フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

-天気予報コム-

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月25日 (日)

Bird Seed。

Img_3994
何十年ぶりかで
小鳥を飼うはめに・・・
鳥のエサです。
まるで、おとうさんのビールのつまみのようですなぁ。
あるいは、ごはんにいっしょに炊き込んで
いま流行の雑穀米としてもおいしそうです・・・
小鳥のごはんも栄養を考えて進歩しているのですね。
ベランダ菜園家としてはプランターに蒔いてみたい
衝動にかられます(笑)。

初氷。

Img_3944
記録的暖冬
春のような日が
続いておりましたが
この2、3日は、ちょっと寒いですね!
我が家のビオトープ風めだか水槽池
今朝、この冬、はじめて凍りましたよぉ。
めだか、くちぼそ、ぬまえび、
みんな水底でじっとして冬眠越冬中ですなぁ。
かめは、南窓のヒーター付き別荘で
降りそそぐ太陽光のした甲羅干しをしております(笑)。
Img_3949

春大根。

Img_3942
春大根で〜す!
2/11に藩種。
暖かい時期ですと
発芽するのに、通常4〜5日ですが
二週間かかりました。
この春大根は4月下旬の夏野菜
植え付けまでに収穫予定ですね。
野菜の種の発芽はいつみても
生命エネルギーを感じ感動的ですなぁ。

冬大根。

Img_3932
冬大根で〜す。
昨年の12/6に
種蒔きをして育てておりました。
Img_3938
真冬に育つのか
実験的試みでしたが
順調に成育。
地球温暖化、記録的暖冬の影響でしょうか・・?
Img_3936
株の根元には
透き通るような白い肌が
この大根は旨味が凝縮していて
とても美味しそう・・・(嬉)。

2007年2月18日 (日)

種じゃが 植え付け。

Img_3928
本日、お昼まで大雨。
午後から日差しが・・・
種じゃがの植え付け
子どもたちに手伝ってもらい
夕方までになんとか完了。
種いもトレードでシンシアを入手。
キタアカリ、キタムラサキ、インカのめざめ、
アンデスレッド、の5種、全29鉢、植え込み完了!
Img_3925
乾燥気味に育てるとの事で
水やりをあまり気にしないで
すみそうなので
ベランダの日差しの上に並べてみました。
壮観ですね。
Img_3923_1
今年最初の農作業
いや〜腰が痛くなりました。
子どもたちも芋を植えたり
種類別にタグをつけたり・・・
達成感からか最後に鳥よけの
旗を立ててくれました(笑)。
6月には約200コの色とりどりの馬鈴薯
収穫目論見ですなぁ。

ニンジン終了。

Img_3929
ニンジン、強制終了。
馬鈴薯を植えるため
一気に収穫して
鉢を空けます。

2007年2月14日 (水)

癒し系。。

1169537948
小桜インコを探し求めて
ペットショップ巡りをしていると
Mix犬チワプーなるものに出会った。
犬の目利きには少々自信がある小生は
たいていの子犬には心を動かされることはないのだが
この子は、いわゆるSeikoちゃんの"ビビッ"というやつを
感じてしまったのである・・・。
躯体バランス、尾の付き具合、短いマズル、
噛み合わせ、申し分ない。
それに、兄妹でいる。
(産まれてから二ヶ月、兄妹犬と過ごすと社会性が身に付く)
思わず「すいませんこの子商談中で・・・」とお願いし
急いで帰宅してMix犬について調べる。
すると、野菜の種苗の世界にあるF1なのである。
F1 いわゆる、一代交配というやつ、
高品質、多収量、病気に強いなど
いいとこどりだが次の種がとれない、
F2 第二世代で劣勢遺伝が出てしまうのである。
この子は、トイプードル×チワワのハーフで
もちろん血統証がない。
しかし、両方の純血種のいいとこどりは間違いない。
でもこの子に、将来子どもを産ませると劣勢遺伝の影響が
強い子を作出してしまうのである。
調べてみるとMix犬の人気が上がってきているようだが
お店は、もっと一代交配の"暗"の部分を説明するべきでは・・
悩んだが今回の"ビビッ"は残念ながらスルーと自分にいいきかせた。
愛犬Hannaも5頭の息子がいるが我が家で子犬が産まれることは
とても感動的である。 hannaもこの春11歳、いま弟子をつければ
我が家の"しきたり"をすべて教えてくれるかなぁ?という期待で
つぎの出会い"ビビッ"を待とう・・・。

癒し系。

Img_3912
我が家に新しい仲間が・・・
小桜インコの赤ちゃん
その名は "ハウル" だそーです。
わたし的には "ぴーちゃん" なのだが・・・
(私と家内は秘かにぴーちゃんと呼んでいる)
小学生の息子がお年玉で、そして絶対最後まで
自分で世話をするという約束のもと許可!
まぁ ゲームに費やして無表情で血走った眼で
何時間もカチャカチャやっているより良いかなぁ。
小動物を飼うと『お腹がすいてないかなぁ・・』とか
『寒くないかなぁ』とか思いやりの心が身に付きますなぁ。
そしてなにより我が家では"循環"が成り立ちます。
ぴーちゃんのエサは、おとうさんの作った
フレッシュ間引き菜。
ぴーちゃんの糞は鶏糞となりシマミミズくんが分解→肥料に。
これからはロハス的循環が大切です! 地球を救います。
しかし、一つだけ問題が・・・
我が家、先住の愛犬Hannaに大好物のチキンでないことを説得せねば…(苦笑)。
うちの子になって3日目 だいぶ馴れて来て
息子が宿題をこなしていると鉛筆をかじりにやってきます。
かわゆ〜い(笑)。

2007年2月11日 (日)

タネじゃがいも。

Img_3868
春じゃがの
種イモを購入。
いま、ホームセンターへ
行きますと春じゃが一色です。
ただ、男爵やメイクイーンといった
オーソドックス種しかないので・・・
ベランダ菜園家としては八百屋で売っていない
スペシャルなジャガイモを育ててみようと
ネット通販を利用し入手してみました。
キタアカリ : 形は男爵似、実色は黄色、甘みが強く、
きわめて粉質。
インカのめざめ : 卵形の小粒のイモ、収量が少ないためプロはあまり作らないらしい                  
 実色は橙色に近い濃黄色、相当旨いらしい・・。期待大。
アンデスレッド :  赤い馬鈴薯、実色は淡黄色、栽培簡単。
キタムラサキ  :   実、外皮ともに紫色のじゃがいも。
みんな1kgの販売なので、もう4キロもある・・・
ベランダ菜園家は各3個づつぐらいで良いのだが・・・
この冬は暖冬なのでちょっと早めに
来週、植え付けを試みる予定て゜す。
6月には色とりどりの新ジャガを収穫の予定です。
楽しみ・・・。


« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »