をしたいので
得意の微生物いっぱいの熟成培養土を使わず

虫が這い出てこない衛生的な土を組み合わせて使います。
Img_5489
腐葉土と赤玉小粒とイチゴに必要なカリ分が豊富な熟成牛糞堆肥を
1:1:1の等分で合わせて牡蠣殻石灰で中和した土を使います。
あとは様子をみながら これまた得意の液肥で追肥をして育てます。

イチゴは来年の春から12月ころまで実をつける
取り放題イチゴ わんさか という怪しい品種の四季なりなので…(笑)
たぶん…上手く育てられれば大収穫 間違いないでしょ!

カテゴリー イチゴをつくり栽培記録を残したいと思います!

本日の収穫!

Img_5485
台風が伊豆諸島沖を通過。
夜中に強風が吹いていたが それによる影響認めず!

朝からよい天気! きょうは野菜がググッと育つな〜。

すこし育ちすぎたかなぁーと思いつつ
みやま小カブを収穫!

2009年10月25日 (日)

河内一寸蚕豆 タネ蒔き。

Img_5456
昨年の秋からこの春にかけて
ベランダで10号の鉢で育てた
そら豆の中で最も大粒の大阪伝統種河内一寸蚕豆
その自家採種したタネを蒔きます。
Img_3750
Img_3742
乾燥させていた莢を開くと
ふわふわの天然の緩衝材に包まれて
大切に守られているんですね〜
まるで高級カメラケースのようだ!

タネ蒔きはお歯黒を斜め下に向けてと言う説と
水平に置くと言う説と…わたしは水平に蒔いてみます。

前作はベランダポット栽培 大成功でしたので
今シーズンは増産して8ポットで栽培してみます。


食用 菊花。

Img_5454
本日 競馬は菊花賞。
と言うぐらいだから…
我が菜園の新潟から来た食用菊も開花します!

さぁっと茹でて三杯酢でいただきます。

2009年10月23日 (金)

たまねぎ セット栽培。

Img_5450
Img_5449
小球から育てるたまねぎセット栽培
茶色いパリッとした薄皮を破り
つやつやの白い姿を現します。

このくらいの大きさでシチューに丸ごとでもおいしそー!

2009年10月22日 (木)

赤だいこん 復活!

Img_5447
先日の台風でズタズタになったヨーロッパ系赤ダイコン
徐々に復活の兆しをうかがわせます!

朝日を浴びると鮮烈な赤色ですね〜
Img_5443
収穫を間近にして抜き終わったら
タマネギに移行できるようたまねぎ苗を植えてあります(笑)

2009年10月21日 (水)

サツマイモ 試し堀り。

Img_5440
サツマイモの試し掘りです。
とったどーの収穫ポーズで…(笑)
Img_5435
だいぶ秋色になってきたサツマイモの葉っぱ
お芋の出来ぐあいを確認してみます!
Img_5436
お米の袋で育ててきたサツマイモ
昨年は大型プランターでつるボケ状態の結果でしたので
今季はほとんど無施肥のちいさな袋で放任育成…(笑)
Img_5438
お芋は2つですが…色合いは良い 紅東!
この袋が いちばん土が少なく成長が思わしくないヤツでしたので
ぜんぶ収穫すると豊作が予想されます…(嬉)

2009年10月20日 (火)

本日の収穫!

Img_5432
朝日をあびる カブ
みやま小カブが最盛期を迎えます!

ハクサイ 壊滅!

Img_5425
この秋 防虫ネットで防御して完璧に思えた葉もの野菜栽培
しかし…ネットをかけているのにこの虫の食害はなんなんだ?
Img_5426
チャレンジ的に育苗トレーでハクサイを栽培してみたが
う〜ん ハクサイは作れそうだったが…虫にやられた ><
Img_5427
Img_5429
ハクサイは相当 美味しいらしく昨年につづき壊滅!
結球する芯に向かって虫が侵攻していくので
なかなか捕殺できないのだー(怒)

タネを蒔く前の土の中にもう虫が潜んでいたのかなぁ〜(困惑)

お鍋に自家採り白菜作戦 あえなく失敗↓

2009年10月19日 (月)

タマネギの苗 定植!

Img_5418
夏の終わりにタネを蒔いて
苗づくりをしていたタマネギの小苗
Img_5419
Img_5422
えんぴつの太さ・20cm〜25cmくらいでしょうか
大きなプランターへ株間15cmで定植します。
Img_5424
根がついたら表土に薫炭をまき
ワラでマルチングをして寒い冬を越冬させます。

春には太ったタマネギをころころさせたいと思います。

2009年10月18日 (日)

肉厚! シイタケ。

Img_5401
この季節、ホームセンターで売り出している
栽培用シイタケは2種類あって
おがくずのブロックに菌を蔓延させた菌床栽培は
栽培が簡単で収穫量も多収だが
原木栽培の場合 環境が整わないとなかなか発生しない
Img_5407
しかし、固い木の皮を突き破って発生してくる原木シイタケは
その肉厚ったらずっしりと風格さえ感じられる!
Img_5416
お酒でかるく蒸してバター醤油で仕上げると
まるでアワビのステーキのような食感!
(いままで生きてきて数回しか食べたことないけど…)
たぶん…我が家のシイタケの方が旨いよーっ!

あぁ しあわせ〜(笑)

みやま小カブ 収穫開始!

Img_5411
昨年 我が家の環境で育った子孫のためか…?
成長が早いし カブもひとまわり大きいような気がします。
丸い形の親を選抜したので形もまん丸に…!

これが環境順応というものなのか…?
それとも 単なる親バカかぁ〜(笑)

いずれにせよ
みやま小カブ プランター栽培2年目 良い出来です!!

昨日の収穫!

Img_5413
きのうは運動会やらなんやらで
ネタは撮影してあったのですが…更新できず!
だんだんと秋の収穫物になってきましたね〜

小カブとシイタケが採れはじめました!

2009年10月16日 (金)

ダイコン 順調!

Img_5385
ダイコンが白い肩をのぞかせはじめます。
在来種の源助や聖護院は台風の影響をものともせず
順調に育成しております!
Img_5400
ここからすこし炭化鶏糞液肥で応援していきます。
油粕でつくる発酵液肥より臭わないなぁ〜
なんか温泉タマゴのような香り…(笑)
これなら都会のベランダでもいけるんじゃないか…?

2009年10月15日 (木)

究極の秋茄子へ!

Img_5398
昨晩の雷雨で野菜達はシャワーを浴び すがすがしい朝です!

ある茄子の栽培達人は11月の秋茄子が
とろけるように旨くって究極の秋茄子と称します。

昨年は10月の初旬であえなく茄子の栽培が終了。
究極の栽培までとどきませんでした…。
Img_5397
葉はまだ輝きを失っておりません!
花もまだ ちらほらと咲きつづけております。

昼間の気温と朝夕の気温差が美味しい究極の茄子を作るそうです!
Img_5386
到達できるか…? "究極の茄子"へ…!

2009年10月14日 (水)

復活の汐止め晩生葱 分けつ!

Img_5383
種採りを終え 一度はその命を全うしたと思えた おく葱
完全に生命を吹き返しましたね〜(凄っ)
つぎつぎに分けつをし増えていきます。
Img_5394
おく葱がタネをつけたときに
隣にあった伏見甘長のプランターにこぼれ種で芽をだした小苗。
先日、タマネギプランターへとリセットした時に救出。
汐止め晩生葱の第二世代の育成が始まります…(笑)

これで冬のお鍋の季節にはネギが賄えそうです!

2009年10月13日 (火)

シイタケ出現!

Img_5382
先月 ベランダでのシイタケの栽培の仕方を取材され
ホダ木をどのように手にいれましたと訪ねられ
10月の初旬に確かホームセンターに出回りますよと答えた。
自分のホダ木は伊豆の修善寺で手に入れてきたものだが…
記事になってしまう責任上 ホームセンターへ行ってみたら
ありました! ありました!!…(ほっ)

いま既設のホダ木も一年半が経ち
だいぶ疲れてきているようなので
新たに3本の増設をしてみました。

先日の台風の雨に当たりそろそろかなぁ〜とのぞいてみると
うっしっしっImg_5342
北側の日の当たらないベランダに
遮光シートで囲って…
Img_5379
シイタケ畑を作ってみました!
さて、投資した分のシイタケ 収穫できるのでしょうか???

2009年10月12日 (月)

みやま小カブ プランター栽培。

Img_5363
昨年からこの春にかけて自家採種したみやま小カブ。
その白い姿を現します。丸いです! 良形です!!
自分で種採りをした野菜は100倍 かわいいです!
Img_5360
すこしづつ収穫をしながら楽しんでいきます(嬉)

本日の収穫!

Img_5365
秋茄子は京野菜の加茂茄子と山科茄子。
そして 伏見甘長も! 京づくしだ…(はっは)
雲仙こぶ高菜とチンゲン菜の最終間引き菜。
今夜は野菜炒めでいただいてみよう…(歓)

2009年10月11日 (日)

本日の作業。

Img_5343_2
10月も半ば 秋晴れの本日
茄子と伏見甘長の一部を終らせて
タマネギの定植用に土をリセットする作業です。
Img_5345
茄子と伏見甘長のプランターには
乾燥防止用にトウモロコシの残さを敷いておりましたが
冬のタマネギ栽培では底土の赤玉大粒の上に置いてみます。
来年の初夏のタマネギの収穫時には土に還っているかな?
Img_5347
土を振るいにかけて古根を取り除き
土の隅々まで酸素をいき渡らせ
好気性バクテリアの活動を活性化させます。

コガネムシの幼虫はナス科の野菜がお好みか…?
ころころでてきますね〜

土が落ち着いたらタマネギを定植
オクラのポットにはソラマメを播種します。

オクラ終了!

Img_5357
毎日 収穫を楽しませてくれたオクラ
ソラマメに鉢を空け渡すために終了させます。

毎年 採種をくり返しているタネをとり
また来年につなぎます!
Img_5353
10号のポットで育てていたオクラ
今年 はじめて育てた八丈オクラはなんと2m60cm!
最後は収穫できませんでした…(笑)

わたしの自家採種をつづけているオクラは私の背丈ぐらい
そして、ソラマメの根瘤菌のチッソ栄養を利用した
無施肥栽培オクラはそれなりに私の胸ぐらいの成長でしたね。

今年もたくさんのオクラを収穫しました!
お腹の調子も絶好調でした…(笑)

2009年10月10日 (土)

冬越黒田五寸人参ポット栽培。

Img_5340
しなやかな葉を持つ人参は
台風の強風でも風をいなしほとんど被害を認めず!
やっばり日本の在来種は雨風にも負けず強いなぁ〜。

2009年10月 9日 (金)

損傷!

Img_5335
昨日の台風18号の爪痕は
わたしの菜園も例外では無く容赦なく襲いかかりました。
防虫ネットで守られた野菜たちは防風の役割も果たし無事!
源助や聖護院は葉が固いのでそれなりに被害はあるものの
なんとか今後の育成には支障がないかなぁ〜という感じ。
Img_5336
Img_5338
葉のやわらかい赤ダイコンや黒ダイコンの
ヨーロッパ系が被害が甚大ですね〜
あちらは台風がないのか…?
遺伝子に防風情報が刻まれていないのですね(笑)

そういえばわたしの源助はタネができるときに
春の嵐を経験させているので大丈夫! 復活できるでしょう!!
Img_5339
ジャガイモも傾いてあっちこっち葉が傷んでおります。
菜園 壊滅までに至らなかったことが幸いです。
彼らの生命力を信じ復活をさせたいと思います。

2009年10月 8日 (木)

台風接近!

Img_5333
台風が接近中!
TVでは只今 愛知県に上陸とか…
今朝の東京はまだほとんど風はないのですが
プランターの野菜たちは連日の雨で
水を吸いすぎているのかダイコンもジャガイモも
反っくり返って倒れていますね〜
もう 水はいいやと嫌々をしているように見えます。
屋上畑 これから暴風圏内に突入です…
なにごともありませんように…(心配)

2009年10月 7日 (水)

原木シイタケ 雨当て。

Img_5320
9月にあまり雨が降らず
乾燥ぎみだった原木しいたけ
台風の接近とともに たっぷり雨に当てます。

そろそろ 椎茸の発生季節です!

2009年10月 6日 (火)

秋ジャガ ポット栽培。

Img_5308
Img_5289
秋のジャガイモ栽培 順調に育成中!
写真は昨日の朝の状態です。

そろそろ土増しをして子芋ができるスペースを広げます。
が…巨大な勢力の台風が接近中ですね〜
屋上畑になんらかの被害が予想されます…。
対強風防御態勢で備えますが…どうか無事に通過しますように(祈)

2009年10月 5日 (月)

聖護院大根 ポット栽培。

Img_5311
京野菜の聖護院大根
9〜10号のポットで育てます。
まん丸の大きな大根ですが意外に土が浅くても大丈夫!
葉をいっぱいに拡げ元気に成長中!
他の大根に比べ葉が固いので虫の穴あきが少ないように感じます。

2009年10月 4日 (日)

10月の菜園!

Img_5295
Img_5296
Img_5301
10月の屋上畑は
夏野菜の残りと秋野菜の混在なので混み混みです。

9月に一時殺風景になっておりましたが
ダイコン・カブ・ジャガイモ・葉もの系の葉が
大きく広がってきましたので また緑の菜園に!
Img_5303
ダイコンは少々の虫の食害には耐えられるので
そのまま育てていますが…
自分が食べる前に虫に食べられてしまいそうな
ハクサイや高菜、カブなどはネットで守っております。

毎朝 菜園で野菜を観察する時間が至福の時ですね〜
Img_0590
毎朝のブログは こうして撮影されます…(あはっ!)

本日の収穫!

Img_5314
日々の収穫で季節の移ろいが感じとれます。


しその実 収穫!

Img_5304
しそ穂 収穫しました!
ということは…
お刺身を買いに行かなくては〜
白身が良いなぁ〜(笑)

シシトウがんばる!

Img_5313
伏見甘長とうがらし まだがんばっております!
秋の陽射しの方がツヤツヤの実になるようです。
Img_5298

2009年10月 3日 (土)

さつまいも袋栽培。

Img_5292
Img_5291
Img_5294
Img_5293
サツマイモ 紅東を袋で育てております。
カボチャの棚につるを絡ませたものと
屋上の手摺を使って絡ませたものと…
ほぼ無施肥状態で育てましたがどうでしょ?
収穫まであともう少しお芋の成長に期待しましょ!

2009年10月 2日 (金)

食用菊。

Img_5281
食用菊が蕾をたくさん着けはじめます。
Img_5278
冷涼な気候を好む菊は新潟や山形で栽培が盛んです。
夏の屋上では陽射しが強すぎるかなぁ〜と思い
夏のあいだ カボチャの棚の陰で育てていましたが…
日照が足りなかったのか?
それとも やはり屋上は暑すぎたのか?
どちらだか解りませんが…
秋になっていちばん環境の良い場所に移したら
下葉は枯れてきいるのですが
蕾をたくさんつけて なんとか花は咲きそうですね〜
開花したらまたご報告しましょ!

虫とり。

Img_5274
毎朝、この虫との戦いです!
わたしが仕事に出かけている日中に
親虫は産卵して行くのでしょうね〜
捕っても捕ってもです…(汗)

2009年10月 1日 (木)

たまねぎプランター栽培 育苗中!

Img_5269
Img_5273
タネから育てるタマネギ
11月の定植に向け苗を育成中!

ふつう えんぴつぐらいの苗に仕上げるというが…
もうイイ感じになってきた〜

ナスとオクラが終ったら土をリセットして
タマネギを植えましょ〜

それまで この狭いちいさなプランターで
がんばって育苗していきます…(笑)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »