フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

-天気予報コム-

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

I Love ¥100均。

Img_4906_2
ベランダ・屋上菜園も私のように大規模農園?になると
いろいろと菜園資材でお金がかかることがあります。

私の場合、まず、ホームセンターに探しにいく前に
¥100均一 ダ○ソーを物色します…(笑)

カテゴリー I Love ¥100均と題して
お気に入りのグッズを紹介していきます。

まずはレーキ。
土を均一に混ぜる、古い根をとりだす
春と秋の土づくりには大活躍
もう、4年使い込んでいるので
道具としての風格が…でも105円(笑)

屋上菜園 耕す。

Img_4905_2

東京は久しぶりの雨。
耕した土に染込んでいきます。

秋の葉もの栽培用のプランター
U字の支柱を立て虫除けのネットを張ろうかなと思案中!
Img_4904
60センチプランターではネギ類を…
ポットは持っているものすべてを使ってダイコンを育てます。
さてさて、秋冬野菜 ぼちぼち タネを蒔いていきます。

2009年8月30日 (日)

本日のカエル&ヤモリ

Img_4897
スイカの森?を片付けていると
久々にカエルくんを発見!
Img_4890
だいじょぶ! 太っています。
元気そうで安心しました…(笑)
Img_4898
しばし エダマメの森?へお引っ越しです。
Img_4901
わたしの菜園の食物連鎖の頂点に君臨する
カエルくんとの双璧 ヤモリくんも姿をみせました。
彼らのお陰で虫の数が調整されているのかもしれません。
Img_4887
スイカの葉をバサバサやっていると
ナナホシテントウも行き場所をなくし
抗議しにわたしの手にとまります。
こちらも茄子の葉にお引っ越しをお願いしましょ…(笑)


プランターすいか栽培 撤収。

Img_4885
Img_4880
Img_4881
我が屋上菜園の中央に配置されているスイカグラウンド。
その位置からメインとされる
わたしの思い入れが計り知れる。
Img_4903

一回目の収穫で6玉収穫して
うらなりで4玉の収穫の高収穫のスイカでした。

本日収穫したスイカは授粉から約30日経過しているので
あと一週間ぐらい追熟させてから食べてみます。

菜園の中央で主役級の扱いをうけていたスイカ栽培
本日 片付け撤収しその座を冬の主役野菜に明け渡します…(笑)


2009年8月29日 (土)

本日の収穫!

Img_4876
また 残暑が戻ってきました。
秋茄子が収穫量を増やしていきます。
トマトはだんだん少なく…(寂)
オクラ・シシトウは毎日!

トマト終焉。

Img_4864
Img_4866
Img_4865
最後のトマトたち
ホワイトカラントとタイ・ピンクエッグがまだ実をつけます。
青い実が赤くなって穫り終えたら片付けなのですが…。
エアルームのトマトたち
ものすごい 収穫量でした。

2009年8月28日 (金)

秋の準備。

Img_4867_2
Img_4868_2
ベランダ・屋上菜園
年に2回目の ものすごい忙しい時期を迎えます。
夏野菜を片付け秋冬野菜の準備をします。

日の出とともに作業をしますが
仕事から帰宅した夜も土をひっくり返します…(汗)
Img_4872_3

土の中にはこんな命も誕生しておりますね〜
堆肥熟成タンクで腐葉土分解の仕事をしていただきましょ。

足早に訪れる秋の気配
冬野菜の善し悪しは この種蒔きの時期がものを言うのです!
急げ〜〜

2009年8月27日 (木)

2009トマト自家採種完了!

Img_4861
今年育てたトマトたち
来年にその命を継承する種採り すべてを完了!
Img_4164
Img_4856
これぞとお眼鏡のかなったトマトの果実を
袋にいれて軽く発酵させます。

発酵を促すことによって抗生物活性という作用がおこり
タネが原因の細菌病を防ぐ効果があるのだそうだ。
Img_4166
きれいに水洗いをし
キッチンペーパーで拭って
Img_4332
お日様にあてて乾かして完了。
本業の印刷関係で使う防湿紙で包んで
ケースに乾燥剤を入れ冷蔵庫で来春まで保管です。
Img_4851
発芽試験? では…。
いやいや これはこぼれたトマトから発芽したもの
発芽率ほぼ100パーセントを誇ります…(笑)

アロイトマトをはじめ
エアルームトマトたち 大豊作でした!!!
また新しいトマトを探しつつ
今シーズン大活躍してくれた我が家のトマトたち
また来年も大切に育てていきたいと思います…(感謝)

2009年8月26日 (水)

秋茄子 収穫はじめます!

Img_4852
Img_4853
真黒茄子・加茂茄子・梨茄子
いよいよ秋茄子の収穫がはじまりました。
初夏のナスとまたひと味 違うんですよね〜
今晩は久しぶりにナスのお料理が楽しめます(喜)

2009年8月25日 (火)

チマ・サンチュ 採種へ。

Img_4839
かきちしゃ チマ・サンチュ タネができました。
Img_4844
自家採種できるのは嬉しいのですが…
弾けてしまうと屋上菜園中
チマ・サンチュ雑草状態になりそうです…(冷汗)
Img_4848
タネが蔓延しないうちに刈り取り
サンチュ栽培を終了せねば!

2009年8月24日 (月)

屋上菜園 人参ポット栽培 間引き。

Img_4807
Img_4813
繊細な葉をお互い支え合うように育ってきた黒田五寸人参
そろそろ間隔をあけ一本立ちさせます…とその前に。

本日のカエル
ニンジンのポットに顔をだします…(ケロッ)
Img_4831
Img_4837

Img_4838
このくらいのニンジンの幼葉は
香りが良くサラダでいただいても美味しいし〜
本日の晩ご飯はかき揚げだなっ〜!

2009年8月23日 (日)

茄子 復活!

Img_4821
Img_4823
屋上菜園 茄子栽培
剪定更新から3週間
花がたくさん咲き始めます。
Img_4829
めしべがおしべより長いと
土の中の栄養分が充実している証です!
Img_4826
京野菜 加茂茄子
また収穫がはじまります…(嬉)

2009年8月22日 (土)

自家採種 相模半白胡瓜。

Img_4225
Img_4224
来シーズンのために命を紡ぐ種採り!
30cmに育った半白きゅうり 追熟をさせタネを採種します。
Img_4226
こんなに大きな実なので
びっしりとたくさんタネが詰っていると思いきや…
しっかりと育っているのは実の下の方だけ。

そう言えば…キュウリのタネって数粒しか入っていないのに
けっこうなお値段がしますよね〜
こういう訳だったのね〜 納得!
Img_4328
ヌメリをひと粒づつ キッチンペーパーで拭い
天日で乾燥させ冷蔵庫で保存します。
Img_3231
今シーズン 昔ながらのその味と姿を
みごとに示してくれた相模半白胡瓜

来シーズンのプランターきゅうり畑?は
その遺伝子を継承したこのタネで展開させようと考えます!

2009年8月21日 (金)

本日の収穫!

Img_4818
オクラ8本の栽培で収穫は毎日!
マイブーム オクラデトックス。流行りそうな予感!

本日のカエル。

Img_4783
Img_4777
Img_4779
会社の玄関先のビオトープ水槽の前で保護したカエル
わたしの家の屋上菜園に放したところ…
大丈夫そうですね〜元気です!

今朝、種採り用の巨大真黒茄子にしがみついておりました。
昼間は残暑がきびしいですが
朝夕はやさいに水を与えて湿度は保っているし
エサとなるちいさな虫たちもたくさん確認できるし

毎朝 出会う楽しみがひとつ増えましたね〜(笑)
だんだん カエルブログになっちゃったりして〜〜。

2009年8月20日 (木)

本日の収穫!

Img_4794
Img_4796
Img_4801
Img_4802
Img_4805
エアルームの原種系のトマトたち
とどまることを知らず勢いで実をつけていきます。
すごい…(驚愕)

イモムシの季節!

Img_4681
朝夕の気温が下がってくると
イモムシたちが活性化してきます。
Img_4685
わたしの指ほどの大きさのイモムシ。
ヤマイモ専門に寄生するスズメガの幼虫です。
わたしの菜園から半径2km以内で
ヤマイモを育てている人はいないと思うのですが(たぶん)
毎年お約束のように来ますがどこから来るのでしょ?
我が家が発信地か…(笑)Img_4679
イモムシがいるかどうかは
この糞で確認できます。
Img_4680
ヤマイモの葉 純度100パーセントの
固形肥料?を量産してくれます…(苦笑)
Img_4641
空芯菜の葉にはシャクトリムシ。
秋が近づくと虫たちが 俄然 活気づきますね〜。

オクラ デトックス!

Img_4784
最近 "デトックス"と言う言葉をよく耳にする。
解毒・排毒という意味で
様々なサプリメントやお茶などが注目を浴びている。
Img_4803
もともと整腸作用があるとされているオクラだが
毎日 たべていると… これがすごいのなんのって…(笑)
わっーっ! こんなにーっ!! ってぐらい 快○!!!
からだの中の毒素をぜーんぶ排出 。
なかなか自分で育ててないとたくさん食べられないけど
たぶん どんなサプリメントよりも安全で効果絶大だなぁ〜!

オクラデトックス どうぞお試しを…(大笑)

2009年8月19日 (水)

アマガエル 保護。

Img_4764
今年の春先まで 我が家の玄関先に設置してあった
ビオトープ風メダカ水槽
(この水槽 わたしのプランター野菜栽培理論の原点なのだが…
詳しくは後日記事にします!)

トマト畑?を増設するにあたり
会社の玄関先に移設してあるのですが…。
Ca3c0054
昨日の朝 出勤してみると
水槽の前の植え込みに跳ねるものが…(びっくり)

近くには田んぼも畑も池もないし
我が社の前の道路は高速道路が
二層式で走っているような環境で
とてもカエルが自棲する場所ではないのだ!

これは近くのマンションのこどもが
お盆休みに田舎で捕まえてきて
わたしの水槽の前に放したか逃げてきたかだな〜と推測。

とりあえず。車にひかれるか日干しになるかなので保護!

飼い方を調べるとクモやコオロギの生きた虫が餌とある。
小2の娘が水槽で飼いたいと言っていたが
なんとか説得して屋上の菜園で保護することに。
Img_4771
Img_4774
ちいさな虫がたくさんいる この野菜ジャングルなら
冬眠するころまで養っていけるだろう〜。

かぼちゃ 授粉成功!

Img_4769
先日のカボチャの雌花
どうやら 授粉が成功したようです。
打木赤皮栗かぼちゃ もう一個収穫できそうです…(笑)

2009年8月18日 (火)

考察! ハモグリバエの被害。

Img_4755
ハモグリバエの被害について質問をお受けしたので
わたし的な見解を…。
考察!アロイトマトでも触れているのですが
肥料(たぶんチッソ分)が多すぎると虫が寄って
トラブルの発生につながると推測します。

アロイトマトを4ポット栽培して
そのうちのひとつは土が足りず
化成肥料入りの新しい野菜培養土100%で育てました。

他の3つは使い古した土に腐葉土主体の堆肥を入れた土です。
Img_4754
Img_4757
化成肥料入りのアロイにはハモグリバエをはじめ
いろいろな虫がつきますし 実も尻腐れ病が発生し
まともに収穫できませんでした。

しかし腐葉土主体のアロイを並べて育成しているのですが
Img_4759
こちらに虫や病気が移ることもなく
健全にたくさんの実を収穫することができたのです。

このほかに実験的に無施肥のアロイとナス、オクラを
育てておりましたが肥料を与えないとまったく虫がつきません。
そのかわりに実の収穫量は極端に少ないです。

有機肥料を分解する微生物の生態系バランスのとれた土と
過不足のない肥料バランスが整うと
良い結果がでるように感じます。

ついてしまった虫たちはすべて放任です。
その虫たちの天敵に任せようという考え方です。

虫によって倒されていく野菜たちは
本来の元気がでてないのだと推測します。

人間も暑かったり寒かったり疲れていたりすると
ウィルスに感染して風邪をひくのと同じで…。

土が健全で根が元気ならば野菜は病虫害を
寄せつけない力を持っていると感じます。

あくまでわたくし的見解で…
これまでの日々の観察で感じていることですが…(笑)。

2009年8月17日 (月)

本日の収穫!

Img_4746
カボチャ 3個
オクラ たくさん
ミニトマト たくさん
ゴーヤ 2個
伏見甘長 たくさん

お盆を過ぎて朝夕が涼しくなってきた。
朝、屋上菜園にのぼると秋の気配を感じます。

打木赤皮栗かぼちゃ 収穫!

Img_4744
屋上菜園ポリバケツ栽培
加賀伝統野菜 打木赤皮栗かぼちゃ収穫です!
新しく雌花がついたので
そちらにエネルギーを集中させるため
先に完熟した実をはずします。
あざやかなオレンジ色のかぼちゃ 完成!
10日間ぐらい追熟させてから味わいましょ!
栗かぼちゃと言うくらいなので…楽しみです(笑)

2009年8月16日 (日)

プランター耕す。

Img_4733
ひと月前に収穫を終えたトウモロコシ
プランターの土を冬野菜用に耕します。
土をひっくり返し振るいにかけて古根や雑草を取り除きます。

トウモロコシに栄養を吸い取られて
パサパサの土になっているのかなぁ〜と思いきや
意外としっとりとした土に!
Img_4736
握ると軽く固まり…理想的な土ですなぁ〜
毎回、植え替える時に有機物を入れてきた効果か?
土が年々良くなってきていると感じますね〜。
夏野菜からの切り替えの作業が
まだ残暑がきびしいのにひと苦労ですね〜(笑)


原木シイタケ 玄関先栽培。

Img_4713
1Fの玄関の階段にシイタケの原木を設置しております。
朝日が少しだけ当たりますがほとんど日陰になる場所です。
この夏は天候不順で雨が多いためシイタケは大喜びですね!
Img_4714
白いシイタケ菌がホダ木にいっぱい繁殖してますね〜
夜の気温が10℃に近づく頃
おいしいぷっくりシイタケ 期待できそうです!

2009年8月15日 (土)

屋上菜園 かぼちゃ栽培。

Img_4719
かぼちゃポリバケツ栽培
棚が かぼちゃからサツマイモに陣取られていく。
Img_4721
打木赤皮栗かぼちゃ 2株で3つの実をつけているが
もう 完熟したのでエネルギーを
必要としなくなったのであろう〜
Img_4725
今朝、サツマイモの葉が取り巻く中
久しぶりに雌花が咲いたよ〜(ヤッホー)
Img_4730
雄花も咲いていたので すかさず授粉!
Img_4731
最初についた実はヘタがコルク化してきたので
そろそろ収穫して
かぼちゃ栽培を終ろうかなぁ〜と思いきやImg_4726
第二章が始まりそうですね〜(苦笑)
ダイコンに移行しようと思っていたのですが…。


2009年8月14日 (金)

本日の収穫!

Img_4693
アロイトマトはこれで終わり。
ミニトマトはまだまだ。
オクラは毎日!

最後のアロイ。

Img_4686
はじめて育てたアロイトマト
五段目の最後の果実を収穫して終了です。
タネも採取しましたし…(喜)
また来年も我が菜園の風格の大玉トマトとして
育てていきたいと思います。
おいしさ・収穫量 納得のアロイトマトでした!

ナス 復活!

Img_4689
Img_4690
ナス 剪定更新から2週間がたちます。
元気な新しい葉がつぎつぎと。
Img_4692
花芽もたくさんついて ひと安心!
おいしい秋茄子にむけ準備OKですな〜。

2009年8月13日 (木)

サンチュ 開花!

Img_4647
Img_4649
チマ・サンチュ 和名をかきちしゃ
英名をコスレタス トウ立ちをし花を咲かせます。

キク科の野菜だけに花はちいさな菊だな〜。
どのようにタネをつけるのか…?
このまま観察をつづけてみます。

2009年8月12日 (水)

屋上菜園 やまいもタワー。

Img_4644
台風の強風で倒されるかなぁ〜と
懸念をしていたやまいもタワー…無事でした!

ボウリングのサウスポーボウラーのフックのような
ポケット直撃を思わせる台風でしたが…
間一髪 逸れたぁー。台風による損傷認めず!
Img_4645
いつのまに花が咲いたのだろう〜?
ヤマイモのツルにはムカゴがつきはじめます。
ムカゴのおいしい食べ方って
やっぱり ムカゴご飯ですかね〜?

2009年8月11日 (火)

本日の収穫!

Img_4676
Img_4673
天城の森で大地震が起きてるようです。
ちょっと 心配ですね〜。

台風が今日の午後から影響がでそうです。
収穫できる野菜はなるべく収穫しました。

被害がでませんように…(祈)。

エアルームトマト がんばる!

Img_4666
Img_4665
エアルーム種のトマトたち
やはり その生命力の強さに感服します!
株は疲れてきたように見えるが
まだまだ花を咲かせ頑張りますね〜。

もう どのくらい収穫しただろう〜
この夏はリコピンの摂取量がトマトのおかげで膨大で
うちのmamaなんか若返ったって大喜びですよー…(薄笑)

ゴーヤ大収穫!

Img_4672
Img_4660
50cm×40cmのコンテナに2株で展開中のアバシゴーヤ。
葉の色がすこし黄色くなってきましたが
たくさんの実をつけます。
Img_4677
プリプリのゴーヤ 大収穫ですね〜(笑)

伏見甘長 大収穫!

Img_4662
Img_4661
90cmのプランター2台で4株で展開中の伏見甘長
多収量のF1ではなく京野菜の固定種なのに
すごい大収穫ですね〜(嬉し)
Img_4659
最初は伏見甘長の特徴のひょろひょろとした姿だったが
だんだん普通のシシトウの形になってきたような気がする。
摘果して数を減らして育てれば良いのか…?

形のかっこよい実に印をつけて種採り用に残します。

2009年8月10日 (月)

台風接近中!

Img_4652
屋上・ベランダ菜園の最大の敵
台風が接近中です。
東京地方 朝から大雨洪水注意報発令ですね〜
強い雨が降っているので窓から見えるネタで…(苦笑)
Img_4653_2
ベランダで栽培しているSub Arctic Cherryトマト
たくさんの実をつけ終え
一度 枯れてきたかに思えていたのですが
また花がたくさん咲き始めて復活の兆しです。
第二章はじまるのかなぁ〜?

台風9号 昨晩、急に熱帯低気圧から発達したので
菜園の対暴風雨対策を施していなかった…(ヤバっ)
甚大な被害がでませんように…(祈)

2009年8月 9日 (日)

EM菌てなに?

Img_4650
冬野菜の土づくりの準備で貝石灰を買いに
久しぶりにホームセンターに行ってみると

生ゴミ堆肥化容器が目についた。
以前は3000円前後だったのに1280円の表示。

この値段なら買ってみようかなぁ〜と…。
夏野菜の残さを効率よく堆肥にできるかもとの企み。

そこでEM菌の勉強!
乳酸菌、酵母、光合成細菌を主体とする有用な微生物の共生体で
Effective Microorganisms
共存共栄する有用な微生物の集まりの意味の造語だそうで
善玉菌の集合体ですって。
善玉菌が活躍すると"発酵"
悪玉菌がはびこると"腐敗"

さっそく 屋上の端っこに積み上げておいた
先日、剪定をしたナスの葉を入れてみた。

結果は追記でご報告しましょ。

屋上菜園 オクラ栽培。

Img_4639
屋上菜園でオクラ栽培。
真ん中の背の高いのは
今シーズン はじめて育てている八丈オクラ。
その両端は毎年 種採りをくり返しているわたしのオクラ。
屋上・ベランダ プランター栽培に順応してきたのか…?
茎が太く背丈が低くなってきたような気がする。

更に右端はソラマメの後の不起耕無施肥栽培。
ソラマメの残した栄養を余すことなく吸い上げているのか
だんだん土の量が減ってきている。
Img_4638
そして、オクラ栽培は最盛期に突入!
今晩はオクラカレースープ…(旨)

2009年8月 8日 (土)

プランタースイカ栽培 復活!

Img_4630
屋上菜園 プランタースイカ栽培。
はじめにできる実を もとなりと言い
最盛期を過ぎてから成る実をうらなりと言うのか?
ツルの元に成るのをもとなり
ツルの先端に成るのをうらなりと言うのか…?
7/21に終了し
株の根元からすべての枯れたツルを摘芯し
新たに新芽が伸び
再び結実したスイカの実をなんと呼ぶのか…?
Img_4631
Img_4632
旅行に出かけている間に自然授粉したようで
只今、2個のスイカが成長中!
大きい方は野球のボールくらい…(笑)
ちょっと色が薄い気がしますので
液肥で応援したいと思います。
さぁ スイカよ もう一度 がんばれ!!

2009年8月 7日 (金)

だだちゃ豆 開花!

Img_4620
数ある だだちゃ豆の中でも
赤花が咲くのは この庄内5号だけ。
花が咲くと実入りをよくするため
水が切れないようにする注意が必要です!

昨日の収穫!

Img_4626
昨日の夕方の収穫。
家庭菜園雑誌『野菜だより』の編集部の皆様のお誘いを受け
この野菜たちをもって
神宮外苑の花火大会に行ってまいりました。
そこは 野菜の達人たちが集う場。
はたして わたしの野菜の評価は…?

2009年8月 6日 (木)

黒田五寸にんじん発芽!

Img_4616
Img_4617
発芽が難しいとされるニンジン栽培
夏休みで出かけている間に無事発芽!
朝に雨が降っていたり夕方に雨がパラついたりで
なんとかなりました〜 あぁよかった。

2009年8月 5日 (水)

天城越え。

Img_4461
夏休みを利用して伊豆天城へ
Img_4461_2

川津七滝の湯につかり
日頃の疲れを癒します 極楽! 極楽!

残していった野菜にダメージ認めず!
東京は天気があまり良くなかったようで助かり〜
Img_4436
天城山中 お山の神々が住む領域に近づくと
行く手を阻むこの霧…
Img_4437
すると…野性の鹿に遭遇します(驚き)
まるでジャングルクルーズか
サファリパークにでも迷い込んだような錯覚に…(笑)
森の豊かさを証明します。
Img_4583
ゴルフ場の除草剤や田畑の農薬の影響を受けない
天城の小高い山のてっぺんで天然の腐葉土を採取します。

伊豆市に納税をはたし…。

市町村合併で伊豆半島にて伊豆市とか伊豆の国市とか
そのあとの地名を聞いてもどこだかわからい。

昔は天城湯ヶ島町といってその名を聴くだけで
だいたいの場所が判ったし 情緒をかんじる名前だった!

その小高い山を統括する管理会社に管理費を払い
居住者に限りジネンジョの掘り出しを許された土地での採取。
笹はこの時期に必須の草刈りによって
自分の敷地内で倒されたもの。

(注意!! 土を採取するには必ず承諾を得るべし。)
Img_4586_2
よく観察すると白い発酵菌の繁殖が確認できます。
そこを中心に落ち葉の積層の土を採取します。
Img_4575
父親に英国の猟犬の血筋をひく 愛犬ハンナ
けものの気配を感じるようで
都会ではみせない緊張した表情をうかべます。
Img_4570
シカはともかく…
イノシシの出現に警戒しながら
愛犬ハンナに見守られながらの作業です!
Img_4614
持ち帰った 天城の土。
エンドウマメ用に笹。
Img_4623
この天城の活きた土で冬野菜用の自家製肥料
New 天城肥えを作りたいと思います…(笑)。


2009年8月 2日 (日)

暑中お見舞い申し上げます!

Img_4388
暑中お見舞い申し上げます。
日頃 我が 拙ブログに訪問してくださり
誠にありがとうございます(ペコ)

さて、毎日 楽しみにしてくださっている
皆様にはたいへん申し訳ありませんが
ナスの枝葉を落としたことをいいことに
本日より夏休みをいただきたいと思います。

伊豆は天城の山中にこもり
自然の生態系の観察と秋野菜のために
自家製肥料New天城肥えを作るべく
天城の森の天然の腐葉土と微生物たちを採取しに
天城越えの旅に出掛けてまいります。

残していく野菜たちには後ろ髪をひかれる思いですが
夕立が1、2回あれば たぶん凌げるでしょう。

それでは 行ってきます!!

活きた土。

Img_4427
屋上菜園 床はコンクリなのに…
プランターをどけるとこの通り(笑)
プランター内の土が微生物やミミズによって
生態系バランスが整っている証ですね〜
彼らが有機肥料を分解し野菜が吸収しやすい
栄養に換えてくれているのですね〜
日干しにならぬよう手厚く保護し
堆肥タンクに移動させます。

2009年8月 1日 (土)

本日の収穫!

Img_4435
更新剪定を入れたプランター茄子栽培
ついている実をすべて収穫しました!
小さいものは丸ごとお漬け物にします。

ナス 更新剪定。

Img_4408
Img_4409
8月1日 盛夏を迎えて
暑い炎天下を乗り切ることと
リフレッシュを兼ねて ナス 剪定を入れます。
Img_4429

Img_4412
経験と勇気をもって…
ここまで刈り込みます…(笑)
隠れていたニジュヤホシテントウは
あわてて逃げていきますね〜
Img_4414
株の周りの根を切り
新しい発根を促します。
根を切った穴に自家製肥料 天城肥えを差し込み
追肥で応援をし作業完了です!
立秋をすぎてから実るナスを秋茄子と言うそうです。
ナスたちは一時期 瀕死状態におかれますが…
彼らの生命力の強さを信じましょう〜
さぁーもどって来い!

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »