フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

-天気予報コム-

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年10月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月18日 (月)

氷柱。

Img_5737
氷柱と書いてつららと読むのだ!
やっぱり今年は、寒いよねぇ〜。
一応、23区内! 東京の北の端っこだけど・・・
北側のお風呂の窓の結露がつららになった。
もし、場末のスナックで酔いつぶれて
家にたどり着けなかったら鼻水も氷柱になるのか・・・
と思うとゾッとするのだ(笑)。

自家製堆肥。

Img_5670
冬のあいだに土づくりをします。
プランター栽培でも、有機的栽培を目指します。
有機肥料にも畜糞などの動物性と
腐葉土や米ぬかなどの植物性があります。
動物性をあまり強くするとアクのある
美味しくない野菜ができるので
3年目の今シーズンは、味にもこだわって
植物性有機主体でいきます・・・
腐葉土150ℓに米ぬかをまんべんなく混ぜ
そこに、ペットのミミズくんを放ち樽の中で
春まで発酵熟成させます。
Img_5675
Img_5671

2008年2月11日 (月)

天日干し。

Img_5630
冬の休日の愉しみ!
週末の雪を一気にとかす本日快晴!
きょうの日差しは、なんだか力強さを感じます。
菜園作業のない、この季節は
ベランダであじのひらきを作ります。
スーパーの朝市でお刺身用の魚を買ってきて
西伊豆産の粗塩で15%の塩水をつくり
そこに20分浸し、あとは4時間、天日干し。
太陽と海の匂いを嗅ぎながら文字通り"手塩にかけた"
あじのひらきは絶品、格別なのだ!

2008年2月 6日 (水)

凍っ!

Img_5732
今年は、寒いっしょ!
我が菜園で唯一残っている野菜、冷凍パセリ(笑)。
玄関先に置いてあるメダカ水槽も
昨年は一日しか凍らなかったのに
この冬は、年明けからずっうとだ。
Img_5736
朝、氷が張らなくなったら
ジャガイモの植え付け考えま〜す。

2008年2月 3日 (日)

自家採種。

Img_5697
本日、東京は大雪!
明日の朝、凍っちゃうよなぁ〜。
今年最初の収穫は、オクラの種。
ずぅ〜っと放たらかしだったけど  
ブログネタで・・・
丸菱オクラ、我が家の菜園で三代目。
連作をつづけると、様々な情報をゲノムに刻み
だんだん、その環境に順応したご当地野菜に
進化していくのだ!
Img_5700
オクラ、ひとつの実に、整然と82コの種が入っている。
5月の下旬の種蒔きまで冷蔵庫で保存します。
Img_5703

2008年2月 2日 (土)

2008年菜園OPEN!?

Img_5695
ぼく、じゃがいも!  妙高高原育ち!
品種はたぶん男爵。去年の秋に、この家に届いたんだ。
箱いっぱいの仲間はほとんど美味しく食べられてしまったが
ぼくを含めて三つだけ、すこし芽を出した状態で
大切に保存されている・・・。
たぶん始まるよ! プランター菜園!!
みんなも、ぼくのように芽の出たじゃがいもを
キッチンの隅っこで見つけたら
プランターに野菜用の培養土を半分いれて埋めてみてね。
Co2をたくさん酸素に替えてぐんぐん育つよ。
5月の下旬には白い可憐な花を咲かせ
そして、それが枯れると10倍ものじゃがいもをプレゼント!
しかも、フードマイレッジ はゼロで
地球環境にはすこぶる優しいのだ!
自分で出したCo2を 買収して相殺する
カーボンオフセットという考え方
仕事で車を多用する人や
世界を股にかけてジェットをつかう人は
どうでしょう・・・Co2、1トンにつき5000円換算で
家庭菜園に投資して温室効果ガスの削減に務めては
野菜の自給率を高めれば野菜が育つのにCo2を吸収するし
できた野菜の運送も必要ないのでフードマイレッジ、ゼロ 
しかも自分で作れば無農薬で安全安心だし
地球温暖化防止、一石四鳥、ぼく、じゃがいもの提案!

« 2007年10月 | トップページ | 2008年3月 »