フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

-天気予報コム-

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

三日月。

Img_0223
明日から師走です。
なにかと忙しくなりますねぇ〜
本日は昼間暖かかったので
堆肥の天地返しをしました。
全体をひっくり返して隅々にまで酸素を供給すると
好気性微生物が活発化してふかふかの土を作ってくれます。
夕方作業を終えてふと空を見上げると
月が綺麗じゃないですかぁ〜。
あぁ、もう、今年もあとひと月です。

ベランダ菜園 エンドウ発芽。

Img_0212
タネ蒔きの時期がちょっと遅かったか?
エンドウ、ようやく発芽です!
二週間かかってしまいました。
ちなみにソラマメはまだ発芽しませんねぇ〜。
Img_0125
タネを蒔いてから
急に寒くなったのでだめかもしれません・・・。
念のため部屋の中でポットにタネを蒔きました。

ベランダ菜園 ウズラ飼育 循環。

Img_9743
我が菜園のウズラ飼育は見事な循環が成り立ちます。
ウズラたちには新鮮なカブの菜を与えます。
Img_9747
すると必然的におびただしい鶏糞が手に入るわけです。
Img_0204
それと同時に幸せなことに毎日タマゴも手に入るのです。
Img_0124
自家採取鶏糞はボトルに入れて発酵液肥になります。
Img_0205
夏場ですと2日ぐらいで直ぐに発酵が始まりますが
今は寒い冬ですので実験的に納豆の発酵菌の力を借りてみます。
Img_0217
思いっきり撹拌して半年間日なたで発酵熟成です。
さぁ〜どのようになりますか・・・楽しみ楽しみ!

2008年11月25日 (火)

本日の収穫。

Img_0119
加賀の伝統野菜は日本海のブリと合わせると絶品ですね!
今夜はブリ大根です(喜)。

2008年11月24日 (月)

昨日の収穫!

Img_0022
昨日の収穫。
昨日の晩に友人たちが集まる会がありまして・・・
わたしの菜園の野菜でおもてなしです。
聖護院大根のてんぷら、みやま小カブのアイオリソース仕立て
ニンジンスティック、ミスティカンツァのサラダ、石焼き芋などなど
秋じゃが、アンデスレッドを試し堀りしてみました。
まだちっと早いようです。
1003840972_249
友人たちと展開する音楽Barのカウンターに
我が菜園の野菜たちを陳列。
それぞれの野菜の説明をしてからお料理です(笑)

プランタータマネギ栽培。

Img_9996
Img_0028
夏の終わりに植えたミニオニオン
葉タマネギを収穫します。
Img_0029
左の子球がこんなタマネギに成長します。
生で食べてもすごく糖度が高いです。
切らないで丸ごと煮込んでもやわらかくて美味しいです。

屋上菜園 聖護院大根 植木鉢栽培。

Img_0024
京都伝統野菜 聖護院大根は
9号の菊プラ鉢で育てることができまーす!
昨日、厚切りの天ぷらにしていただきました。
衣に包んで3〜4分揚げると表面はサクッと
中はトロホクって感じで非常に美味いです!!!

プランター山芋栽培 ムカゴ藩種。

Img_9993
Img_9994
今年採れたムカゴを土に蒔きます。
一段下に一年育ったムカゴを埋めてあります。
春になったら一斉に芽吹くでしょう。

2008年11月22日 (土)

有機・無農薬 野菜が甘く育つ土づくり

有機・無農薬野菜が甘く育つ土づくり
菜園作業がオフシーズンの冬は野菜の本で・・・。
家庭菜園の雑誌は偶数月の中旬に発売されます。
私は一通り目を通しますがそんな中で
学研の『野菜だより』がお気に入りです。
全国の菜園家のノウハウが充実しております。
そんな『野菜だより』の特別編集!
来シーズンの大豊作を夢見ながら
せっせと土づくりをしましょ。
※この本、表紙をめくると驚愕のサプライズが(キャーッ)
是非! ご購読を!!
有機・無農薬野菜が甘く育つ土づくり?堆肥と有機肥料で土を改良! (GAKKEN MOOK)


2008年11月21日 (金)

みやま小カブ 母本選抜。

Img_9991
今年栽培したみやま小カブの中で
まんまるの形のいいやつを採種用として
別の鉢に植え替えます。
春まで大切に育てて花を咲かせて種を採ってみます。
Img_9992

2008年11月20日 (木)

ベランダ菜園のすすめ(Fresh Vegetables Salad Bar Garden)

Img_9983
ベランダ菜園のすすめといたしまして〜
葉もの野菜を育てるには
プランターを使うよりも¥100均一で売っている
トレーを使って育てた方が超効率的です。
栽培面積は広いし土の量は深さ5㌢程度で
少なくて済むし・・肥料は発芽してから
1、2回さっーと自家製発酵液肥
1000倍に薄めてかけるだけー。
写真はリーフレタスを主体とするムスクラン
名付けてミスティカンッァBlock!
イタ飯屋のカウンターにそのまま置いても絵になりますよね〜
ベランダで簡単に栽培できます。
どうぞお試しを〜。
Img_9987
こちらは春菊Block!
これからお鍋の季節に最高です!
摘芯しながら摘むとつぎつぎにわき芽が伸び
ひとシーズン楽しめます。

プランター原木シイタケ栽培。

Img_9972
Img_9973
Img_9975
Img_9977
秋が深まってまいりました(笑)
夜の気温が10℃を下回ると
シイタケが活気づきます。
シイタケは傘を下にして焼いて
ただ醤油をさすだけ・・・うまいっす!

2008年11月18日 (火)

Beans!

Beans ! (ビーンズ)はじめてでも簡単 豆の鉢植え
菜園作業がオフシーズンとなるこの時期
ベランダ・屋上菜園・プランター栽培の私が
特に影響を受けているやさいの本について
レビューを書いてみたいと思います。

まず、このBeans!
豆の栽培だけに限定しているのが良いです。
しかもベランダ鉢植え栽培。
ソラマメが鉢植えでできるのか・・(謎)
影響をうけますね〜
ソラマメ・エンドウ、タネ蒔き時期、まだ間に合います!!
わたしは蒔きました。
写真がきれいですね〜栽培方法、豆のお料理、豆知識
内容もGood!だと思います。
ベランダ菜園家にはおすすめの一冊。

ベランダ菜園 ノビル栽培。

Img_9957
わたしの会社のすぐ前に大きな道路が走っています。
道路のフェンスに沿って幅1メートルくらいの
植え込みがつづいております。
普段は雑草が生い茂り、気がつかないのですが
ここにノビルが自生しております。
わたしの記憶が正しければ・・・
確か十数年前に土手から採取したものを
植えたような記憶が・・・。
国交省の草刈り清掃が年に数回入りますが
すべて刈り取られたあと
この晩秋に新芽を出すノビルはその姿を現します。
Img_9962
Img_9963
多分、この場所にノビルが生えていることを
知っているのはわたしだけ・・(ウフッ)
野生ネギの一種だけあって
わたしがプランターで育てている
ネギ3兄弟(アサツキ・ワケギ・ミニオニオン)より
香りが強いように感じます。
Img_9965
Img_9967
この球がまさしく "のびる" の証。
交通量の多い道路脇に生息しているので
このまま食べるにはちっと抵抗があります。
土を全部洗い流し
わたしの菜園のプランターでしばらく清浄育成し
栄養を与えて球を大きくしてからいただきましょう。
ということで・・・プランターノビル栽培はじめまーす。
Img_9968

2008年11月17日 (月)

プランター ころ愛大根栽培。

Img_9949
Img_9951
Img_9945
Img_9948
プランター栽培に最も適したF1大根
ころ愛 イイ感じに育ちました。
ころっとちいさいので一食分で使い切りサイズです!
このプランターひとつで15本のころ愛大根を育てられます(嬉)

永田農法でつくるベランダ・屋上菜園


2008年11月16日 (日)

ベランダ菜園 ラディッシュ収穫!

Img_9933
Img_9937
ベランダで育てておりましたラディッシュ収穫です!
なんともカワユイ野菜ですよねぇ〜
おもわず笑みが溢れます(笑)
Img_9943
薄くスライスして軽く塩で揉み
甘酢に漬けていただきます。

ベランダ菜園 河内一寸蚕豆 藩種。

Img_9926
ソラマメ中 最大粒の大阪伝統種
河内一寸蚕豆を30㌢のプランターポットで育ててみます。
豆のお歯黒を下に向けて土に埋めるそうです。


いのちの種を未来に


エンドウ豆 藩種。

Img_9928
ツタンカーメンの豌豆。
3千年前のエジプトの王家のお墓から
発見されたと言われるロマン溢れるエンドウです!
Img_9929
スナック豌豆。
アメリカ生まれの莢ごと食べる豌豆。
この二種類を育てていきましょ。

虫in土。

Img_9920
小雨の降る東京、ベランダの軒下で
収穫を終えた大根袋栽培の土を
ソラマメとエンドウ豆用に鉢に移します。
すると・・・でてきますねぇ〜虫。
Img_9913
まずは、たぶん、コガネムシの幼虫?
通称 "根きり虫" ですかぁ〜?
Img_9916
これは、ヨトウムシですよね!
Img_9522
ヨトウムシのサナギ?
越冬するつもりだったところ強制退去です!

打木源助大根 完成型!

Img_9896
Img_9908
加賀伝統野菜 打木源助大根
屋上菜園 袋栽培 大成功です!
今シーズンは初の試みでしたので8本だけの栽培。
その中で源助大根の特徴の肩のずんぐりしたやつを
選別して2本残しタネを自家採種します。
この選別・淘汰を5年続けると・・・
わたしの屋上菜園環境に順応した
源助・Hanna大根になるそーです。
(なんだか夫婦漫才の名のような・・・)
ベランダ・屋上菜園 あらたな領域へ楽しみは尽きません(笑)

岩崎さんちの種子採り家庭菜園

2008年11月14日 (金)

間引き苗 移植ニンジン。

Img_9878
間引き苗を移植したニンジン栽培。
結果はこんな感じです・・・。
やはりニンジンの定植は無理は定説でした。
根もの野菜の移植はするべきてはない。
学習しときましょう!

2008年11月13日 (木)

屋上菜園 プランター茄子栽培 終了。

Img_9887
Img_9888
Img_9893
食味が最高とされる
11月の茄子を目指しておりましたが・・
先週の金曜日に深酒
土曜日の朝は薄ら雨が降ったおりましたので
水やりを怠ったら根まで水が回らなかったんですね〜
枯れてしまいました。
でも、まぁ、よくがんばりました!
たくさんの収穫を楽しませてくれた茄子に
感謝!多謝!

本日の収穫。

Img_9889
根菜 全開です(笑)。

2008年11月12日 (水)

ベランダ菜園 ヤマイモ収穫!

Img_9881
Img_9883
ヤマイモを収穫しました。
長く育つヤマイモはゴミ箱で栽培してみましたが
ご覧のとおり・・プランターの深さ不足でみんなL字(爆)
Img_9886
昨年、土の中にこぼれて育っていたムカゴ。
一年でこのくらいの大きさに。
下のちいさい方は今年のムカゴ。
来春からはこのムカゴたちを育てていきたいと思います。
最近、疲れ気味のわたし、ヤマイモを食べて元気になります(笑)。

2008年11月10日 (月)

プランター聖護院大根 収穫!

Img_9853
やばいっ〜〜  Hanna-papa登場!
京都伝統野菜、聖護院だいこんを収穫!!
でっかく育ちましたぁー。
Img_9872
ポトフにして食べたらトロトロにとろけるように
やわらかくってすっごっく美味しい〜。
さすがに名のある野菜だけあって
その味を主張してきますねぇ〜。
また来年もつくろー(悦)。


つくる、たべる、昔野菜 (とんぼの本)


本日の収穫。

Img_9861
Img_9859
秋冬野菜 大収穫です!
源助大根、みやま小カブ、聖護院大根、
完璧ですね〜。

2008年11月 7日 (金)

タマネギ&食用菊。

Img_9741
先日、所用で新潟を訪れました。
目がいくのはやはり畑。
東京の畑と違うのは食用菊がたくさん育てられていること。
おもてなしを受け菊の酢の物をいただくと美味い!
屋上で野菜を育てていることを話すと
タマネギの小苗と菊の株を分けてくれました(嬉)。
食用菊栽培はじめまーす!

2008年11月 4日 (火)

プランター白菜栽培 収穫!

Img_9730
Img_9732
Img_9735
ミニ白菜、出来です!
屋上菜園のすべての虫たちを誘引してくれました。
おかげで他の野菜たちがすくすく!
すこし穴だらけだけど美味しい証拠?
葉を一枚ずつ水洗いしてお鍋で食べましょう!

ベランダ菜園 Salad Bar Garden OK!

Img_9728
Img_9729
サラダ・バー完成しました!
リーフレタス、シュンギク、ホウレンソウ、ラディッシュ
いつでも必要なだけ生野菜がいただけます(笑)。
この超新鮮野菜をいただくと
もう、スーパーで野菜を買う気になりませぬ。

2008年11月 2日 (日)

屋上菜園 ニンジン収穫!

Img_9547
Img_9549
Img_9555
Img_9556
Img_9558
袋で育てたニンジン完璧ですね〜
大きさ、色、すばらしいです!
屋上で袋栽培で
こんなに立派なニンジンがつくれました(嬉)。

ベランダ菜園 ウズラ採卵。

Img_9561
ウズラのタマゴ
量産体制へ
2ペアで毎日2個づつ。

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »