フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

-天気予報コム-

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月31日 (日)

本日の収穫。

Img_9051
雨よく降りましたね〜
茄子は雨の恩恵でスクスク!
艶のよい秋茄子、豊作です!
本日、野菜の日(831)、日中、なんとか雨が上がりましたね。
ようやく、ダイコンのタネ蒔きの支度できました。
明日から秋冬野菜はじめま〜す。

2008年8月29日 (金)

毒キノコ?

Img_9041
ナスのプランターから謎のキノコ出現!
親指くらいの太さ、エリンギかぁ〜?
自家製堆肥の中には、食用キノコのいしづきを
たくさん捨ててあるので菌糸が生きてても
不思議ではないのですが・・・危険です!
観察だけにしましょ。
長雨のしるし、秋の到来、キノコの季節ですね〜。

本日の収穫。

Img_9043
秋茄子だけ調子いいようです!
それにしても雨よく降りますよね〜。
Img_9033
昨日の収穫。

プランターキュウリ栽培 崩壊!

Img_9035
キュウリ第二弾、ミニQ、地這いキュウリ
連日の雨、そして昨日の豪雨で壊滅です。
根ぐされを起こしたのでしょうか?
とろけてしまいましたね〜。
まぁ、こういう不作の時もありますよね。
さぁ、気持ちを入れ替えて冬野菜に移行します。
Img_9038

2008年8月27日 (水)

本日の収穫。

Img_9027
久しぶりの太陽!
気持ちいい〜 空気は冷たく心地よいです。
ヤマイモの子、ムカゴ GET!

自家採種 トマト。

Img_9029
Img_9031
プチトマト アイコと
デルモンテのフルーツゴールドのタネを採種します。
よーく調べたら、やはり、F1なんですね〜。
来年は、父親似か母親似か・・・
はたまた、我が家で交雑がおきて
ハイブリッド種になっているか・・・
お楽しみのタネになってしまいます。
でも、5年くらい選別をくり返して育てれば
わたし独自のHanna-papaトマトになるそうです。
試しにやってみようかなぁ〜と思っております。
追熟させたトマトを潰して袋にいれて
2〜3日発酵させ、洗って乾燥させます。

ベランダ菜園 ヤマイモ栽培。

Img_9020
Img_9025
ヤマイモの子、むかごです。
ご飯といっしょに炊き込んでムカゴご飯として食べられます。
また、種イモとして育てることもできるそうです。
でも、収穫できる芋のサイズにするには
7〜8年かかるそうです。

ベランダ菜園 そば栽培 開花!

Img_9011
Img_9015
そばの花が咲きました。
白い小さな花です。
我が家では、ほんの数本の栽培ですが
これが広大な畑一面に咲くときれいなんでしょうね〜。
この夏、北海道に旅行に行った友人が言ってました。

2008年8月26日 (火)

本日の収穫。

Img_9010
雨の中の収穫!
今晩のおかず確保!

コシヒカリ コンテナ栽培。

Img_9004
でんぷんを蓄えはじめたイネ
その重みで頭を垂れます。
いよいよ秋が近づいているんですね〜。

キュウリ第二弾 ピンチ!

Img_9009
Img_9008
キュウリ栽培第二弾、まずいですね〜。
連日の雨と低気温で黄色く変色してきました。
まだ、たいして収穫してないのになぁ〜。
涼しくて虫好みの気候になってきたせいか
アブラムシの攻撃もすごいです。

2008年8月25日 (月)

雨の週末。

Img_9002
2週にわたり週末雨の東京。
週末菜園家は作業ができません!
まだ8月なのに気温が20度くらい
肌寒いですね〜。
ダイコンのタネ蒔きが迫っているのに
夏野菜の片付けができません・・(困)。
この時期タネ蒔きが3日遅れると
収穫が10日遅れると言われているぐらい
残暑が終ると急速に寒くなり
野菜の成長が鈍くなるので
微妙なタネ蒔き時期なのです。

2008年8月24日 (日)

夏休みの自由研究。

Img_8962
小学校4年生の息子の夏休みのプロジェクトを
横目で眺めつつ一応の結果が出たようなので
雑記の記事に拝借します(笑)。
息子の愛鳥、小桜いんこのハウル
何度か専門店に依頼してペアリングを試みるも
ハウルは息子に育てられ
息子を伴侶だと思っているので上手くいきません。

命を宿していない無精卵を一生懸命
抱卵するハウルが可愛そうでならないのです。
そこで今回、ハウルが産卵するのと同時に
ネットオークションで姫ウズラの有精卵を
12個 ¥700円で手に入れます。
白いたまごがハウルの無精卵。
そうでないのがウズラの有精卵。
これを4つ産んだので4つ入れ替えます。
残った有精卵はケースに小動物用パネルヒーターで
息子が作った自家製孵卵器で温度を38度で温めます。
Img_8983
Img_8984
ハウルが一生懸命温めるのと
自家製孵卵器の二本立てで温めます。
ハウルの方はお任せでいいのですが・・。
孵卵器は3時間に一度の転卵といって
たまごをくるくると回転させなければなりません(汗)。
昼間は息子が世話をしますが夜中の1時に妻が
そして早朝4時にはわたしがくるくる作業を
18日間つづけました。
お盆休みもどこにも出かけず・・・
ショッピングモールへ行っても3時間以内に帰宅します(笑)。
おかげで物価高の折、あまりお金を使わないで済んだのと
わたしも、野菜たちを抱えているので枯らさずに済んだのと
まぁ〜なんとなく納得です・・・。
Img_8953
Img_8972
18日目の朝、ハウルが4つ中3羽の孵化に成功!
そして、20日目の昨日、孵卵器で1羽の孵化に成功です!
ウズラの子は、ひよこなので生まれてすぐ自分で歩き
自分でエサをついばむことが出来ます。
Img_8979
只今、10円玉大のひよこ4羽とっても元気です!
血は繋がってないけどハウルの子3羽は
ハウルの鳴き声に反応してピヨピヨと鳴いてます。
そして、孵卵器で生まれた子は息子の顔の動きに
反応してちょこちょこしていますね〜。
Img_8991
Img_8996
田舎暮らしの夢を持っている人は
自分の家庭菜園をもって
その庭でニワトリの放し飼いなんて夢ですけど
わたしの屋上、ベランダ菜園ではウズラが
ちょうどいいかもしれませんね・・。
ベランダ菜園でとれた野菜をたべてもらって
鶏糞を自家生産する循環が成り立ちます。

いずれにしても、我が家で生まれて命
大切に大切に育みます!!


昨日の収穫。

Img_8975
秋茄子が凄いです!
剪定更新の意味がここにでますね〜。
大収穫モード突入って感じです(笑)。
地這いキュウリ、半分色がつきませーん〜。
やっぱりキュウリはネット栽培ですかねぇ〜?
Img_8977

2008年8月22日 (金)

ベランダ菜園 ミョウガ栽培。

Img_8965
北側の直射があたらないベランダで
ひっそりと成長をつづけているミョウガ・・。
とっても草勢旺盛ですが・・。
やはり、栽培一年目、
花ミョウガが現れませんね〜
来年に期待ですね〜。

2008年8月21日 (木)

ダンゴムシ。

Img_8900
Img_8901
Img_8911
菜園の分解者  ダンゴムシです!
堆肥タンクの中で仕事をしております。
ミミズにくらべて地味な存在ですが
仕込んだ腐葉土や肥料をよく噛み砕いて
フカフカの土を作る仕事をしております。
秋冬の野菜の堆肥づくりに
大忙しの毎日です!

ベランダ菜園 ソバ栽培。

Img_8890
ソバ栽培 早いですねぇ〜。
もう花が咲きそうです。
さて、どんな花が咲くのでしょう〜。
Img_8892

キュウリ地這い栽培。

Img_8884
キュウリ地這い風栽培。
草勢旺盛! キュウリの実がつきはじめます。
露地ではワラを敷きますが
我が菜園では人工芝のうえで・・。
Img_8885

2008年8月20日 (水)

本日の収穫。

Img_8873
Img_8878
シシトウが豊作です!
この赤いシシトウ綺麗です〜
私には、芸術作品のように感じます。

プランターオクラ栽培。

Img_8868
Img_8864
オクラ順調に成長中!
毎日、きれいな花が咲きます。
この花を見るだけでも
朝、早起きする価値がありますね〜。
オクラは実を収穫すると
その下にある葉を落とします。
この跡を数えるとオクラの収穫数がわかります。
Img_8574

2008年8月19日 (火)

ヤモリ現わる!

Img_8857
我が菜園の食虫連鎖の頂点
ヤモリくん 久しぶりにその姿を現しました。
たぶんうちの菜園には3〜4匹棲息していると思われます。

プランター茄子栽培 復活!

Img_8826
剪定更新から茄子 完全復活です!
秋茄子がたくさん実をつけます。
夏の初めにできたナスより
触った感じ かたいですね〜。
実が凝縮しているのでしょう〜。
Img_8850

2008年8月18日 (月)

キノコ出現!

Img_8830
Img_8836
昨日、久しぶりに
まとまった雨が降った東京です。
雨あがり地這いキュウリのところにキノコが・・。
これはヤバイキノコですよね〜。
そろそろキノコの季節か・・?
我が家の原木シイタケも生きてるかなぁ〜。

本日の収穫。

Img_8855
昨日、本日、涼しくて過ごしやすい東京です。
ゴーヤが一度に9本収穫です。
ミニQ調子が上がってきます。
秋茄子もいい調子です!

キュウリ栽培 虫害。

Img_8839
キュウリ第二弾。
アブラムシにやられてまーす。
油粕系の肥料をいれすぎたか・・?
Img_8837
食酢をうすめてスプレーする作戦
試してみます・・(困)
Img_8844
近くには益虫てんとう虫が
せっせと仕事をしているのですが
ガンバレ! てんとう虫!!

スイカ 完食!

Img_8820
Img_8823
Img_8824
ラグビーボール型のスイカ
中身は黄色でした。
甘くて美味しかった〜!
完食です!!

2008年8月17日 (日)

ペットボトル発酵液肥。

Img_8783
菜園POWERの秘密につづき、その2を公開しちゃいます!
油粕発酵液肥を自分で作っております。
ペットボトルに油粕を約1㌢ぐらい入れ
(あとで膨張して5㌢くらいになる)
水をボトル7分目まで入れます。
Img_8754
2日ぐらいすると
まるで生命をもった液体のように
上へ下へと発酵をはじめます。
ひと月ぐらい経って上澄み液が透きとおったら出来です。
上澄みだけ別に移し残った粕は堆肥に混ぜちゃいます。

露地栽培にくらべて遥かに過酷な
限られたスペースで育てるコンテナ栽培は
野菜も子孫を残すのにある時、必死になるんですね〜。
そこを見極めて通常は週に一回
ここぞという時には毎日、液肥で支援すると
プランター、コンテナ栽培でも
立派な野菜を育てることができます。

液肥の割合は濃いものを一回で
ドーンと与えるのではなく
私の場合、約500から1000倍に希釈して
根に負担をかけないイメージで回数を多めにですね。
Img_8795
我が菜園の発酵液肥、ボトルキープです。
※発酵液肥をつくる際にはひとつ注意が必要です!
発酵によりガスが発生するので
ふたをゆるゆるにしておいてください。
私は一度パンパンになったボトルをあけて
自分自身とベランダ中が
悪臭まみれになった苦い経験があります(笑)。

発酵液肥ボトルキープ
ふたをゆるゆるにしてあるので
近づくとぷ〜んと香ばしい匂いがします(苦笑)。
お試しあれ!!

2008年8月16日 (土)

本日の収穫。

Img_8816
キュウリ 再開です!
秋茄子 だんだん調子を上げてきてます。
ゴーヤは大きくならずに変色をはじめました。
そろそろ南国野菜ゴーヤは力が尽きてきたか・・。

キュウリ第二弾 収穫!

Img_8805
キュウリ第二弾の収穫がはじまりました。
Img_8808
手のひらサイズのミニキュウリ "ミニQ"
最近はいろいろと品種改良が盛んですね〜。
ベランダでプランター栽培するには
簡単でお勧めですが・・・。
Img_8814
またしばらくの間
穫れたてのキュウリを楽しめそうです(嬉)。

2008年8月15日 (金)

秋冬野菜コレクション。

Img_8779
まだまだ暑いですが
お盆を過ぎると急速に秋めいてきますね。
朝の空の気配がすこし変わってきた感じがします。
菜園の夏野菜たちはそろそろ枯れはじめました。
Img_8785_2
秋冬の野菜たちのタネを
いろいろと想いを巡らせながら
あちらこちらから取り寄せました。
大根は加賀伝統野菜の打木源助大根。
京野菜の聖護院大根。
何度も農林大臣賞を受賞している
みやま小かぶなど、たぶん栽培が難しい
固定種をプランター栽培で挑戦してみます。
もしうまく行くようでしたら来年から
源助大根一種にしぼり自家採種を試みたいですね。
家庭菜園の楽しさは収穫してなんぼですので
今年は保険をかけてプランター栽培で容易な
F1ころ愛大根もつくります。
Img_8788
ねぎ球三兄弟!
ミニオニオン、わけぎ、あさつきを育てます。
冬場のお鍋の友に・・。
ウリ系を育てた土に植えて
来年の連作障害の緩和に役立てます。
Img_8790
はじめて本格的に秋じゃがを育てます。
春の種じゃがに比べて
秋の種じゃがはちいさいですね〜。
品種はアンデスレッド
春じゃがが今ひとつでしたので
秋は大豊作目指してがんばります!!

ベランダ菜園 メロン栽培 食す!

Img_8773
Img_8774
Img_8777
ベランダで植木鉢栽培したメロン
食べてみました・・・。
常温熟成したつもりがまだ熟しておりません。
うーん? メロンの香りのする大根のような〜?
うわっ〜失敗です。もうちょっと待てばよかった。
栽培は成功したのに食べる見極めが甘〜い!

2008年8月14日 (木)

¥100均一 菜園グッズ。

Img_8764
我が菜園で使用している
"ふるい"をご紹介します(笑)。
105円で購入しました。
これが優れもので。。。
プランターの底には水はけを考慮して
赤玉土大粒が敷いてあるのですが
この大粒土と古根と培土を見事に分離します。
このカゴで振るいにかけると
赤玉大粒と古根が残ります。
さらに2、3回シャカシャカしますと
赤玉大粒が下に沈み古根が浮き上がり
簡単に分離できるのです。
しかも横サイドからも土がこぼれるので
仕事が早いです。

振るいにかけられた培土は
隅々まで酸素が行きわたり
嫌気性細菌が死滅し
好気性細菌が活気づき
堆肥と混ぜ合わせることにより
生きた培土として再生します。
Img_8765
Img_8768
菜園資材や道具は
まず¥100均一ショップに探しにいきます。
なんでもあります(超嬉)。
タネもよりどりで2袋105円!
いつも足が止まります(笑)。

本日の収穫。

Img_8770
秋茄子がちらほらと・・。
アイコがまだがんばります。
シシトウ おいしいですね〜。
オクラ 一日おきに一食分穫れます(嬉)。

ニンジン移植計画 その後。

Img_8758
ニンジン間引き苗
移植して生き残ったのはこれだけ。
プランターの空いているところに
ミニニンジンを追い蒔きして
ニンジンプランターに仕上げます。

2008年8月13日 (水)

ゴーヤ 乾燥保存。

Img_8756
穫れすぎて食べ飽きぎみのゴーヤ
乾燥ゴーヤにします。
乾燥ゴーヤはゴーや茶にして善し。
水で戻してチャンプルにして善し。
3本のゴーヤをザルいっぱいに
拡げたんだけど・・・乾燥すると
意外にちぢんで少なくなっちゃうなぁ〜。
Img_8757

2008年8月12日 (火)

土の再生。

Img_8728
カボチャが植えてあったポリバケツ。
秋冬野菜のために土を再生します。
Img_8742
カボチャに栄養を吸い取られた土はパサパサだ。
丁寧にふるいにかけて古い根を取り除き
腐葉土、米ぬか、油粕、鶏糞を混ぜ
ミミズに分解発酵させた自家製堆肥を
たっぷり鋤き込みます。
Img_8743
収穫を終えた野菜の残渣は
乾燥防止用の敷きワラにしたり
柔らかそうなところは
米糠を混ぜ袋に密封して
ベランダの端っこになげておきます。
イイ感じに腐ったらミミズのエサですね。
Img_8739

2008年8月11日 (月)

コシヒカリ コンテナ栽培。

Img_8730
コシヒカリ衣装ケース栽培
花穂が出現です!
花が咲くのは、ほんの数時間だそうです。
ラッキー!  液肥で追肥して
実入りの充実を計ります。
Img_8732

2008年8月10日 (日)

本日の収穫。

Img_8703
夏野菜大収穫!!
大豊作感謝でーす!
さぁ そろそろ秋冬野菜の
作戦を練りましょうか・・。

カボチャ ポリバケツ栽培 収穫!

Img_8706
日本かぼちゃ 収穫でーす!
ひと株で4個 穫ることができました。
Img_8709
ポリバケツ カボチャ栽培
大成功!! また来年も楽しみます(笑)。

ベランダ菜園 キュウリ栽培 終焉。

Img_8666
キュウリ第一陣
そろそろ終わりですね。
枯れてきました。
Img_8698
枯れ葉を片付けて
キュウリのプランターに
連作障害防止のため
ネギ類を植えたいと思います。
Img_8681
代わってキュウリ第二弾の
花が咲き始めております(嬉)。
バトンタッチ うまくいきました・・。
Img_8684

スイカ袋栽培 終了!

Img_8692
最後のスイカは
ひと株で二玉、育てました。
最初の目論見では
5品種をスイカグラウンドに
ゴロゴロさせる予定でしたが
途中、梅雨の長雨時に病気がでてしまい
まともに穫れたのは2品種3玉でした。
でも、スイカ栽培は楽しいですね〜
また来年もがんばりま〜す!
Img_8711

枝豆プランター栽培 収穫!

Img_8688
Img_8687
プランター枝豆栽培 大成功!!
ダダチャマメが美味しかった。
穫りたては甘いんですよ〜。
Img_8707
また来年もたくさん作りたいと思います(笑)。

猛暑。

Img_8677
今朝は北からの涼しい風が・・。
しかし、ここ2、3日の猛暑で
東京も35度近くの気温上昇、
コンクリートのベランダや屋上は
たぶん50度超の過酷な温度に・・
明らかにプランター野菜栽培の
許容限界温度を超えたと思われます。
スイカとカボチャが同時に変色しました。
Img_8678
スイカは収穫適時ですが
カボチャはあと10日ほどと思っておりましたが
ん〜収穫します。
Img_8679
コンクリートに直に這っていた
サツマイモの葉も焼けて枯れています。
気温35度に達すると
ベランダ、屋上、プランター野菜栽培は
赤信号点滅ですね〜(危)。

ベランダ菜園 ソバ栽培。

Img_8689
ソバ栽培 その後。
へぇ〜意外にひょろひょろ。
倒れないように土寄せをしました。

2008年8月 9日 (土)

ベランダ菜園 トマト終焉。

Img_8671
トマトいよいよ終了間近。
大玉トマト、これらを穫ると終ってしまいます。
Img_8672
ベランダトマト栽培
今年も大収穫でしたね〜。
そろそろ枯れはじめてきました。
Img_8674

2008年8月 8日 (金)

"虫"in菜園

Img_8627
微笑ましいてんとう虫の光景。
てんとう虫は我が菜園をパラダイスと認定!
子孫を殖やし永住します。
生まれてくるてんとう虫のこどもたちは
秋野菜ダイコンにつくアブラムシを
バリバリ駆除してくれることでしょう〜
Img_8642
Img_8649
こいつは誰?
エダマメに寄生しております。
動きがまるで忍者のようにすばやい!
たぶんエダマメの美味しいところを
ちゅーっとやってます。
豆がところどころ枯れてきています。
Img_8650

ニンジン移植計画。

Img_8660
間引く苗にも愛情があるから・・。
なんとか間引きニンジン
移植して復活を試みますが・・・。
なんとか根づきそうなのと
そうでないのと・・・。
もう少し様子をみてみます。

2008年8月 7日 (木)

プランターシシトウ栽培。

Img_8595
万願寺とうがらし シシトウ
最盛期ですね〜
実がつきすぎて
枝がしなっております。
Img_8607

2008年8月 6日 (水)

本日の収穫。

Img_8601
あのカゴメ野菜生活のジュースのCMが
菜園写真家としての私のこころをくすぐります。
本日の収穫! 色合いをグリーン色調に(笑)。

茄子栽培 復活の兆し!

Img_8589
更新剪定を施したプランター茄子栽培
復活してきた模様です(喜)。
新しい葉がつぎつぎと芽吹き
蕾もたくさんつけてます(嬉)。
Img_8590
どういう意味か定かではありませんが
"嫁に食わせたくない秋茄子"期待大です!

自家採種計画。

Img_8556
我が菜園のつぎのプロジェクトは
自分でタネを採種して代々育てること・・。

オクラの自家採種、四代目を目指します。
毎年、収穫末期にタネ穫りしていたオクラ
今年はいちばん元気な時に仕掛けます。

ちいさい方が食べごろ収穫サイズ!
ビッグオクラの莢の中のタネに
全エネルギーを集中するように
ここの中でイメージしつつ育てます(笑)。
Img_8537
子ども達に収穫されないように
採種用の実にはリボンをつけて・・。
今年、手塩にかけてタネから育てた
アイコも自家採種を試みます。
情熱の赤!完熟!!
Img_8592
万願寺とうがらし。
これもリボンをつけて
自家採種しようと思って調べたら
万願寺とうがらしタイプ
"甘とう美人"はF1でした。
一代交配のF1は子孫を残せないのだ(残念)。
来期は固定種を意識して選種しましょ。

2008年8月 5日 (火)

プランター地這いキュウリ栽培。

Img_8581 
キュウリ第二弾は地這い栽培で・・・。
もうすぐスイカも収穫です。
スイカに使っていたスイカグラウンドに
キュウリを這わせて
地這い栽培を目論みます(笑)。
Img_8586
節成り系のミニキュウリは
ネット栽培で・・・。
このネット、先住にカボチャが巻きついております。
カボチャvsキャウリの場所の奪い合い勃発か・・?

2008年8月 4日 (月)

ベランダ菜園 ソバ栽培。

Img_8568
信州そば 発芽です!
お蕎麦ができるまで
密着取材ですね!
Img_8562

ベランダ菜園 ネギ栽培。

Img_8545
キュウリプランターの
コンパニオンプランツとして
見事にその役目を果たしたネギです。
キュウリの葉が旺盛の時は
ほとんど陽の光があたらず
大きくなれませんでした。
キュウリにつく虫を寄せつけず
地中では連作障害を防ぐ働きをします。
Img_8551_2
同じ、おく葱の苗を
袋栽培したネギです。
このネギは、これから
キュウリ第二弾のそばに置いて
虫除けのコンパニオンプランツとして
活躍していただきます。

2008年8月 3日 (日)

本日の収穫。

Img_8541
きょうの夕食は
トマトカレーにしましょ!

2008年8月 2日 (土)

スイカ栽培 食す!

Img_8356
真夏の昼下がり
暑いですねぇ〜(汗)
本日のおやつはスイカでーす!
Img_8358
Img_8360
甘いです! まぁここのコメントの場合
ふつう、甘いと書くのが常ですが・・・
うぅ〜ん ホントに甘〜い!!!
そして美味しいです!!!!
Img_8364
接写でシャリ感と
密のジューシーさを
お伝えできますかなぁ〜?
金のたまごスイカ袋栽培◎です!

ニンジン栽培 間引き。

Img_8334
順調に育っているニンジン。
さらに大きく育てるために
間引きをいれます。
Img_8337
Img_8349
間引き菜、根が白いものは
サラダにしていただきますが
ほんのりと根がニンジン色に
成長している苗は
移植を試みます。
水をたっぷり与え日陰に置いて
しばらく様子を見てみましょう。
Img_8343
Img_8345

2008年8月 1日 (金)

カボチャ ポリバケツ栽培。

Img_8310
菊座型日本かぼちゃ
風格がそなわってきました。
西洋カボチャ主流の昨今
なんとも懐かしい形のカボチャです。
うん〜! 絵になりますねぇ〜。
Img_8308

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »