フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

-天気予報コム-

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

2級家庭菜園検定 結果。

Img_1591
3月15日に第一回家庭菜園検定が行われた。
2級と3級の検定試験があったのだが・・・。

菜園をはじめて 今年、4シーズン目を迎える私は
知識・技術とも おそらく中級レベルだと自己分析する。
しかも、畑での栽培経験は一度もなく
プランター栽培に特化したベランダ菜園家だ。

通常なら3級から受験するのがセオリーだが・・・。
無謀にも有り余る自信から飛び級で2級にチャレンジ!
全問正解するつもりで挑んだ試験だったが
思いのほか難しく 鼻っぱしを折られた感じだった。

でも、間違えたのは5問くらいだろうと
タカをくくっていると・・・。
Img_1597
やばい〜っ! 17問も不正解。
70問中50問で合格だから ギリッ ギリーッ!
でも、なんとか合格!
これは素直に嬉しいです(喜び〜)
Img_1593
名前入りの認定書をいただき
携帯用のカードもいただきました。
Img_1601
自分の趣味の到達度合いが認められるのは
励みになるというかなんかすんごく嬉しいですね〜
これからも家庭菜園検定2級取得者として
プランターやさい栽培を究めていきたいと思います(笑)

ベランダ菜園 アロイトマト 定植!

Img_1577
Img_1575
タネから育てた 渾身のアロイトマト
無事 育苗を終え 定植しました。
唯一、大玉のアロイトマトは
雨があたらぬ 目が行き届く場所で育てます(笑)

支柱を立てることができる新しいポットも
新たに購入しました(冬には源助が植えられそう〜)
たくさんの大玉がぶらさがっても大丈夫!!

噂に聞く アロイトマト。。。
さて、どんなトマトなのか楽しみです!
Img_1548
屋上にはエアルームトマトを中心に
ミニトマトたち 手摺に沿って展開します。
枝が伸びてきたら手摺に固定していきます。
色とりどりの トマトフェンスができたらいいなぁ〜。

屋上菜園 エダマメ播種。

Img_1554
早生白毛種のエダマメをスタンバイさせます。
昨年、同じ時期に蒔いてしまっただだちゃ豆は
今回は時間差をおいて7月の初旬蒔きで・・・。
Img_1555
エダマメの場合 成りの果ては大豆なので
発芽の時 豆もやしがそのまま顔を出します。
本来なら育苗をして定植させるのですが
なんせ 菜園作業 超繁忙の時。。。
ここは省力化を考え栽培ポット 直播きで!
そのかわりに 本葉が展開するまで
鳥よけに不織布で覆っておきます。
これで 大丈夫!!


ベランダ菜園 相模半白きゅうり 定植!

Img_1542
Img_1546
ポットで育苗していたキュウリを定植しました。
我が家の北側のベランダは
キュウリを栽培する時期だけ
太陽の光があたる好都合の場所。
建物に沿ってプランターを設置しているので
強風に弱いキュウリは居心地が良いようです(笑)。

3月蒔きした苗は寒い時期だったせいか
成育不良が多く 植えたのは奥の2株だけ。
4月蒔きした苗は みんな元気!

今シーズンのキュウリプランターの守護神は
野生のネギ ノビルが脇を固めています(笑)
写真に スッーっとノビルの葉がぼやけていますね〜。

2009年4月29日 (水)

本日の収穫!

Img_1572_3
久しぶりの収穫!
ニンジンの葉にダイコン、ホウレンソウ、シソ、
採り立てを朝食でサラダでいただきます(喜)
元気がでますね〜。

子安三寸人参 間引き。

Img_1561
繊細な幼苗のときは
お互い寄り添うようにささえ合って育ってきたニンジン
そろそろ間引きを入れて一人立ちです。
Img_1551
ニンジンの間引きをしていると・・・。
シソやらホウレンソウやら
こぼれ種で育った思わぬ収穫が(嬉)
Img_1562

亀戸大根 間引き。

Img_1567
Img_1549
Img_1550
亀戸大根 間引きを入れます。
若穫りでどんどん食べていきましょ!

2009年4月28日 (火)

ベランダ菜園 源助大根 実入り。

Img_1503
だいこんの種採り。
二本の源助で種採りを展開中ですが
こんなに大きくなるとは思わなかった。
ベランダの軒下は唯一 
雨があたらない場所なので
大玉アロイトマトの定位置なのですが・・・。
Img_1505
刈り取りの時期の見極めが難しい。
実入りもすこぶる いいようです!
源助だいこんのタネ 大収穫です!!
Img_1508
莢の重みで枝が折れますね〜
これって 刈り取りOK!のサインなのか・・?

2009年4月27日 (月)

ベランダ菜園 みやま小カブ 刈り取り。

Img_1497
みやま小カブの莢を朝日に透かしてみます。
どうやら実入りOK!って感じですね〜
Img_1511
ベランダに陣取っているカブを終了しないと
トマトたちの定植場所が空きません。
すこし早い気がしますが・・・。
みやま小カブ 刈り取ります。
Img_1535
一日だけ天日干しした後
室内で一ヶ月ほど乾燥させます。
ベランダ・屋上プランター栽培に特化した
みやま小カブのタネができると嬉しいですね〜。

屋上菜園 なす接木苗 定植!

Img_1538
Img_1539
一週間前に購入した なす接木苗を定植します!
昨年、某ビール会社のCMで
佐藤浩市さんと三谷幸喜さんが
旨そうに食べていた茄子田楽。
あれを見たときから決めていた
京都伝統野菜 加茂茄子!
経験から言って・・・。
接木なので期待大ですよね〜(笑)

屋上菜園 すいか 定植!

Img_1537
今シーズンもプランターすいか栽培 やりまーす!
今回は1品種を2苗で育てます。
Img_1541
温室育ちのすいか接木苗には
まだ ちっと 寒いので
ラップで包んで風や寒さから防護します。

2009年4月25日 (土)

屋上菜園 ド・根性ネギ!

Img_1514
昨年の今頃
きゅうりプランターの守護神(コンパニオンプランツ)として
我が菜園にやってきた汐止晩生葱(しおどめおくねぎ)
埼玉の在来種で何本ものネギに分けつするタイプなので
その都度、収穫を楽しんできた。袋栽培で育ててきたが
袋は風雨にさらされ劣化し 吹き飛ばされ
いつしか この状態に・・。
施肥はもちろん水やりも雨水のみという
過酷な状態で生き延びてきたのである。
Img_1516
Img_1518
ところが・・・!
朝、なにか私に訴えかけるものが・・・?
よく眺めてみると〜。
ネギ坊主をたくさん携えているじゃないですか。
恐るべし! おく葱!!
この生命力の強さと ド・根性に感服です!
よくぞここまでがんばったと褒めたたえ液肥を与えます。
ネギ坊主の花を咲かせタネをとりましょう。
この生命力に溢れる汐止晩生葱 
子孫を残し わたしの葱として育てていきましょう(笑)

屋上菜園 タマネギ袋栽培。
Img_1519
Img_1520
タマネギの球も肥大をはじめ
こちらもネギ坊主が顔をのぞかせます。

2009年4月24日 (金)

シシトウ check!

Img_1482  
菜園一年目に はじめて植えたシシトウが
アブラムシ媒介によるウイルスで全滅した経験を持つ。
そう。シシトウの幼苗はアブラムシに弱いのである。
それ以来、シシトウの苗はウイルスチェックを怠らない。
毎朝、太陽の光にかざしアブラムシを探すのである。
Img_1487
にもかかわらず・・・。
葉が縮れて成長が止まる株もある。
シシトウの幼苗期の最大の難敵 ウイルス病だ!
Img_1489
元気な苗と比べるとこの通り〜
シシトウの幼苗期は特に神経を使います。
さぁ〜定植まで あと少し!

2009年4月23日 (木)

ゴーヤ 再び。

Img_1477
発芽に失敗したゴーヤ
もう一度 タネ蒔きにチャレンジ!

苗を買いに行ったとき
緑のカーテンが話題となっている昨今
いろんな種類のゴーヤの苗がたくさん並んでいたが
ここはひとつ、自家採種ができる
由緒正しい固定種のタネを取り寄せ
再びゴーヤの発芽を試みます!
Img_1480
前回、発芽しなかったタネは
タネの尖っている部分をほんの少し
爪切りでかじる程度だったが・・。
今回はこんな感じ。。。
ひと晩、浸水させポットに3センチの覆土で播種。

こころを鬼にして苗を買わなかったが
10日後 この子らが発芽しなかったら
もう、良苗はないだろうから
今シーズンはゴーヤは無しだ・・失敗は許されぬ!!


2009年4月22日 (水)

ミョウガ 発芽!

Img_1467
Img_1469
Img_1471
ベランダ菜園 プランターミョウガ栽培。
先日、植え替えを行いましたが
大丈夫! 元気に発芽しました。
ミョウガは北側の日が当たらない日陰で育てます。

2009年4月21日 (火)

エンドウ豆 復活!

Img_1466
寒いあいだ ヒヨドリに突っつかれ
壊滅状態だったエンドウ。
新緑が萌えはじめほかに餌が豊富になったため
執拗な攻撃を免れるように・・。
ボロボロになった本ヅルから
新しい子ヅルを伸ばし花を咲かせはじめました。
Img_1460
白い花はスナップエンドウ
可憐なきれいな花です!
Img_1463
そしてツタンカーメンの豌豆
この花もかわいいですね〜。
すでに ひとつ ちいさな莢になっているものも。
Img_1465
さぁ これからエンドウの復活です!
ぐわんばれ! エンドウ!!

とうもろこし 発芽!

Img_1453
スイートコーン とうもろこし
一週間で無事発芽です。

2009年4月20日 (月)

トマト自家苗。

Img_1435
今シーズンのトマトは全てタネから育てた自家苗です!
昨日、夏野菜苗を物色しにホームセンターへ・・
わたしが育てた苗 負けていませんね〜。
こぶしを握り"よしっ"と自信を持ちます。

Img_1438
注目度No.1のアロイトマト
徐々に大玉トマトの風格があらわれます。
Img_1442
エアルームトマトを代表いたしまして
Wirld Cherry Tomato
いい感じです! 元気に成長中!!
Img_1445
F1トマトの第二世代
F2の姿を探ります。
デ○モンテのフ○ーツゴールド
Img_1441
そろそろ花芽がつきはじめた株もあります。
今週末あたりから徐々に定植していきます。
トマト栽培 楽しみですね〜。

夏野菜の苗 購入。

Img_1434
東京近郊では一斉に夏野菜の苗が出回りました。
昨日、私も朝早くから良苗を探しに出かけます。
今シーズンはほとんどをタネから育てているのですが
稀少種の接木苗を中心に物色です。
京野菜 加茂茄子・新潟 黒十全茄子・加賀太きゅうり
スイカの接木苗とサツマイモの蔓とり用の苗を購入。

今シーズンのわたしの菜園も賑やかになりそうです(笑)

2009年4月19日 (日)

ヤツら。

Img_1405
Img_1407
1,001番目のブログ野菜ネタは・・・"虫"

やはり セオリーどおりにヤツらがやって来ました。

ソラマメにはアブラムシが襲ってくると
どの指南書を読んでも書いてあります。

我が家にも例外なくその姿を現します(ゲッ)
悪役は見るからに悪そうな醜態です。

ナスやシシトウにつくアブラムシとは違いますね〜
ソラマメにつく特有なのでしょうか? 初めて見ます!

すこし大きいので指で潰す感触が あっぁぁぁ〜。

祝い! 1,000記事。

Img_1418
Img_1414
『Hanna-papaの菜園日記』も
4シーズン目を迎えこの「茄子」で
試行錯誤の1,000野菜ネタを記録いたしました。
(だいぶブログが重たくなってきた・・)
まだまだ尽きぬ野菜栽培の楽しさを
これからも追求してまいりたいと思います。

さて、タネから育てている真黒茄子
こんな感じに成長です! 
ホームセンターに売り出されている苗に比べると
まだまだ小さいですが愛しさは一入です!
GWの連休前に定植予定ですので
もうすこしの間 過保護に育てます(笑)

2009年4月18日 (土)

ジャガイモの花蕾。

Img_1429
ジャガイモ 成長が早いです!
もう蕾がつきはじめました〜。
芋に栄養を集めるため
花を摘んでしまうという説もあるようですが・・・
わたしはジャガイモの花を楽しもうと思います。
花が咲いたらまた撮影しましょ(笑)

2009年4月17日 (金)

紫蘇?

Img_1402
これってシソ・・?
それって間違いなく青じそですよね〜
Img_1394_2
ニンジンのポットから発芽しました!
そういえば、昨年、しその種採りしましたね。
トマトやキュウリの定植が済んでから
タネをまこうと思っていたのですが
こぼれタネからの発芽で手間が省けました(笑)


ヤマイモ 発芽!

Img_1404
ヤマイモが発芽しました!
ことしのヤマイモは種芋からではなく
昨年、採取したムカゴをいっぱい埋めております。
ムカゴを数年 養生して食べられるサイズまで
大きく育てる作戦です。
Img_1387
ヤマイモは長く育つので
ゴミ箱を利用したプランター栽培です(笑)

2009年4月16日 (木)

ベランダ菜園 河内一寸蚕豆。

Img_1382
Img_1383
Img_1386
大阪伝統種 日本一大粒の
河内一寸蚕豆 プランターポット栽培成功です!
先端を摘芯してからは急激に実が大きくなりました。
そろそろ収穫時期を迎えておりますが
最初の実を食べるべきか・・・?
それとも自家採種を試みるべきか・・・?
悩みます(考)

2009年4月15日 (水)

キュウリの苗。

Img_1375
相模半白胡瓜 順調に育苗中です!
2週間の時間差をおいて蒔いたタネも発芽です!

2009年4月14日 (火)

ゴーヤ 発芽せず。

Img_1370
ちゃんと爪切りでタネのお尻にキズを入れ
播種から3週間を経過した苦瓜
ミニ温室に入れ湿度も温度も完璧なんですが・・・。
発芽しませ〜ん。
Img_1369
なんか 嫌な予感がして掘り起こしてみます。
ちょろっと白い根が顔を出してれば良かったのですが
一昨年に購入したタネ
冷蔵庫で保管していたが管理が悪かったか・・?
Img_1374
爪でちからを加えると簡単に割れます。
まずい・・・死んでいる!
四つ蒔いて四つとも(困)

あの ほろ苦いビタミンCの宝庫ゴーヤ
夏バテする暑い時にないと淋しいので
苗の購入を検討します。

2009年4月13日 (月)

スウィートコーン 播種。

Img_1352
あの甘さに惹かれて・・・。
サカタのタネのF1 
みわくのコーンのタネを蒔きます。
この品種は草丈が低いので
プランター栽培に最適です!
Img_1354
昨年の栽培で60㌢プランターで実証済み!
屋上菜園でプランター11台×2本の二条植え
22本のとうもろこし栽培に挑戦します。
種蒔きは2週間の時間差をおいて
約半分づつの播種です。

屋上菜園 子安三寸人参。

Img_1357
子安三寸人参。
繊細なほん葉が現れます。
水やりで簡単に倒れるので
散水もやさしく〜やさしく〜。
細心の注意をしながら・・・。

屋上菜園 亀戸大根。

Img_1361
Img_1359
江戸野菜 亀戸大根
調子を上げてきましたね〜
毎朝 眺めるのが楽しくなってきました!

2009年4月12日 (日)

ネギ系 収穫へ。

Img_1341
Img_1344
葱の香りのする土を
キュウリプランターに移動するために
ネギの仲間たち収穫へ。
ノビル、収穫です!
空いたプランターにコーンを播種します。
Img_1342
ワケギ葱も収穫です!
これで60㌢プランター1台分。
Img_1346
昨年の11月に新潟の伯父から
畑を?やっているならもっていけと
いただいたタマネギの苗を
休ませていた土の袋に挿しておいた。
4月に入りタマネギの球がふくらみはじめたところで
断腸の思いで収穫・・。明日シチューにして食べてみます。

2009年4月10日 (金)

Tomato All Stars!

Img_1334
我が菜園の花形スター
トマトオールスターズのみなさんです!
連日の初夏のような好天に恵まれ
トマト達の成長が速いですね〜。
葉が重なりあってきたので
ミニ温室から外へ出しました。
朝日を浴びながら
はじめて風に揺られて気持ち良さそうです。
Img_1316
トマトはタネから育てると
感情移入してしまい
かわいくって かわいくって。。
このぐらいで観葉植物として
止まっていてくれないかなぁ〜とも思います。
Img_1313
健康に育っているトマトは
うぶ毛がびっしりと。。。
ベランダで隣にいる小カブに
そろそろアブラムシが・・・。
襲われないかと気が気でないのですが
大丈夫! このうぶ毛なら寄せつけないでしょう。

伏見甘長とうがらし。

Img_1318
今年のシシトウは
京都伝統野菜 伏見甘長とうがらし。
今から霜が降りるころまでの長い付き合いです。
どうぞよろしくって感じで・・・。
もう少しのあいだ ミニ温室の中で大切に育てます。

自家採種〜みやま小カブ〜

Img_1308
Img_1306
金町小カブ系の最高峰!
みやま小カブの種採り。
みごとに膨らみましたね〜
きっといい種が採れそうです(嬉)
小さな8号のポットで育てているため
花が咲く前に肥切れを起こさないかと
油粕を少量添加したらチッソ過多になったか・・・。
奴らが来てしまった(ヤバ)
毎朝、プチプチチェックですわ〜(笑)
Img_1324

自家採種〜源助大根〜

Img_1301
Img_1302
自家採種を試みる
加賀伝統野菜 打木源助大根
莢がふっくらしてきましたね〜。
どうやら、種採り成功しそうです(喜)
私の自家採種源助
多様性を持たせるために
野口種苗から取り寄せたタネの株と
太田種苗のタネの株で交配をしました。
わたくしオリジナルの源助。
この秋、だいこんの種蒔きが楽しみです!!

ソラマメ 出来!

Img_1311
空に向かって成長していたソラマメ
莢のふくらみとともに外皮に艶が
そして下方に垂れ下がってきた。
そろそろか・・・?
収穫の時期を伺います(ニヤ)

2009年4月 7日 (火)

森のちから。

Img_6239
東京は桜の満開を迎えておりますが
桜の花が終ると新緑が一斉に芽吹きます。
森の中を歩いていていつも不思議に思うのですが
肥料をもらわないのに
どこにこんなPowerがあるのだろう・・と

そこで菜園家である私は考察するのです。
落ち葉などの有機物を分解する微生物のちからだろうと。
有機物は微生物に分解されてイオン化して
はじめて栄養として根から吸収される・・・ならば!

艶歌歌手 石川さゆりの天城越えで有名な
伊豆は天城山麓の
人的影響(田畑の農薬や除草剤など)をうけない
小高い山のてっぺんの竹やぶの笹が降り積もった
表土10㌢の土を採取してきました。
Img_1112
Img_1113
おそらくこの土には無数の微生物が棲息しております。
Img_1291
直接、水道水だと塩素で
バクテリアが死滅する恐れがあるので
一晩 汲み置きした水に溶きます。
よくかき混ぜてバクテリアを分離し
大きい虫やタマゴ、他の雑草のタネが入らないように
目の細かいネットで濾します。
Img_1293
この森の微生物が無数に入った水を
植え付け前の堆肥を施したプランターに添加するのです。
Img_1296
これで我が菜園のプランターは
天城越えの森の中と
同じ地力をもった土壌となるのです(うっしっしっ)
さて、吉と出るか凶と出るか

ジャガイモ 元気です!

Img_1297
ジャガイモが元気いいです。
菜園歴を重ねるにつれ
葉の色艶で野菜の調子が伺えるように・・。
Img_1298
ポットの半分の土の量で栽培を始めましたが
すでに一回目の土寄せを完了しております。
更なる成長に伴いもう一回
ポットの八分目まで土寄せを行います。


2009年4月 4日 (土)

早生真黒茄子。

Img_1121
Img_1116
今年のナスはタネから。。。
固定種、早生真黒茄子です。
ふた葉のときはトマトだかシシトウだか
区別がつきませんでしたが
ほん葉の出現により まさしく茄子です!
こんなに小さな苗が
1㍍四方の大株になるのですから信じられません。

2009年4月 3日 (金)

温床 ミニ温室 絶好調。

Img_1107
Img_1108
Img_1109
寒の戻りで桜が足踏みしておりますが
ミニ温室の中は快適!
野菜の小苗がスクスクです。
だいぶ発芽が揃いましたね。
Img_1104
Img_1103
Img_1105
クリスマス ケーキが入っていたケースを利用した
キュウリの温床 廃品利用で無事発芽です。

ソラマメ 摘芯。

Img_1094
実に栄養を集中させるため
摘芯をして成長を止めます。
Img_1096
いろいろな指南書を見ますと
この時期、アブラムシの被害に注意とありますが
今のところ その損傷認めず!
Img_1097
ソラマメ ただいま4㌢ぐらい
日に日に大きくなってます!

満開!

Img_1100
Img_1101
寒の戻りで昨日までは寒かったですが
本日、春本番!
桜もだいぶ咲き始めましたね〜

我が家のベランダもダイコンとカブの花が満開です!
ダイコンの花がこんなに大きくなるとは知らなんだ。
わたしの背丈ぐらいあります。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »