フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

-天気予報コム-

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

ノビルが伸びる。

Img_5235
Img_5236
夏のあいだ 姿を消していたノビルが出てきました。
ほんのりと葱の香りがしますね〜
秋に新芽がのび来春の5月ごろ花が咲くそうです!

2009年9月29日 (火)

本日の収穫!

Img_5266
September Rain 九月の雨という歌がありますが…
九月の終わりになって久しぶりの雨の東京です。

順調だった秋茄子が急減速ですね〜
花が咲かなくなってきました。

京野菜の山科茄子を収穫です!
火を通すとトロトロの旨茄子になります…(最高!)

ゴーヤもこの大きさで収穫しないと
すぐに黄色く熟してしまい破裂してしまいます。

オクラもそろそろ終わりですね〜

屋上菜園の模様がいよいよ秋野菜主体へと変っていきます。

2009年9月28日 (月)

My 打木源助大根。

Img_5232_2
昨年育てた加賀伝統野菜の打木源助大根自分で採種した大根が元気に育つと感無量ですね〜
Img_5231
12号のポットで先日 一本立ちさせた幼苗は
葉を放射状に拡げ太陽のエネルギーを一身に集め
急速に成長していきます!
Img_5233
My源助は屋上で10本の栽培!
昨年 育った環境のタネなので
なんとなく調子がいいように感じます(親ばかかぁ?)
Img_5237
ベランダでは源助大根の袋栽培!
透明の袋が太田種苗系の源助
グリーンの袋が野口種苗系の源助
My源助の母本なのですが…
収穫時にその形質を比べてみます。
そしてお眼鏡にかなったものを
来年の種採りにする企み…(ウフフッ)


2009年9月27日 (日)

本日の収穫!

Img_5245
2回目の間引き作業です!
連日の好天に恵まれ葉もの野菜が豊作です!

葉もの野菜 間引き作業!

Img_5239
Img_5240
日曜日はゆっくりと菜園の仕事ができます。
朝から葉もの野菜の間引き作業です。

雲仙こぶ高菜・小カブ・チンゲン菜の収穫をします。
Img_5241Img_5242
株の間隔を2〜3センチに拡げます。
2、3日もすればぐーんと隙間を埋めて大きくなります。
Img_5244
チンゲン菜はもう その形に…蠣油時菜にしていただきます!
Img_5255
はじめて見る・たべる こぶ高菜 。
Img_5253
極上のイタリアのオリーブオイルで
サラダていただきます…(しあわせ!)

2009年9月26日 (土)

みょうがプランター栽培 豊作!

Img_5227_2
ミョウガの花が咲きます!
花が咲くと香りが逃げてしまうそうです。
Img_5225_2
ミョウガの収穫が最盛期を迎えました!
朝採りをお味噌を和えてミョウガ味噌
ごはんが何杯でもいけちゃいます…(笑)
Img_5230_2
夜は旬のサンマのお刺身の薬味にして
その香りを楽しみます…(喜)

2009年9月25日 (金)

攻防!

Img_5220
ダイコンの成長に伴い虫との攻防が…
朝の虫探しの時間が増えてきました…(汗)
Img_5215
Img_5218
葉の穴あきとおびただしい糞の痕跡で追跡します。
Img_5217
Img_5180
オクラにもこの通り…(ムッムッ)
Img_5222
最近 カエルの棲家がわかりまして…
捕らえたアオムシはカエルにプレゼント…(ハッハッ)

しその花。

Img_5213
しその花が咲きはじめました。
白くて可憐なちいさな花です!
Img_5214
アオムシより恐ろしいわたしの食害により
丸裸のしそですが…(笑)
この夏 薬味としての使命を存分に果たしてくれました。
このあと しその実の香りを楽しみたいと思います。

2009年9月24日 (木)

葉もの野菜 プランター栽培。

Img_5205
ハクサイがいい調子です!
プランター栽培ですので…
いま、流行のF1ミニ白菜。
Img_5203
60センチのプランターに3つ育てます。
Img_5208
チンゲン菜栽培
そろそろ2回目の間引きですね〜
もう チンゲン菜としての味が楽しめそうです!
Img_5209
はじめて その姿をうかがう 雲仙こぶ高菜。
間引き菜はサラダでも炒めても美味しいそうです。
こちらも間引きながら収穫です…(笑)

2009年9月23日 (水)

真黒茄子 採種!

Img_5170
真黒茄子のタネを採種します!
開花から2ヶ月の間 実をぶらさげていた採種用茄子
Ca3c0058
無施肥栽培の茄子。
Img_5024
屋上プランター栽培の茄子
Img_5160
左が液肥によるパワー栽培の種採り用
真ん中はふつうに食べる時の収穫サイズ
右が無施肥栽培の種採り用
2ヶ月すぎてもツヤツヤしているのが印象的だ!
Img_5164
Img_5166
実を裂きながらもみ洗いをするようにタネを外す。
浮いたタネや実のかけらを洗い流し
沈んだタネだけを天日で乾燥をさせる。
Img_5167
実のちいさかった無施肥栽培のほうが
若干 タネが充実していて大きいように感じる。
来シーズンはこのタネで茄子栽培を展開します!

2009年9月22日 (火)

ヤマイモ ムカゴ 収穫!

Img_5156
ヤマイモのムカゴがポロポロと落ちはじめたので収穫です!
Img_5151
ゴミ箱で栽培しているヤマイモ。
今年もムカゴ収穫です。
Img_5153
細長いヤマイモを育てるため
ゴミ箱を流用したプランター栽培。
この中には一昨年のムカゴと昨年のムカゴが植えてあります。
11月になったら掘り起こして大きさを比べてみましょ。

保護色。

Img_5138
Img_5139
先日 ネギの植え替えを行うため
プランターを動かすと台座のところに
いつものアマガエルが潜んでおりまして…

アマガエルって体色を変えることができるのですね〜(驚)
だから"かえる"というのか…???

台座の朽ちた木の色に見事に同化して
ヘビのような紋様まで入れて…

別のカエルがもう一匹いるのかぁー と思ってしまいました。

このあと ゴキブリの幼体が歩いていると
すばやく追いかけていってパクリッ!

すごいハンターです!!

2009年9月21日 (月)

本日の収穫!

Img_5159
すべてのダイコンを一本立ちさせる。
いったい 何本のダイコンを育ててるのだろー?

シシトウをついている実を全部はずして
残りの成育期間で質の良い物を少量作ろうと思います。

秋茄子は順調!

2009年9月20日 (日)

ド・根性汐止め晩生葱 復活!

Img_5140
わたしの菜園のオブジェ化していた
ド・根性ネギ
自家採種を終えて虫たちに分解され枯れ果てていたと思っていたが…
秋風が吹くと復活してきましたね〜 なんというド・根性!
Img_5142
この生命力の強さに敬意を表し
きれいに掃除してプランターに植え込みたいと思います。
Img_5144
根が残っていればタネ蒔きは不必要なのか…?
冬のお鍋の時期にはまた大活躍ですね!

枯れても処分せずに株をとっておいた
わたしも また ド・根性だが…(笑)


2009年9月19日 (土)

本日の収穫!

Img_5137
この時期にしか食べられない
ダイコンのおろぬき菜。
これもまた 家庭菜園家の醍醐味です〜〜(笑)

ダイコン 一本立ち!

Img_5131
源助だいこんの成長が早いです!
畑では5〜6枚の本葉で一本立ちと言われてますが…
健康に育っているのでプランターでは早めに一人立ちさせます。
Img_5132
間引いてみると
もう 源助の白い根が伸びていますね〜Img_5133
一本立ちさせることによって
栄養を独り占めし 尚一層 成長に拍車がかかります。
Img_5134
抜いた間引き菜は
"おろぬき菜"といって
ほんのりとダイコンの辛味の香りがして
葉はやわらかくサラダに最適です!!

2009年9月18日 (金)

秋ジャガ 発芽!

Img_5127
だいぶ肌寒くなってきた朝です。
今朝はジャガイモの発芽を発見です!
Img_5125
昨年の秋ジャガから自家種芋で育てる赤ジャガ。
9号のポットにひと株植え。
Img_5123
屋上の端のラインにずらりと並べ…
ジャガイモが芽吹いてくると
また 緑の屋上になってきますね。。。

2009年9月17日 (木)

本日の収穫!

Img_5116
Img_5108
菜園の世話を朝 活動しているわたし。
日の出とともに水やり・観察・虫探し・収穫・撮影・プログ
最近、真夏と違い日が昇る時間が遅くなり
活動時間が短くなってきた…(汗)
忙しいよー 朝。><

茄子の女王。

Img_5120
茄子の女王と称される京野菜 加茂茄子
その秋茄子とくれば至極の茄子ですよね〜(笑)
Img_5115
だんだん花の数が減ってきましたね〜
最高の茄子 楽しみたいと思います…(笑)!

間引き菜。

Img_5106
秋の葉もの野菜
高菜・白菜・チンゲン菜・小カブ
怒濤の発芽ラッシュ!
Img_5105
プランター栽培と
実験的に育苗トレーで小カブ・白菜などができるか?
虫に攻撃されないようにネットで防護して育てます。
Img_5111
収穫した間引き菜はスプラウトサラダで!
活きた野菜を食べると元気が湧きます…(大喜)

2009年9月16日 (水)

しあわせの黄色いバケツ 再開!

Img_5099
アブラナ科に付くアブラムシの
コロニーを作る前の有翅アブラムシを捕らえます。

¥100均で買った黄色いバケツに水を張るだけ!
Img_5100
たった一日でこの通り
わたしの菜園では3ヶ所に設置。
安全・無害・簡単!!

ゴーヤ がんばる!

Img_5087
早朝 秋の空です!
太陽の位置が低くなると
ゴーヤは最後の力を振りしぼり
たくさん実を着けだすそうです。
Img_5088
まだ ツヤツヤのゴーヤが収穫できますが…
Img_5102
そろそろ終わりが近づきつつあります。
新鮮なゴーヤは また来年まで食べられないので
しっかり味わいたいと思います!

2009年9月15日 (火)

かぼちゃ 終了!

Img_5081
カボチャ 自ら落下して終了しました。
落下したその下にはサツマイモの袋栽培があったため
カボチャの実は無事に収穫できました。
Img_5083
加賀伝統野菜 打木赤皮栗かぼちゃポリバケツ栽培
がんばりました〜 2株で4果の収穫!
甘くておいしいカボチャです!!

ダイコン間引き。

Img_5094
ビールの缶で土を圧して
その円に5粒づつ タネを蒔いたダイコン。
Img_5092
まずは…5本から3本に間引きます。
この間引き菜はウズラではなくて…
わたしがカイワレサラダでいただきます…(嬉)

今朝のカエル。

Img_5073
Img_5076
雨が降るのかなぁ〜。
伏見甘長とうがらしの陰からアマガエルくん。
冬眠まで棲みいてくれそうです…(笑)

2009年9月14日 (月)

ペットボトル液肥 改!

Img_5050
わたしの菜園のPowerの源 ペットボトル液肥。
ベランダ菜園には使いやすくっていいんだけど…
マンションのベランダでは あの臭いがちょっと…
なんとかなりませんか? と言うご相談をいただいた。

わたし的には大好きな"新島のくさや"と同じで
慣れてしまえば なーんともないのだが(笑)
Img_5047
そこで…
ペットボトルにお出かけ用給水キャップをつけ
中に目詰まり防止に不織布を先端に入れ
備長炭・竹炭・もみがら薫炭をいれます。

炭 1立方センチメートルの表面積は
テニスコート1面分と何かのCMで見たことがある。
Img_5053
Img_5062
この濾過装置を通過させることによって
あの臭いを消臭することができるのか?
炭によって液肥の栄養が吸着されてしまうのか?
もみがら薫炭のカリ分を補い
更なる万能液肥となるのか?

臭いを和らげるための作業なのに
この作業自体 ものすごく臭くって家族には不評です(笑)
Img_5068
それともうひとつ。
臭わないとうたってある
炭化鶏糞で液肥を作ったらどうなのでしょ?

今は、鼻が曲がってしまい判別不能ですので
実験結果は後日!

2009年9月13日 (日)

ベランダ菜園 循環農法!

Img_5033
Img_5041
秋冬野菜のたね蒔きを終え
我が菜園は怒濤の発芽ラッシュを迎えます。

意識的に少し多めに蒔いて発芽したフレッシュスプラウト。
まずは、その間引き菜をウズラたちに与えます。
Img_5039
久しぶりの活きた野菜をパクついて大喜び!
そして彼らから鶏糞をいただき
ペットボトル液肥として発酵させ
野菜たちの肥料として還元させ循環が成り立つのです…(笑)

2009年9月12日 (土)

打木赤皮栗かぼちゃ 採種。

Img_5004
追熟させていたカボチャを食べました。
ホクホクというよりもねっとりとした食感で
その名の通りに栗のようなさわやかな甘さの味でした。

いままで作ったカボチャの中ではいちばん美味しいかなぁ〜。
Img_5032
そして、もちろん、タネは自家採種!
タネを水洗いして乾燥させると
ヌルヌルしていたヌメリはオブラートのように
パリッと剥がれてふっくらしたタネに。
蒔いたときのタネはもっと薄っぺらかったのに〜?
Img_5006
大切にしすぎて追熟させすぎたか…?
カボチャの実の中で発芽体制をとるタネたちも…。
あと、3果あるのでぜんぶタネを採ってみようと思います…(笑)

2009年9月11日 (金)

信州たたら辛味大根。

Img_5028
信州の地大根 たたら辛味大根。
1712年の古文書に蕎麦の薬味に推奨という
文献が残っているほど蕎麦に最適の辛味大根。

わたしの母方の故郷が信州なので
戸隠の辛味大根は知っていたのだが…。

昭和4年に一時消滅したらしいが。
わずかに生き残っていたものを復活させた。
これもまた物語をもつタネである。
Img_5029
表面が赤紫色の大根で中は白。
すりおろすとピンクになる大根らしい〜。

発芽してもうすでに茎の下の方が赤紫に!

タネの袋を見てもわかるように今どき180粒で100円!
サイドバーにある信州山峡採種場で手に入れたのだが
大根のタネを採るには自らの経験で一年の4分の3を
畑を占有してしまう手間のかかる仕事なのに・・・
採算があうのか心配になってしまう。

たくさんタネが売れて
たたら大根が全国の家庭菜園で育ちますように
わたしの日記でも応援していきましょ…(笑)

mixiのマイミクさんが焼畑農法でソバを育てるそうなので
これはもしや…と傍らで
薬味大根 信州たたら大根を育てて期待しましょ…(笑)

mixiもHanna-papaで。。。

2009年9月10日 (木)

本日の収穫!

Img_5026
しつこいようですが…記録ですので…(笑)
秋茄子が美味しいです!
毎日たべてます!!

たまねぎプランター栽培 発芽!

Img_5015
セット栽培の小たまねぎ…起動しました(笑)。
Img_5007
タネから苗を育てるたまねぎも
細〜い 針のような芽をもちあげます。

2009年9月 9日 (水)

ミョウガ プランター栽培。

Img_5009
近頃、サイドバーの検索フレーズで上位を占めるミョウガ。
ミョウガのファンの皆様 お待たせ致しました!

ミョウガには初夏に花芽がつく夏ミョウガと
今頃に花が咲く秋ミョウガがあるのだが…
わたしのは秋ミョウガですね〜
Img_4997
夏の直射を避けるように
北側の壁に寄り添うように育ててきたミョウガ
なんとか暑い夏を乗切りました〜。
Img_4998
そろそろかなぁ〜と水を与える時に覗いていたのですが
ようやく本日、花芽が顔を出しましたね〜
Img_5008
今朝の収穫は3つ
日本固有の香辛野菜
秋の味覚とともに その豊かな香りを楽しみます…(嬉)。


2009年9月 8日 (火)

本日の収穫!

Img_4996
屋上菜園の恵みに感謝です!
野菜の摂取量は普通の方の何倍ぐらいになるのだろう…(笑)

秋茄子 絶好調!

Img_4992
Img_4993
秋茄子が最盛期ですね〜
でも、ちょっと 花の数が減ってきたかな。。

カメムシ。

Img_4936
エダマメに棲みついていたカメムシ。
収穫を終え行き場を失ったカメムシ
菜園の中をうろうろ 路頭に迷っております。

ダイコン発芽!

Img_4989
赤ダイコン・黒ダイコン発芽!
Img_5017
Img_5016
自家採種 源助大根も元気に発芽です!
はじめて自分で採種したタネですので…ひと安心(ホッ)

2009年9月 7日 (月)

雲仙こぶ高菜 播種。

Img_4971
長崎雲仙の稀少伝統種で
食材の世界遺産「味の箱舟」に選ばれている雲仙こぶ高菜。

物語をもつ野菜を育てるのが好きですが…
このタネ自体も物語をもちます…(笑)

長崎のプロ農家 岩崎政利さんのひと株が
家庭菜園雑誌『野菜だより』の編集部に渡り
そのオフィスの屋上でプランター栽培され
自家採種されたタネが なぜか? わたしの手に…。
岩崎さんちの種子採り家庭菜園

キャベツぐらいの大株になるそうですが
コブが出現するまでプランターで育てられか…挑戦です!

2009年9月 6日 (日)

I Love ¥100均。

Img_4967
支柱もいろいろ
全長180センチ12ミリ径の大型支柱も100円だぁー。
防虫・霜よけ不織布シートも100円!
Ca3c0051
支柱を板に固定するためその径にあった穴をあけなければ…
迷わず¥100均へ…鋼材の材料費にもならないと思うのだが
恐るべしダ○ソー たすかる〜(喜)
Img_4965
Img_4966
この100円のカゴがすぐれもので…。
プランターの土をリセットする時に
底に敷いている赤玉大粒と古根を見事に分離
5面で振るうので仕事が速いです!

秋冬野菜の支度 完了!

Img_4975
Img_4978
秋冬野菜のタネ蒔き 待った無しです!
早朝6時から作業にとりかかります…(汗)

昨日 収穫を終えた枝豆を片付け秋ジャガの植え込み
ダイコンもいろいろ! すへてのタネ蒔きを完了しました。

葉もの野菜と小カブのタネを蒔き
U字支柱を建て虫除けネットを張ります。
Ca3c0048
露地の畑ならば土中に支柱を挿せば済むことなのだが…
屋上のコンクリートの床ではそうはいかぬ。
Ca3c0050
板を敷き支柱の径にあわせた穴をあけ
U字支柱を固定します。
Img_4987
早朝から夕方まで丸一日の作業です。
冬野菜の支度なのに日焼けして真っ黒です。

よく焼けていますね〜ゴルフですかぁ〜と聞かれるので
いえ! 畑ですって答えると 目を丸くしてアラッと言われます…(笑)

秋冬の屋上菜園 準備完了です!

秋ジャガ 種芋植え付け。

Img_4961
Img_4963
初夏に自家採種した種芋を植えつけます。
9号のポットに6〜7分目まで土を入れ
成長に伴い順次土寄せをしていきます。
秋ジャガはまだ暑いうちに植えつけるので
種芋が腐ってしまわないように丸ごと植え込みます。

2009年9月 5日 (土)

だだちゃ豆 収穫!

Img_4940
茶豆と言うぐらいなので…うぶ毛が茶色だ!
数ある枝豆の中でも"だだちゃ豆"という名で
全国にその名を轟かせるブランド枝豆
山形の庄内地方が産地だが…
東京の屋上の植木鉢栽培で作ってしまった…(笑)
Img_4947
収穫作業を手伝ってもらい
採り立てをビールといっしょに…(喜)
Img_4960

益虫 カマキリ。

Img_4930
エダマメの収穫をはじめようと
豆の出来ぐあいを確認していると…現れました!
枝豆の枝になりすまして獲物を待っています。
彼がわたしの菜園に果たした功績は絶大ですね〜。

2009年9月 4日 (金)

本日の収穫!

Img_4931
秋茄子が最盛期を迎えました。
ゴーヤが小さくなってきましたね〜
伏見甘長とうがらしはまだまだ調子いいです…(笑)

だだちゃ豆 完成!

Img_4920
だだちゃ豆 実入りOK!ですね〜
明日の朝 収穫をしたいと思います。
9号ポットに3本仕立てで育てました。
収穫を終えてポットと場所があいたら
秋ジャガに移行したいと思います。
Img_4918

2009年9月 3日 (木)

カラフル大根。

Img_4927
Img_4921
地味な色合いになりがちの冬野菜
白い大根ばかりでは寂しいので
色のついた大根も育てていきます。

最近、お気に入りのタネ屋さん「たねの森」から
赤大根と黒大根のタネを取り寄せます。
かわいらしいパッケージの裏には
「この種子は農薬や化学肥料を使わずに
栽培・採種された自家採種可能な固定種です」とあります。
うん。いいじゃないですか〜 我が菜園にぴったし(親指)

そして野口種苗さんから青丸紅芯大根。
源助大根の脇を彩るカラフル大根たち期待しましょ!

2009年9月 2日 (水)

Hanna源助大根 たねまき。

Img_4923
Img_4916
なにごともなかったように…(薄笑)
いつも通りに朝から菜園作業です。

満を持して自分で種採りをした打木源助大根
20リットルのポットにタネを蒔きます。

さてさて 芽が出るか心配ですね〜

ベランダ・屋上菜園 秋の大根栽培
My 源助を筆頭にいろいろな大根を育てます。
種蒔きをしながら順次 ご紹介していきますね!

2009年9月 1日 (火)

たまねぎプランター栽培。

Img_4907
たまねぎを育てます。
Img_4910
ちいさなプランターにタネを蒔いて苗をつくり
11月に定植し来年の6月収穫目標の長期戦。
品種は実って姿を現すまでのお楽しみにしましょ…(笑)
Img_4914
もうひとつは いま、ホームセンターに売っている
ホームたまねぎセット栽培。
晩秋に収穫できてやわらかくて甘いたまねぎが魅力的!
Img_4915
60センチのプランターに子球を10個植えつけます。
植えつけると言っても ただ土の上に置くだけ〜
これで成長スイッチがONになる…不思議!
秋のたまねぎ栽培 準備完了!

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »